2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月の記事

2014年3月27日 (木)

異動

春は別れの季節と言うけれど、いよいよボクにもやってきた。 先日、内示が出て、昨日新しい次の勤務場所へ行ってきた。

行っていきなり、自分の希望している仕事とは違う仕事を言い渡されショックを受けて帰ってきた。 まぁ、どんな仕事も自分がその仕事に合わせていかなければいけないのだが、いきなりは辛い。

そして、今日職場の荷物を片付けて転勤モードに入っていたら、10月ごろの仕事のことで、トラブルが発生。計算が合わず、ずっとエクセルと計算機とにらめっこ。 無事に転勤できるのかしら・・・・?


本日の早朝ジョグ14㎞。

だんだん暖かくなってきたが、仕事のことであれこれ考えて気分は憂鬱。

2014年3月26日 (水)

『時生(トキオ)』 東野圭吾

510p2as5y8l_aa160_1

amazon紹介文より

不治の病を患う息子に最期のときが訪れつつあるとき、宮本拓実は妻に、二十年以上前に出会った少年との想い出を語りはじめる。どうしようもない若者だった拓実は、「トキオ」と名乗る少年と共に、謎を残して消えた恋人・千鶴の行方を追った―。過去、現在、未来が交錯するベストセラー作家の集大成作品。

続きを読む "『時生(トキオ)』 東野圭吾" »

2014年3月24日 (月)

iPhone

娘の高校入試が終わり、合格したので、以前から約束していたスマホを購入することになった。

A社の携帯を購入するのが一番お得だといいうことで妻が朝に「あんたの携帯置いといて。携帯の購入に必要かもしれないから」と言われたので、携帯を妻に預けて職場に行った。

そして、帰宅すると

続きを読む "iPhone" »

2014年3月23日 (日)

『軍師の境遇』 松本清張

61nq2hrenll_sl500_aa300_1

amazon紹介文より

秀吉の中国攻め以来、参謀として縦横の機略を振るい、その天下取りに絶大の功をたてたが…。余りに卓越した才知ゆえに不運の境遇を味わう軍師黒田官兵衛孝高の、皮肉な運命を描く。

続きを読む "『軍師の境遇』 松本清張" »

2014年3月22日 (土)

インスタントラーメン発明記念館

地元の池田はインスタントラーメン発祥の地として有名である。そして発明者である「安藤百福」に関する記念館へ、昨日、子どもたちを連れていった。

P1060112n

ここでも次女は部活があるのでハミってしまったのだが、意図的ではない。たまたまこの日に妻の友人が「チキンラーメンファクトリー」を予約していたのだが、所用の為その予約の番号をまわしてもらったのだ。

以前から気になっていたスポットだが、うだうだしているうちに時間が過ぎてしまっていた。特に長男はラーメン好き。次男もメン好きなのでもってこいの機会だった。

まずは小麦粉をこねる。結構力を入れてこねなくてはいけない。

P1060118

次に棒で伸ばす。P1060122

P1060124

次男は相変わらず全力で楽しんでいる!

こね終わると、麺の生地を機械で伸ばしていく。

P1060129

流石に何回もハンドルをまわしていると次男も疲れてきたようだった。

P1060126

長男は余裕か?

麺をしばらく熟成させなければならないので、その間にパッケージにオリジナルのデザインを描く。

P1060139n

その後、麺の形にしたものを油で揚げる。

P1060138

P1060142

そうすると、いつもの「チキンラーメン」の出来上がり!

P1060149

これを先ほどデザインしたパッケージに入れて封をしてもらい完成。

P1060160

しかし、3連休ということもありスゴイ混雑だった。

P1060157

P1060158

あの懐かしい自動販売機も・・・・。

P1060155

 

昨日のラン:アップ5㎞、ダウン4㎞、LT走8㎞=29’21(平均心拍数161)

夏前まで連年通りスピード練習を重視したタームに入る。

しかし、寒くて風が強く身体が動かなかった・・・・。まぁ、これから徐々にスピード感覚を上げていくつもり。

2014年3月21日 (金)

『いつやるか?今でしょ!』 林修

41j8jtkj3hl_bo2204203200_pisitbstic

amazon紹介文より

本書のタイトルでもある名文句が東進ハイスクールのCMで一躍有名になった、いま一番旬なカリスマ予備校講師・林修先生の初の著書。参考書ではなく、受験にも仕事にも使える人生のアドバイスがつまった自己啓発本です。2013年には、トヨタのCMに起用されたことからブレークに拍車がかかり、「今でしょ! 」は流行語大賞の呼び声も。遅咲きの東大卒カリスマ予備校講師が、自らの豊富な体験を凝縮させて書きあげた「学び」の詰まった人生の指南書です。

