2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 退院 | トップページ | 『幸福な生活』 百田尚樹 »

2013年12月11日 (水)

『技術者たちの敗戦』 前間孝則

Photo

amazon紹介文より

零戦の設計主務者である掘越二郎、新幹線の生みの親・島武雄など、昭和を代表する技術者6人を紹介。戦争や敗戦の体験がその後の人生にどのような影響を及ぼしたのか。事実を丹念に追うばかりでなく、取材ノート的な要素も盛り込まれ、エリート技術者であった彼らの素顔や性格までも垣間見える。

最近の宮崎駿映画で脚光を浴びた堀越二郎の話がはじめに書かれているのでスッと話には行っていけた。

この本はどちらかというと理系の人が読むと面白いのかなと思う。文系の自分にとっては少しイメージしにくい部分もあったか?でも、理系音痴のボクでも技術開発者の飽くなき開発への取り組みは伝わる作品。

ボクもそうだが、最近の理系離れの社会現象について「若者が科学や技術に興味を抱いてその道に進むか否かにおいては、彼らから見て、実際に悪戦苦闘してきた技術者や研究者の生き様が魅力的に映るか否かがすべてである。」ボクも小さい頃にそういう魅力的な科学者や技術者に出会うことができたら人生が変わっていたかも知れない。

零戦の開発者の堀越二郎は語る。

「大きな仕事をなしとげるためには、愉悦よりも苦労と心配の方がはるかに強くて長いものであることを言いたい。そして、そのあいまに訪れる、つかの間の喜びこそ、何ものにもかえがたい生きがいを人に与えてくれるものである」

そして堀越の親友である木村秀政は「航空技術の進歩により(略)個人の意思や行動が歴史を創る時代は、第2次世界大戦前、すなわち1930年代をもって終わりを告げた」堀越が生きた、そして零戦を開発した時代が1930年代だった。


本日の早朝ジョグ15㎞。腰の状態はまだまだ・・・・。

« 退院 | トップページ | 『幸福な生活』 百田尚樹 »

読書」カテゴリの記事

コメント

12月8日でしたっけ?パールハーバーは・・・・
夏は終戦や、原爆などで戦争を振り返ることが多いですが、以外に12月も
このパールハーバーのため戦争を振り返ることも多いですね。
NHKでもこの間何やらやっていて録画だけしてあります(主人が)

息子さん退院おめでとうございます♫溶連菌にインフルエンザも始まり大変です。
私は膝に加え今年2回目の風邪をひき・・・・走れないならプールでもという
のも断念していrます・・・・膝は整形外科に受診し、レントゲンなど撮りましたが
やはりあきらかな所見はなく、痛み炎症止めのロキソニンと湿布の処方だけで
まぁなっとくの「the整形」って感じです。結局はわからないことが多いんですよね・・・
でも大きな異常がないことが分かり安心はしました。これで動き始めます。
痛み炎暑とめを適宜飲みながら、クーリング・あと、足に重りをつけて
膝の筋肉を強化していきます。
あとやはりスピード練習のあとからの故障です。私にはスピードがどうもダメなようです。
健康のためのランニングから病院に通うようなことがあるのは本末転倒で・・・・
結果ジョグも不可能になり、風邪まで引いて・・・・・私は長くゆっくり走る方向で
練習を重ねて行くことにします。おばあちゃんになっても走りたいんです。
息の長いランナーを目指していこうか。まぁ薬は飲みたくないのですが
歩くのも痛いので仕方ないですが・・・・飲んでも痛いんですけどね(^_^;)
23日の宝塚ハーフは無理かもしれません・・・・

マーチさん

そうです。12月8日は真珠湾攻撃の日です。でも、最近はそういう歴史の事実が若者の間で風化しつつつあることに危惧しています。そのことも踏まえて「永遠のゼロ』を多くの人に観てもらいたいですね。

おかげさまで何とか退院できましたが、まだ本調子からは程遠いようです。家ではゴロゴロしています。まぁ、4日も高熱が続いたからね~。

整形での結果はそういうものでしょうね。ボクも3年前だったかな?『鵞足炎』を患い、苦闘したことがあります。もしよろしければ、「ミヤーン」 「鵞足炎」で検索したら当時のことが載っていると思います。ボクの場合はMRIまで撮りました。あまりの高額請求に保険きいてんのか!と思ったぐらいです。1ヶ月以上まともに走れなかったです。

やっぱり、健康で走れることが第一ですから、それで日常生活に支障をきたしたりしたら本末転倒ですね。ボクも末永く走りたいタイプですので、無理はしないでおこうと思っています。しかし、ランナー魂が・・・・。この兼ね合いが難しいところです。宝塚は無理しないでくださいね。勇気ある決断も必要かと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/54224892

この記事へのトラックバック一覧です: 『技術者たちの敗戦』 前間孝則:

« 退院 | トップページ | 『幸福な生活』 百田尚樹 »