2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« 御座候 | トップページ | 第16回 池田猪名川マラソン »

2014年3月15日 (土)

『64 ロクヨン』 横山秀夫

51z2uzpx7sl_bo2204203200_pisitbstic

amazon紹介文より

昭和64年に起きたD県警史上最悪の誘拐殺害事件を巡り、刑事部と警務部が全面戦争に突入。広報・三上は己の真を問われる。究極の警察小説。            

警察職員二十六万人、それぞれに持ち場があります。刑事など一握り。大半は光の当たらない縁の下の仕事です。神の手は持っていない。それでも誇りは持っている。一人ひとりが日々矜持をもって職務を果たさねば、こんなにも巨大な組織が回っていくはずがない。D県警は最大の危機に瀕する。警察小説の真髄が、人生の本質が、ここにある。

久ぶりに横山秀夫さんの本を読んでみた。『クライマーズハイ』以来か?著者は元新聞記者だが、この小説は新聞記者からの視点が多く盛り込まれているのはその経験があってのことだろう。

ボクの今まで知らなかった警察が舞台の小説って感じか。

ドラマなどでは刑事が事件を解決して、刑事にスポットライトが浴びる。しかし実際の警察組織とはそれ以外の部署で働く多くの人で成り立っている。この小説ではそのあたりの事情が克明に記されている。

働くということはどういうことか?ボクもそろそろ転勤かもしれないが、勤務場所が変われども、仕事の内容が変われども、自分の仕事に矜持をもってその職責を遂行できるかどうか、ということ・・・・


本日の早朝ジョグ13㎞。明日のレースに向けて流し5本。しかし、相変わらず左臀部からハムがイマイチ・・・・。

« 御座候 | トップページ | 第16回 池田猪名川マラソン »

読書」カテゴリの記事

コメント

そうですね!そう簡単に仲直りで甘いところを見せてはいけませんねthink
娘さんは5Kに出るんですね。まぁミヤーンさんは負けないでしょうけど、私は娘さんには
負けますねcoldsweats01去年は30代の部で2位だったので、今年は40代の部で
がんばります!この大会だけが唯一順位を狙える大会なので(笑)
でも5Kは最後酸欠?手がしびれて、吐き気なんかもするのでゴール後はフラフラ
ですね・・・もちろん親子ペアも出ます(笑)
お互い頑張りましょう!

マーチさん

40代の部、狙ってくださいね。行けますよ!
うちの次女はそんなに大した走りはできないと思います。
ボクから言うと、まだまだ未熟者の娘ですから。
5㎞はフルと違い別の苦しさがありますね。ボクはどちらかと言うとこっちの方が苦手です・・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/55370845

この記事へのトラックバック一覧です: 『64 ロクヨン』 横山秀夫:

« 御座候 | トップページ | 第16回 池田猪名川マラソン »