2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« 祝!卒業 | トップページ | 御座候 »

2014年3月12日 (水)

『使命と魂のリミット』 東野圭吾

Photo_3

amazon紹介文より

「医療ミスを公表しなければ病院を破壊する」突然の脅迫状に揺れる帝都大学病院。「隠された医療ミスなどない」と断言する心臓血管外科の権威・西園教授。しかし、研修医・氷室夕紀は、その言葉を鵜呑みにできなかった。西園が執刀した手術で帰らぬ人となった彼女の父は、意図的に死に至らしめられたのではという疑念を抱いていたからだ…。あの日、手術室で何があったのか?今日、何が起こるのか?大病院を前代未聞の危機が襲う。

東野作品としては珍しい医療系のミステリ。
話の展開としては今ひとつだったが、自分の目指した仕事をどのような気持ちで臨むべきか、という作者のメッセージがこのタイトルに現れている。

小説の中では警察官の使命、医者の使命が書かれているが、ボク自身自分の仕事の使命を今一度考えさせられた。

この小説もドラマになったんですね・・・・。東野圭吾恐るべし!


本日の早朝ジョグ20㎞。

今日は娘の公立高校の受験。本人曰く、出来は“微妙”だそうだが、後は結果を待つのみ。朗報を願っている。

« 祝!卒業 | トップページ | 御座候 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/55191307

この記事へのトラックバック一覧です: 『使命と魂のリミット』 東野圭吾:

« 祝!卒業 | トップページ | 御座候 »