2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« 『使命と魂のリミット』 東野圭吾 | トップページ | 『64 ロクヨン』 横山秀夫 »

2014年3月13日 (木)

御座候

昨日,妻が大阪に行っていたが、お土産に『御座候』を阪神百貨店で買ってきてくれた。

P1060073

かつて、職場の“あんこ”好きの人が出張のお土産に買ってきてくれたことがあるので、すでにうまさは承知している。昨日は赤あんを食して、今日は白あんを頂いた。

P1060074

ボク的には王道の赤あんが好きなのだが、次男は如何に?

P1060075

次男も口に入れて、オヤ?という反応。

P1060076

「あんこが白い・・・・」

少し、ご不満のようだった。


本日の早朝ジョグ15㎞。雨の為某所でゆっくりとジョグ。

« 『使命と魂のリミット』 東野圭吾 | トップページ | 『64 ロクヨン』 横山秀夫 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

うん。わかる。白あん・・・・って感じです。私も♪普通のあんこが好きです♪
こしもつぶもどちらも♪

本日は私事ですが・・・今日で40歳になりました♪
誕生日なのに仕事はものすごく忙しく・・・帰宅は21時・・・・
一人で晩御飯食べ、明日もまた朝からしごとです(-_-;)
今日の朝娘がプレゼントでマグカップをくれました♪
この間から何がいい?って聞かれてたけど、別に欲しいものないからいいよと
言ってたんですが、数か月前にお気に入りのマグカップが寒さのため
お湯を入れた途端に割れてしまいました。気に入ってたのに・・・と口走ってたのを
覚えていたようで・・・・「お母さんお気に入りのマグカップが割れたって言うてたから♪」
って・・・本当に娘ってすごいし、やさしい♪すごく嬉しかった♪
子供を育てるのって、マグカップの何十倍も何百倍ものお金がかかるのに、
1000円そこそこのマグカップで親は子育ての苦労の数十倍もの幸せを感じることができる♪
なんだかすごいなって・・・・思います。30代最後の年で達成できなかった課題を
40代最初の一年で達成し、また新しい部署で新たなキャリアUPに励むつもりです♪

マーチさん

いよいよ40歳ですか・・・・。おめでとうございます、と言っていいものかどうか迷います。
でも、年代も変わり気持ちも新たにチャレンジしてください。きっといい結果が出ると思いますよ。
おまけに、異動で新たなキャリアアップとはいいですね。

娘さんはかわいい盛りですね。うんと可愛がってあげてください。我が家の次女は反抗期で、今朝ボクは思いっきり切れて、家のガラスを割ってしまいました・・・・。あ~、大変。

wobblydash大丈夫ですかぁsign02
ガラスが割れるほどとは・・・・そんな激しい感じのお父さんに見えないのに・・・
意外です(笑)穏やかな感じに・・・・いやでも思春期の反抗期は激しいから・・・
それぐらいの気合で怒ることは必要かもしれない。
私は長女で、2歳下に妹がいて5歳下に弟がいますが。まぁ妹はよく怒られていました(笑)
うちの父はもともと激しい人なんで、竹刀なんかで叩かれてましたよ妹は(笑)
私は一度もそんなことはなかったけど。次女と言うのはそんな感じなのかもしれない。
長女は周りを見てるし、親の顔色を常に見てアンテナを張っていますから(笑)
次女は自由奔放。言いたい放題に空気読まない・・・・とまぁ怒られる要素満載で
過ごしているものです。お父さんの激怒を長女さんが見てたら
後でこっそり次女さんにアドバイスするはずです。それを次女さんが聞くかどうかはわかりませんが
(笑)うちの妹は聞いたような・・聞いてないような・・・いまだに変わってないような(笑)

親としては後で反省したりガラス代を惜しんだり・・・複雑ですね・・・
明日のレースで仲直りかなhappy01

マーチさん

ボクも長女にはそこまで怒ったことはないのですが、次女は勝手が少し違うようです。
しばらくはこんな状態が続くのでしょうね。子育ては本当に難しいです。
明日のレースで仲直り、ってわけにはいきそうにありません。
明日は終始次女とは別行動。一緒の5㎞を走りますが、どうなることやら・・・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/55358584

この記事へのトラックバック一覧です: 御座候:

« 『使命と魂のリミット』 東野圭吾 | トップページ | 『64 ロクヨン』 横山秀夫 »