2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月の記事

2014年1月30日 (木)

『鳥人計画』 東野圭吾

Photo_3

amazon紹介文より

「鳥人」として名を馳せ、日本ジャンプ界を担うエース・楡井が毒殺された。捜査が難航する中、警察に届いた一通の手紙。それは楡井のコーチ・峰岸が犯人であることを告げる「密告状」だった。警察に逮捕された峰岸は、留置場の中で推理する。「計画は完璧だった。警察は完全に欺いたつもりだったのに。俺を密告したのは誰なんだ?」警察の捜査と峰岸の推理が進むうちに、恐るべき「計画」の存在が浮かび上がる…。精緻極まる伏線、二転三転する物語。犯人が「密告者=探偵」を推理する、東野ミステリの傑作。

続きを読む "『鳥人計画』 東野圭吾" »

2014年1月29日 (水)

『夢はトリノをかけめぐる』 東野圭吾

Photo

amazon紹介文より

直木賞授賞パーティの翌日、受賞作家は成田にいた。隣には何故か、人間に化けた作家の愛猫・夢吉が…。彼らが向かったのはイタリア・トリノ。まさに冬季オリンピックが開かれているその地だ。指さし会話で国際交流をしながら、驚きと感動に満ちた観戦旅行が始まった!冬季スポーツとオリンピックをこよなく愛する著者が描く、全く新しいオリンピック観戦記。

続きを読む "『夢はトリノをかけめぐる』 東野圭吾" »

2014年1月26日 (日)

『政と源』 三浦しをん

Photo_2

amazon紹介文より

簪(かんざし)職人の源二郎と元銀行員の国政は、ふたり合わせて146歳の幼なじみ。弟子の徹平と賑やかな生活をおくる源二郎と、男やもめの国政を中心にまき起こる、人情味豊かで心温まる事件の数々。

下町を舞台に繰り広げられる人情物語。三浦しをん、新境地!

続きを読む "『政と源』 三浦しをん" »

2014年1月25日 (土)

『永遠の0』

先日昼から代休を取ることができたので、ずっと楽しみにしていた『永遠の0』を伊丹のダイヤモンド・シティに観に行ってきた。

長女(中3)も中学校の代休だったので、本人も観たいと言っていたので一緒に連れて行く。ちなみに次女(中1)も誘ったが、イマイチの返事。挙句「友達と春休みにドラえもんを観に行くから・・・・」と言うので、ボクも「もういい!」と連れて行かなかった。精神年齢を疑ったが、ボクは無理やり連れて行く気はないのだ。

さて、映画はどうだったかと言うと・・・・

続きを読む "『永遠の0』" »

2014年1月23日 (木)

『祈りの幕が下りる時』 東野圭吾

Photo_5
amazon 紹介文より

悲劇なんかじゃない これがわたしの人生。

極限まで追いつめられた時、人は何を思うのか。夢見た舞台を実現させた女性演出家。彼女を訪ねた幼なじみが、数日後、遺体となって発見された。数々の人生が絡み合う謎に、捜査は混迷を極めるが――

続きを読む "『祈りの幕が下りる時』 東野圭吾" »

2014年1月19日 (日)

第22回 高槻シティハーフマラソン

酷寒の中ハーフを走ってきました。

朝「小」を我慢できずに5時30分ごろ布団から出る。予定では6時30分までゆっくり寝るつもりだったのに我慢の限界だった。窓の外をみるとあたり一面銀世界coldsweats02。今日、次女は中学の陸上部の駅伝があり妻が川西能勢口まで送って行くはずなのだが・・・・。雪道なので急遽ボクが送ることになった。

朝からバタバタしたが、予定通りの電車に乗って高槻市駅へ。しかし、寒い、寒すぎる・・・・。

会場に到着すると人人人・・・・。ここでもマラソンブーム真っ盛り。

実はこの大会ボク自身初めてハーフを走ったレースなのだ。その1か月前に10㎞レースでデビュー。第2戦目が高槻ハーフだった。その時はまだこんなにたくさんの人はいなかった記憶があるが、なんせもう16年前の出来事。その時のタイムは2時間2分だった。途中で腸脛靭帯が痛くなり、雨も降っていて苦しいレースだったことを覚えている。あまり高槻にはいい思い出はなかった。その思いを払しょくしようと臨んだレースだったが、あいにくの寒さと人混みでテンションdown

アップもストレッチも満足にできず、トイレの混雑でスタート位置に着くのも出遅れる始末。唯一良かったのはゲストランナーのエリック・ワイナイナと握手できたことぐらいか?


そして、結果は・・・・・

続きを読む "第22回 高槻シティハーフマラソン" »

2014年1月15日 (水)

『ゼツメツ少年』 重松清

613ejict8zl_sl500_aa300_1

amazon紹介文より

これは、あなたが読んだことのない重松清――本当の救済がここにあります。小説家であるセンセイに、ある少年から旅の詳細を記した手紙が届く。それは、生き抜くために家出をした三人の少年少女の記録だった。しかし現実の彼らはある事故に遭っていた――。ナイフさん、エミちゃん。手紙にはセンセイの創作した人物まで登場する。これは物語なのか、現実なのか。全ての親へ捧げる、再生と救済の感動巨編。

続きを読む "『ゼツメツ少年』 重松清" »

2014年1月13日 (月)

『疾風ロンド』 東野圭吾

Photo_4

amazon 紹介文より

「いきなり文庫」の大ヒットミステリー『白銀ジャック』から3年。
今度の東野圭吾最新作は、まさかの「文庫書き下ろし」!!

東野圭吾が贈る、この冬最大の興奮! ラスト1頁まで気が抜けない長編ミステリー!

