2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« 『夢はトリノをかけめぐる』 東野圭吾 | トップページ | 『エンジェル フライト』 佐々涼子 »

2014年1月30日 (木)

『鳥人計画』 東野圭吾

Photo_3

amazon紹介文より

「鳥人」として名を馳せ、日本ジャンプ界を担うエース・楡井が毒殺された。捜査が難航する中、警察に届いた一通の手紙。それは楡井のコーチ・峰岸が犯人であることを告げる「密告状」だった。警察に逮捕された峰岸は、留置場の中で推理する。「計画は完璧だった。警察は完全に欺いたつもりだったのに。俺を密告したのは誰なんだ?」警察の捜査と峰岸の推理が進むうちに、恐るべき「計画」の存在が浮かび上がる…。精緻極まる伏線、二転三転する物語。犯人が「密告者=探偵」を推理する、東野ミステリの傑作。

東野作品としては初期のものだが、後年のヒット作をとばす布石が感じられる作品だった。

お得意のウィンタースポーツを題材としている。スキージャンプが舞台だが、いかに勝つか(遠くまで飛ぶか)を科学的に追求する人たちが登場。科学とスポーツはよくあるテーマだが、その話の中で様々な科学的な競技への取り組みやドーピングやなども取り上げられている。

結局、勝つためには科学のデータをもとにサイボーグの様な人間を作り上げることになるのだが、果たしてスポーツはそれで面白いのか?やはりスポーツは人間がするもの。人間臭さがあってこそドラマがあるのであるのではないか?と、いうオチが最後に有る。

しかも犯人が話の展開で犯人を推理していくという奇妙な展開も面白い。


本日の早朝ジョグ15㎞。

走り始めると小雨がポツポツ。生暖かい朝。しばらくすると雨は止んだが、今日は一日雨が降るようだ。

そう言えば、昨日は月の横に金星がキラリと輝いていたのを思い出した。これが俗に夕明けの明星だなぁ、と一人で納得した。

« 『夢はトリノをかけめぐる』 東野圭吾 | トップページ | 『エンジェル フライト』 佐々涼子 »

読書」カテゴリの記事

コメント

東野圭吾 祭りですね♪

今日は早朝から夫婦で木津川ハーフに行ってきました♪
スタート時雨でしたがすぐにやみ、あとは暖かいマラソンでした♪
フルの人たちは暑いくらいですね・・・ハーフで暑かったけど(-_-;)

タイムは武庫川ハーフが1時間57分32秒。木津川ハーフは1時間56分16秒。
まぁまぁ自己ベスト更新でよい感じです♪
もう少し縮めたかったんですが・・・・なんせ道は狭いわ追い抜けないわで
でなかなか難しかったです。体的にはまだ行けそうな気はしました。55分台には
できたと思います。次はいよいよ来月篠山です(-_-;)
大阪マラソン以来フルを走っていないので大丈夫か?とやや不安ですが
なんとかあと一か月頑張ります。次の日曜日は職場の女医さんと30K走予定です。
膝は大丈夫でした♪普段のジョグのほうが痛いくらいです。普段は箕面の滝に行くので
UPdownのせいで痛むのかなぁ??

マーチさん

木津川お疲れ様でした。
天気が心配されましたが、雨が上がって良かったですね。
そしてベスト更新おめでとうございます。体感的にまだまだ行けるようですのでこれから楽しみですね。
膝ねぇ~。一体何なんでしょうね?

あとは篠山にむけて順調に調整してくださいね!今シーズン1回フルを走っているし自信をもって走ってくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/54695745

この記事へのトラックバック一覧です: 『鳥人計画』 東野圭吾:

« 『夢はトリノをかけめぐる』 東野圭吾 | トップページ | 『エンジェル フライト』 佐々涼子 »