続きを読む "『いつやるか?今でしょ!』 林修" »

2014年3月19日 (水)

合格発表日

3月19日は長女の公立高校入試の発表だった。

一応、本人なりに受験勉強を頑張ってきたようだった。いわゆる進学塾にも行かず(一応「公文」だけは幼稚園からずっとやっているが)独学で受験勉強に取り組んでいた。

結果は、「天命を待つ」のみであった。もし結果が悪くてもこれで人生が決まってしまうわけでもないし・・・・。と腹をくくった。が、あれだけ頑張ってきたから、できれば第一希望に受かってほしい、と言う親心もあった。


10時から発表がはじまるのが、たくさんの受験生が集まっている。長女は中学の先生の左横でスタンバイ。

P1060110


10時から合格者の受験番号が掲示が始まった。

Photo

さて、結果は如何に???

続きを読む "合格発表日" »

2014年3月16日 (日)

第16回 池田猪名川マラソン

我が家の年中行事の一つに家族全員で行ってきた。もっとも次女は部活での参加のため終日別行動であった。

まずは10:40から5㎞の部がスタート。

P1060251_2

最初の1㎞までは先頭集団についていくが、2㎞手前で徐々に集団から離れる。あとで考えると、ここで粘っておけばと思うが、ついていけないのが今の実力だろう。

折り返して、年代別4位と確認。少し前に同じカテゴリーのランナーがいるのでその人を目指して粘る。ラスト1㎞付近で追い付くことができた。そのままあっさりと抜き去ることができ、最後は3位を死守すべく、そして後ろからくる次女と同じ中学の男子に抜かれないように必死に走る。

P1060257_2

必死の形相が写真からもわかる・・・・。

5㎞=17’46(平均心拍数170)40歳代別3位。昨年より9秒落ちは頂けないが・・・・。

レース終了後は次男と一緒に表彰式に参加。今年もチキンラーメンと副賞を頂いた。

P1060262_2


11:45からは長男と次男の2㎞。次男とは親子ペアで走る。

どうなるかと心配していいた次男は一生懸命に、そして、楽しそうに走ってくれた。ボクも励ましの言葉をかけ並走。無事一緒にゴールすることができた。

P1060270_2

2㎞=11’09(親子ペアの部57位)

さて、ゴールすると先に走り終わっていた長男が「4位やった!」と駆け寄ってきた。ボクは「凄いやんか!よう頑張ったなぁ~」とほめてやった。

正直、今回の大会に向けて長男は全く練習はなし。サッカーで走るだけ。たぶんダメだろうと思っていたのだが、想定外の結果だった。

P1060267_2

確かに必死に走っている様子がうかがえる。
2㎞=8’18(小学5年男子の部4位)

P1060089

2年ぶりの表彰式。昨年はパッとしなかったが、今年はリベンジか?

P1060091_2

本日、我が家の男性陣は充実した一日だった。


そして、次女だが5㎞=21’58(中学生女子15位)

P1060085_2

もう一つパッとしない結果だった。生活の基本習慣がダメで、身辺管理もしっかりできないようじゃ陸上も勉強も伸びるわけがない!

あと一皮、いや二皮ぐらいむけてくれないとこのまま鳴かず飛ばずで終わってしまうぞ。

2014年3月15日 (土)

『64 ロクヨン』 横山秀夫

51z2uzpx7sl_bo2204203200_pisitbstic

amazon紹介文より

昭和64年に起きたD県警史上最悪の誘拐殺害事件を巡り、刑事部と警務部が全面戦争に突入。広報・三上は己の真を問われる。究極の警察小説。            

警察職員二十六万人、それぞれに持ち場があります。刑事など一握り。大半は光の当たらない縁の下の仕事です。神の手は持っていない。それでも誇りは持っている。一人ひとりが日々矜持をもって職務を果たさねば、こんなにも巨大な組織が回っていくはずがない。D県警は最大の危機に瀕する。警察小説の真髄が、人生の本質が、ここにある。

続きを読む "『64 ロクヨン』 横山秀夫" »

2014年3月13日 (木)

御座候

昨日,妻が大阪に行っていたが、お土産に『御座候』を阪神百貨店で買ってきてくれた。

P1060073

かつて、職場の“あんこ”好きの人が出張のお土産に買ってきてくれたことがあるので、すでにうまさは承知している。昨日は赤あんを食して、今日は白あんを頂いた。

P1060074

ボク的には王道の赤あんが好きなのだが、次男は如何に?

