2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 『祈りの幕が下りる時』 東野圭吾 | トップページ | 『政と源』 三浦しをん »

2014年1月25日 (土)

『永遠の0』

先日昼から代休を取ることができたので、ずっと楽しみにしていた『永遠の0』を伊丹のダイヤモンド・シティに観に行ってきた。

長女(中3)も中学校の代休だったので、本人も観たいと言っていたので一緒に連れて行く。ちなみに次女(中1)も誘ったが、イマイチの返事。挙句「友達と春休みにドラえもんを観に行くから・・・・」と言うので、ボクも「もういい!」と連れて行かなかった。精神年齢を疑ったが、ボクは無理やり連れて行く気はないのだ。

さて、映画はどうだったかと言うと・・・・

宮部久蔵役の岡田准一くんがピカ一だった。なかなかシブイ役を上手にこなしていたのは今後の岡田君の活躍が期待されると思う。

かつて『硫黄島からの手紙』に出ていた二宮君もいい役をしていたが、それ以上の演技か?

当然のことながら、多くの場面で涙腺が刺激されたので、隣に長女が座っていたので、身体を横向けて映画を観る羽目に・・・・。どの場面かは観る人のお楽しみということでpaper

そして、最後のエンディング曲であるサザンの『蛍』もこの映画に良く合っている。


原作を読んだのはもう1年近く前だったので内容を克明に覚えていないところがあるが、原作の内容から少し変更されたというか省かれたところがあった。その部分は個人的にこの小説のポイントだと思っていた場面なのでそこは残念だった。

この映画はぜひとも劇場で観ることをおススメします。1年もすればDVDになるだろうが、映画の冒頭に出てくる空母“赤城”の臨場感はやはり劇場でないと味わうことができないだろうthink


本日の早朝ジョグ20km。

左ハムの具合は少しましか?ここで無理をしたらもとに戻ってしまうんだろうが・・・・?

« 『祈りの幕が下りる時』 東野圭吾 | トップページ | 『政と源』 三浦しをん »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この映画も観に行きたいと思いながら行けないまま、昨日は「りんごのうかの少女」を観に行きました・・・

若大将さん

「りんごのうかの少女」って・・・?ノー・マークでした。Kさんですね!

りんごのうかの少女、関西地区は先週金曜で終わってしまいました。
http://s.ameblo.jp/ringomusume-rm/entry-11752709576.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/54718858

この記事へのトラックバック一覧です: 『永遠の0』:

« 『祈りの幕が下りる時』 東野圭吾 | トップページ | 『政と源』 三浦しをん »