拡散すれば人々を大量死に陥れる威力をもつ生物兵器K-55が盗まれた!
引き換えに3億円を要求する犯人からの手がかりは、スキー場らしき場所で撮られたテディベアの写真のみ。しかも犯人との交渉が突如不可能に!
圧倒的なスピード感で二転三転する事件のゆくえ、読者の予想を覆す衝撃の結末に酔いしれろ!

続きを読む "『疾風ロンド』 東野圭吾" »

2014年1月12日 (日)

『弱くても勝てます 開成高校野球部のセオリー』 高橋秀実

51wkwbxk0bl_sl500_aa300_1

amazon紹介文より

フツーにやってたら勝てるわけがない。「弱者」はギャンブルを仕掛けるしかないんだ! 練習時間、グラウンド、施設――すべてが不十分! それでも東大合格者数1位の超進学校は、7年前に東東京大会ベスト16、今年もベスト32に勝ち進んだ。守備より打撃、サインプレーなし、送りバントもしない。どさくさで大量点を取って打ち勝つべし! ――秀才たちが辿りついた結論は、高校野球の常識を覆す大胆なセオリーだった。

続きを読む "『弱くても勝てます 開成高校野球部のセオリー』 高橋秀実" »

2014年1月 9日 (木)

『たぶん最後のご挨拶』 東野圭吾

Photo
amazon 紹介文より

打たれ弱かったら作家になんかなってない。下手なエッセイ書く暇あるなら、
もっと小説書かんかい!文学賞落選記録15回!―「押し続けていれば壁はいつか動く」と信じ続けた20年の日々。

続きを読む "『たぶん最後のご挨拶』 東野圭吾" »

2014年1月 6日 (月)

『眠りの森』 東野圭吾

Photo_3

amazon 紹介文より

美貌のバレリーナが男を殺したのは、ほんとうに正当防衛だったのか?完璧な踊りを求めて一途にけいこに励む高柳バレエ団のプリマたち。美女たちの世界に迷い込んだ男は死体になっていた。若き敏腕刑事・加賀恭一郎は浅岡未緒に魅かれ、事件の真相に肉迫する。華やかな舞台の裏の哀しいダンサーの悲恋物語。

続きを読む "『眠りの森』 東野圭吾" »

2014年1月 5日 (日)

『グレゴリ青山のもっさい中学生』 グレゴリ青山

Photo_2
amazon 紹介文より

奇才・グレゴリ青山が描く、愛すべき“もっさい”中学生たち!80年代の京都を舞台に、グレちゃんたち中学生のもっさい姿を描いた、爆笑必至のコミック。

吉本のお笑い芸人になるのが夢のコマっちゃん、今はツッパリだけど昔はおとなしかった若林千恵、存在感のうすい山岡さん、そしてグレちゃんの親友・ミヨちゃんにちよみちゃん…。京都木曜中学(通称・もっ中)2年2組のクラスメイトたちは、今日もくだらないことで悩んだり笑ったり泣いたりしています。

80年代の京都を舞台に、中学生のもっさい姿を描いた爆笑必至のコミック。
もう子どもではないけれど、かといって大人でもない微妙な「中2」という時期。
誰もが経験する、ちょっぴり甘酸っぱくて大切な時代、そして今はもう戻れないあの時代がよみがえります!

そして、80年代当時を知る人にはたまらない、「ブリッ子」「ツッパリ」「Gメン'75」「オリーブの首飾り」などなど、なつかしアイテムの数々が、あなたを80年代の世界に誘います。

続きを読む "『グレゴリ青山のもっさい中学生』 グレゴリ青山" »

2014年1月 4日 (土)

『ねうちもん京都』 グレゴリ青山

Photo

amazon 紹介文より

国内の観光地として絶大な人気を誇る京都。けれども実際に訪れると「どこに行っても観光客だらけ」「何を食べても高い!味しない!」「敷居も高い」ということがよくある。本書では、そんなガッカリを180度くつがえします! 京都生まれ京都育ちの漫画家・グレゴリ青山が「払った金額以上に満足できる」もののみに厳選して、真に値打ちある観光スポット、飲食店、お土産を紹介します。

続きを読む "『ねうちもん京都』 グレゴリ青山" »

2014年1月 3日 (金)

『物乞う仏陀』 石井光太

Photo
amazon 紹介文より

アジアの路上で物乞う人々と触れ合い、語り合ってみたい―。そんな思いを胸に、著者の物乞いや障害者を訪ねる旅が始まる。カンボジアの地雷障害者やタイの盲目の歌手、ネパールの麻薬売人らと共に暮らし、インドでは幼児を誘拐して物乞いをさせるマフィア組織に潜入する。アジアの最深部に分け入った衝撃のノンフィクション。

続きを読む "『物乞う仏陀』 石井光太" »

2014年1月 2日 (木)

謹賀新年

今年も家内安全・夫婦円満に1年間過ごせたらと思います。このブログをご覧になっている皆様、今年もよろしくお願いいたします。

長女の受験の年でもありりますし、もしかして、今年はボク自身にとって仕事上大きな転機になる年になるかもしれません。いずれにせよ、自分の目の前のやるべきことをコツコツと積み上げていくだけです。

今年は福岡国際マラソン出場がカド番なので2:40切りの勝負の年でもあります。やるべきことはわかっているつもりなので、これまたそのことをコツコツ積み上げていくだけです。

所詮、仕事もランもつきつめると同じことか!?

Bu
本日の早朝ジョグ20㎞。

箱根駅伝、東洋大の往路リードで面白い展開になってきた。駒大の追撃なるか?箱根を走る学生の姿に元気をもらった1月2日だった。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »