2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 『ゼツメツ少年』 重松清 | トップページ | 『祈りの幕が下りる時』 東野圭吾 »

2014年1月19日 (日)

第22回 高槻シティハーフマラソン

酷寒の中ハーフを走ってきました。

朝「小」を我慢できずに5時30分ごろ布団から出る。予定では6時30分までゆっくり寝るつもりだったのに我慢の限界だった。窓の外をみるとあたり一面銀世界coldsweats02。今日、次女は中学の陸上部の駅伝があり妻が川西能勢口まで送って行くはずなのだが・・・・。雪道なので急遽ボクが送ることになった。

朝からバタバタしたが、予定通りの電車に乗って高槻市駅へ。しかし、寒い、寒すぎる・・・・。

会場に到着すると人人人・・・・。ここでもマラソンブーム真っ盛り。

実はこの大会ボク自身初めてハーフを走ったレースなのだ。その1か月前に10㎞レースでデビュー。第2戦目が高槻ハーフだった。その時はまだこんなにたくさんの人はいなかった記憶があるが、なんせもう16年前の出来事。その時のタイムは2時間2分だった。途中で腸脛靭帯が痛くなり、雨も降っていて苦しいレースだったことを覚えている。あまり高槻にはいい思い出はなかった。その思いを払しょくしようと臨んだレースだったが、あいにくの寒さと人混みでテンションdown

アップもストレッチも満足にできず、トイレの混雑でスタート位置に着くのも出遅れる始末。唯一良かったのはゲストランナーのエリック・ワイナイナと握手できたことぐらいか?


そして、結果は・・・・・

05㎞=19'02(190)
10㎞=19'55(150)
15㎞=20'35(153)
20㎞=20'27(154)
ラスト=04'25(160)

1:24’27(平均心拍数161) トイレタイム1’22

散々な結果だった。はじめの1㎞は3'40で入ったもののそこからスピードに乗って行けず、次から次へと後続のランナーに抜かれる。自分でも全く走れる感覚がないweep。そして、最近ずっと違和感があった左臀部からハムにかけての違和感が襲ってきた。

おまけに6㎞付近から淀川河川敷の強風にあいメロメロになる。さらに8㎞で便意を催す。最後まで我慢できるかと思っていたが甘かった・・・・。途中簡易トイレがあるかと探していたらeye13㎞にあったwobbly。レース中にトイレに駆け込むなんて久々のことだ。すでに6㎞の段階でレースの体にはなっておらず、練習のつもりで走っていたのでトイレに入るのも躊躇しなかったが、トイレインの後も結局ペースは上がらなかった。

レース中全く汗をかくことなく、着替えをする必要もなしpaper。腹が減ったので昼食をとり、そそくさと会場を後にした。一体寒い中今日は何しに行ったんだろうか???と思いながら帰宅したら、案の定、妻にも同じようなことを言われてしまった。そういえば16年前の高槻も雨の中のレース。レース後、痛む脚を引きずり、凍えながら更衣をしていた記憶がよみがえってきた。どうも高槻は相性が良くないかもしれない・・・・。

« 『ゼツメツ少年』 重松清 | トップページ | 『祈りの幕が下りる時』 東野圭吾 »

マラソン結果」カテゴリの記事

コメント

おつかれさまでした
高槻との相性が悪いだけですよ♪今日は私は朝から仕事でしたが・・・
「マジですかsign02」ってくらい寒いし雪降ってるし(笑)
出勤で家の外に出てすぐ、「ミヤーンさん今日ハーフsign02」って一番に思いました(笑)

センター試験の時はダメですね・・・・

まぁでもワイナイナさんとの握手はいいですよ♪うらやましい♪

ところで昨日走っていたら、前をダイハツの選手が走っていて、ニット帽に
ネックウォーマーまでしてました。早い人達って普段のRUNの時ってすごく厚着ですよね?
私あんなことしてたら暑くて走れない(-_-;)
でもレースの時はランニングでしょ?私あんなの寒くて無理です(笑)
何故?速い人ほど普段は厚着なのでしょうか?ミヤーンさんも厚着?

高槻、お疲れ様でした!

日曜日は、余りの寒さに走りに出るのを躊躇なく止めてしまいました…。
元々寒いのが大嫌いなので…。

でも寒いからといって厚着で出るとすごく熱くなるし。

何れにせよ、極端に寒いのはダメです。

で、

散々でも1時間24分台…。

キロ4で5キロ走るのが精一杯なのでまったく想像もつかない世界です。

マーチさん

どうしてもこの時期は調子がよくないですね。1月はボクにとっては鬼門かもしれません。
でも、ここで腐らず、地道にやっていくことにします。そうすればまたいい時が来ると思います。

ボクが厚着かどうかわかりませんが、昨年までポイント練習の時はロングスパッツ・長袖Tにベスト(ウィンド)が寒い時の定番でした。でも年齢のせいか、今年はその恰好では身体が動かなくなったみたいで、上下ウィンドブレーカーで走ることもあります。
もちろん、ただのジョグはウィンドブレイカーの中にも着込んでいますが・・・・。早朝に走るんでね!
ただ、帽子とかニット帽はしたことがないですね。頭寒足熱といいかすから。

あおむしさん

お久しぶりです。元気に走られていますか?

高槻の日は本当に寒かったです。大会にエントリーした自分を恨みました。
そして、全く走れなかった自分も恨みました。

あおむしさんもこれからの練習次第でまだまだタイムは伸びますよ。㌔4を5㎞が10kmに伸びて行ったりしていくことは可能ですよ。要は練習ってことですか!?かくいうボクも最近サボり気味ですが・・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/54669822

この記事へのトラックバック一覧です: 第22回 高槻シティハーフマラソン:

« 『ゼツメツ少年』 重松清 | トップページ | 『祈りの幕が下りる時』 東野圭吾 »