P1060075

次男も口に入れて、オヤ?という反応。

P1060076

「あんこが白い・・・・」

少し、ご不満のようだった。


本日の早朝ジョグ15㎞。雨の為某所でゆっくりとジョグ。

2014年3月12日 (水)

『使命と魂のリミット』 東野圭吾

Photo_3

amazon紹介文より

「医療ミスを公表しなければ病院を破壊する」突然の脅迫状に揺れる帝都大学病院。「隠された医療ミスなどない」と断言する心臓血管外科の権威・西園教授。しかし、研修医・氷室夕紀は、その言葉を鵜呑みにできなかった。西園が執刀した手術で帰らぬ人となった彼女の父は、意図的に死に至らしめられたのではという疑念を抱いていたからだ…。あの日、手術室で何があったのか?今日、何が起こるのか?大病院を前代未聞の危機が襲う。

続きを読む "『使命と魂のリミット』 東野圭吾" »

2014年3月11日 (火)

祝!卒業

今日は長女の中学の卒業式が行われた。もしかして長女の卒業式の参加は最後になるかもしれない。

Img_4789

部活中心の生活だったが、随分とこの3年間で成長したと思う。頑張った姿を思い出すと涙腺が緩くなってしまった。

教室での担任さんとのお別れ・・・・。中2、中3と連続でお世話になったアツい先生。

P1060072

とりあえず、9年間の義務教育は終了。親の義務は終わったのかなぁ~。


しかし、明日から兵庫県では公立高校の入試が行われる。卒業式が終わってもまだ息つく暇もない。喜びに浸ってるのは一瞬で、長女は夕方から受験勉強のラストスパート。ラスト、ファイト!


本日の早朝ジョグ16㎞。

夜中に目が覚めて、しばらく本を読んで再び寝入ったら寝過ごしてしまった・・・・。

2014年3月 9日 (日)

『蒼穹の昴』 浅田次郎

Photo_2

amazon紹介文より

汝は必ずや、あまねく天下の財宝を手中に収むるであろう―中国清朝末期、貧しき糞拾いの少年・春児は、占い師の予言を通じ、科挙の試験を受ける幼なじみの兄貴分・文秀に従って都へ上った。都で袂を分かち、それぞれの志を胸に歩み始めた二人を待ち受ける宿命の覇道。万人の魂をうつべストセラー大作。

続きを読む "『蒼穹の昴』 浅田次郎" »

2014年3月 6日 (木)

『さいえんす?』 東野圭吾

Photo

amazon紹介文より

人気作家の最新エッセイ集、文庫オリジナルで登場!
「科学技術はミステリを変えたか?」「男と女の"パーソナルゾーン"の違い」「数学を勉強する理由」……元エンジニアの理系作家が語る、科学に関するあれやこれや。

続きを読む "『さいえんす?』 東野圭吾" »

2014年3月 5日 (水)

『むかし僕が死んだ家』 東野圭吾

51kjj2zkr5l_sl500_aa300_1

amazon紹介文より

「あたしには幼い頃の思い出が全然ないの」。7年前に別れた恋人・沙也加の記憶を取り戻すため、私は彼女と「幻の家」を訪れた。それは、めったに人が来ることのない山の中にひっそりと立つ異国調の白い小さな家だった。そこで二人を待ちうける恐るべき真実とは…。

続きを読む "『むかし僕が死んだ家』 東野圭吾" »

2014年3月 4日 (火)

11回目の篠山を終えて・・・

先日の篠山マラソンは記録をさかのぼっていくとなんと11回目の篠山だった。


平成11年 3月5日 第20回  ABC篠山マラソン  4:33'34
平成15年 3月2日 第23回  ABC篠山マラソン  3:29'26
平成16年 3月7日 第24回  ABC篠山マラソン  3:14'26
平成17年 3月6日 第25回  ABC篠山マラソン  3:05'06
平成18年 3月5日 第26回  ABC篠山マラソン  2:54'22
平成19年 3月4日 第27回  ABC篠山マラソン  2:49'34
平成20年 3月2日 第28回  ABC篠山マラソン  2:50'57
平成23年 3月6日 第31回  ABC篠山マラソン  2:48'20
平成24年 3月4日 第32回  ABC篠山マラソン  2:46'48
平成25年 3月3日 第33回  ABC篠山マラソン  2:42'36
平成26年 3月2日 第34回  ABC篠山マラソン  2:52'41


初フルが平成11年。あの時は最後尾からスタートして、30㎞から脚が動かず走れなくなって、半泣きの状態でゴールまで歩いた。そこから、もうフルマラソンなんて走るか!!と思って、走ることから遠ざかっていた。篠山マラソンは平成15年から復帰。それ以降は一時期(今は京都亡き京都ハーフに浮気など)を除き毎年恒例の行事になっている。

しかし、最近はマラソンブームのあおりでエントリーがままならない。今回の篠山のエントリーも受付開始日の午前中には定員がいっぱいになったようだ。

知り合いの篠山市の関係者によると来年のエントリーは抽選になるようだ。かつて毎年普通にエントリーしていた身近な大会が遠い存在になっていくのは時代の趨勢とはいえ残念なことだ。


先日の篠山18㎞(?)付近。(上記の関係者さん撮影)。やっぱりフォームがダメだ・・・・。力みすぎ!

Dsc_11021

本日のラン:夕方、妻が帰宅してからリハビリジョグ12.5㎞。

相変わらず左ハムから臀部がまだ突っ張る感じだが、30分ほど走るとほぐれてきた。程々で切り上げる。気温も温かで結構な発汗だった。

2014年3月 3日 (月)

『小さいおうち』 中島京子

51wh7ntzcol_bo2204203200_pisitbstic

amazon紹介文より

昭和初期、女中奉公にでた少女タキは赤い屋根のモダンな家と若く美しい奥様を心から慕う。だが平穏な日々にやがて密かに“恋愛事件”の気配が漂いだす一方、戦争の影もまた刻々と迫りきて―。晩年のタキが記憶を綴ったノートが意外な形で現代へと継がれてゆく最終章が深い余韻を残す傑作。著者と船曳由美の対談を巻末収録。

続きを読む "『小さいおうち』 中島京子" »

2014年3月 2日 (日)

第34回 篠山ABCマラソン

毎年恒例の早春の篠山路。昨年は忘れ物をして取りに帰ったロスタイムもあり毎年停めていた河原の駐車場に停めれなかったので、今年は余裕をもって出発。結構早くに到着。よく考えたら、この大会自宅からすごく近場の大会。車で50分で行ける!早くつきすぎて、受付もまだ始まっておらず・・・。コースも準備中。

Ts3

さて、結果は

05㎞=18'48
10㎞=18'42
15㎞=19'39
20㎞=20'21
25㎞=20'23
30㎞=21'28
35㎞=21'13
40㎞=22'05
ラスト=09'55   

2:52’41

惨敗・・・・。レースになったのは15㎞までだった。まぁ、これが今の実力ってことだ!福岡前からずっと気にしていた左ハムが10㎞から疼きだした。それをかばって走った為か右ひざから腸脛にかけて痛みがでてきた。今シーズンの丹後60㎞や淀川フル、福岡と同じお決まりのパターン。頭の中では完走も危ういか??と思ったがどんなことがあっても制限時間までレースをするつもりで走った。

幸い、膝は後半気にならなくなったが、身体が冷えてきて肩が痛くなってくるし、脚は動かないし・・・・。後半はただ脚を動かすのみ。時計も見ずに前だけを見て走った。

ボロボロになってゴール。でもコースに一礼、スタッフの方に一礼は忘れずに!完走メダルをもらってチップを外してもらっていたら目の前に大将がいる。「どないしたん!」と聞くと「15kmで関門に引っかかったわ!」とのこと。とりあえず一緒に猪汁を頂きました。

沿道で応援してくださった方、走りながら声をかけていただいた方、ありがとうございました。折れそうな気持がなんとか持ちこたえて完走できました。


今年の篠山に向けて昨年に比べて順調に練習を福岡の後に積むことができたと思ったのにこの結果。昨年は福岡で転倒の後、約1ヶ月まともな練習ができなかったのに今年よりだいぶん速かった。マラソンは何回やっても難しいものだなぁ。「なぜ」か、をよくよく考えて次のシーズンにつなげていくつもり!転んでもたたでは起きないよ!


猪汁を頂いて、近所のランナーOさんと談笑を10分ほどして更衣場へ。携帯をみると「次男がインフルエンザ」とのメール。昨日昼から次男が熱を出していたのだ。妻と長女が午前中に伊丹の休日診療所に連れて行ってくれたようだ。妻は夕方に仕事があるので飯も食べずに速攻帰宅。談笑するんじゃなかった・・・・。でも15:30自宅到着。明日は仕事休まなあかんなぁ~。

2014年3月 1日 (土)

『嘘をもうひとつだけ』 東野圭吾

41t3fcgtjtl_sl500_aa300_1

amazon紹介文より

バレエ団の事務員が自宅マンションのバルコニーから転落、死亡した。事件は自殺で処理の方向に向かっている。だが、同じマンションに住む元プリマ・バレリーナのもとに一人の刑事がやってきた。彼女には殺人動機はなく、疑わしい点はなにもないはずだ。ところが…。人間の悲哀を描く新しい形のミステリー。

続きを読む "『嘘をもうひとつだけ』 東野圭吾" »

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »