2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月の記事

2014年7月31日 (木)

お勉強

富士山から帰宅して中一日で今度は京都へ。

京都市のど真ん中にある某大学でお勉強。対面にある付属高校には甲子園出場ののぼりが掲げられていた。

Photo_4

朝から夕方までみっちり椅子に座った。途中、睡魔と戦いながら・・・・。

しかし、この大学の教授、エアコン利かせすぎ・・・。富士山に続いて風邪をひくかと思った。エアコンの温度設定が25度。あまりの寒さに「すいません、寒いのでもう少し温度を上げていただけませんか」と教授に嘆願してしまった。


本日の早朝ジョグ&京都通勤(学)ラン20km。

2014年7月30日 (水)

『ルーズベルト・ゲーム』 池井戸潤

Photo

amazon紹介文より

中堅メーカー・青島製作所の野球部はかつては名門と呼ばれたが、ここのところすっかり成績低迷中。会社の経営が傾き、リストラの敢行、監督の交代、廃部の危機・・・・・・。野球部の存続をめぐって、社長の細川や幹部たちが苦悩するなか、青島製作所の開発力と技術力に目をつけたライバル企業・ミツワ電器が「合併」を提案してくる。
青島製作所は、そして野球部は、この難局をどう乗り切るのか?
負けられない勝負に挑む男たちの感動の物語。

続きを読む "『ルーズベルト・ゲーム』 池井戸潤" »

2014年7月29日 (火)

富士山紀行2日目

小屋についてすぐに横になったが、次から次へと登山者が入ってきてまともに寝ることができない。

こういうときにいつも感じるが自分の神経の細かさだ(?)環境が変わったり、周囲がざわついていると気になって寝ることができないのだ。どこでも、いつでも寝ることができる人が羨ましい。

さて、結局ほとんど寝ることができず、ガイド付きツアーの出発の呼び出しが始まった。0時半だ。(ちなみにボクたちはガイドなし)ボクはもう少し寝ててもご来光には間に合うと思っていたが、心配性の長男は「もう行こう!」とボクを起こす。どうせこのまま横になっていても寝ることはできないだろうとあきらめ出発する。

登山道はご来光目的の登山者が数珠繋ぎ状態。特にガイド付きツアーの団体はしばしば立ち止まるのでペースが狂う。出発が八合目なので、頂上まで2時間チョイと読んでいたが、予想より時間がかかりそうだ。

おまけに昨日は元気だった長男が、やたら休憩をしたがる。かなり、疲れているのだろう・・・・。休憩中に行動食を食べろ、とボクが長男に色々なものを勧めるが、長男は食欲も無いようだ。

その中、休憩中に空を見上げると星が満点。こんなにたくさんの星を見ることができたのはいつ以来か?一方目線を麓に向けると、これまた麓の町のイルミネーションが輝いている。

天候は絶好。雲がないぶん、寒さも厳しい。あまりの寒さに雨具の上下を出し身につける。そうこうしているうちにようやく山頂の鳥居が見えてきた。長男も「山頂??」と半信半疑。午前4時前に山頂に到着。ついに日本最高峰だ。長男の頭をなでてやる。

P1060496
が、今回一番つらかったのはここからだった。ご来光まであと1時間。それまで何もすることが無くじっと待つだけなのだが、寒い(×10)。気温2度。真冬の最低気温並みだ。おまけに風も吹き体感気温はそれ以下だろう・・・・。このままでは風邪をひく、と思い。ボクは長男に長袖のシャツを着させる。ボクも着るがそれでも全く効果なし。Tシャツ・長袖シャツ・フリース・雨具を着込んでいるのだがそれでも寒い。

暖かいココアでも買ってやろうか、と言うが長男は要らないようだ。ちなみに山頂では缶コーヒー1つ400円也。ボクも我慢。こんな時でも貧乏性は機能するらしい。このままでは凍死する、というのは大げさかもしれないが、それも少し頭をよぎったほど。思わず、下山しようかと下山ルートを見るが暗くてよくわからない。あまり動かない方がよさそうだ。

しばらくすると、山小屋が開いたので、しばしそこで寒さをしのぐ。4時半頃から少し明るくなってきた。まだ太陽は頭を出していないが・・・・。

Photo_3

いよいよだな、とご来光をみる場所に陣取り、ご来光を待つこと20分弱。

P1060497

今まで見たことのない日の出を拝むことができた。写真では正直うまく写せない神々しさだった。赤色が光るって感じだが、こればかりは実際に見た人しか解らないだろう。寒さに耐えた価値があった。


さて、後は下山のみ。火山灰のガレ場をひたすらだらだらと下っている。もう、2人とも無言。長男が発する言葉は「あとどれぐらい?」のみ。登りは次男が先に行っていたが、下りはボクが先に行って次男を待つことの繰り返し。まぁ、マイペースで下りたらいいと思っていたので、ボチボチ下っていくこと3時間弱。ようやく5合目までたどり着くことができた。

P1060498

小6でここまで動けたら上出来!しっかりと褒めてやったのは言うまでもない。

Photo_2

五合目でお土産を買い、バスで大阪へ。途中、ホテルの温泉で汗を流し、ホテルのバイキングでしっかり栄養補給。ボクはたらふく食べたのだが、大食漢の長男はイマイチ。疲れすぎて食欲もわかないようだ。


帰阪は20時。梅田で晩飯を食べようと思い、長男に「何か食べたいものあるか」と聞くが、「早く帰りたい」と言うので、手っ取り早く「吉○家」で牛丼を食べてなるべく早く帰宅することにした。普段なら牛丼のメガぐらい食べることができる長男だが大盛りしか食べなかった・・・・。


帰宅後、夏休みの作文に「富士山には二度と登りたくない」と書いていた・・・・。

一方、次男は「登りに行きたい」とせがんできたので何年か後には連れて行こうかな?。何せ、名前が「岳」なのだから!

2014年7月28日 (月)

富士山紀行1日目

昨年、軽はずみな約束をしてしまった。「来年ぐらいは、蓮(長男)を富士山に連れて行ってやらないかんなぁ~」と!

それを律義なことに、よ~く覚えてみたいで、富士山に長男を連れていくこととなった。

もともと、子どもができるまでは毎年夏は山にこもっていたので登山自体は問題はない。富士山も10年以上前に登ったことがある。だが、長男と2人で車で行くとなるとかなりの手間。しかも世界遺産に登録された昨今、どれだけの混雑か想像しただけでもうんざりする。

、が約束は約束。色々と調べると、格安のツアーがあったのでそれに便乗することにした。

大阪7:40発。まだ、この時点までは元気だった。

P1060419

バスで五合目の吉田口まで連れて行ってくれる。夕方5時前に到着。

Img_0253

さすがに五合目は寒い。上着がすでに必要な状態。ここから今日は八合目の小屋を目指す。この小屋で仮眠をとって翌朝のご来光を山頂から見るという算段。

最初は調子よく歩いていた長男。ぼちぼち歩くボクをしり目に快調に歩を進めていく。さすがに八合目の前ぐらいで少しバテ気味だったが、充分合格。心配していた高山病の兆候も出ていないようでひと安心。

P1060427

本日の仮眠する小屋は八合目の白雲荘に20時到着。


本日の早朝ジョグ13km。

2014年7月27日 (日)

夏カゼ?

先週の日曜日7月20日に次男が38.5℃の発熱。翌日は祝日ということもあり、伊丹の子ども救急病院へ連れていく。22日には熱が下がった。

が、23日に長男が発熱。次男と同じような高熱。だが、これも2日ほどで熱が下がった。お医者さんの診察も、特に変な病気の兆候はないとのことだった。

そして、金曜日の深夜から次女が発熱・・・・。今回は解熱剤だけのませて様子を見ることにしたが、やはり、日曜日(27日)には熱が下がった。

今週末の土日は近所で納涼祭が開催されるので、次女は半泣き状態だったが、本日めでたく復活。機嫌良く、出かけて行った。

しかし、この熱、一体???


本日の早朝ラン:アップ9km、ダウン5km、30kmPR(2:15’55)。

さすがにこの暑さではなかなかペースが上がらない。最後はボトルのドリンクが無くなってしまい、少々焦る。

2014年7月26日 (土)

公文進度上位者のつどい

毎年夏休みのこの時期に宝塚ホテルで「公文」の表彰式が行われる。3学年先まで教材が進んだ人を対象に表彰されるのだ。

長女、次女は小学校の低学年の頃から表彰されていたのだが、長男はさぼり気味で・・・・。ようやく6年にして表彰されることとなった。

長女、次女は部活の関係で欠席したが、長男にとっては初舞台。緊張しながら会場に入って行った。

P1060417

まぁ、これをきっかけに勉強も積極的に取り組んでもらいたいものだ。


ちなみに、問題児の次男の「あゆみ」は散々だった。もちろん、表彰なんて論外!やはり、甘やかしすぎた・・・・・。


本日の早朝ジョグ20km。暑すぎる・・・・。

2014年7月24日 (木)

『ミスジャッジ』 堂場瞬一

5163mvek3pl_bo2204203200_pisitbstic

amazon紹介文より

レッドソックスの先発投手として、メジャーデビューを果たした橘。暗い過去を秘めた日本人初のMLBアンパイア竹本。高校・大学時代の確執を引きずるふたりの人生が、大リーグを舞台に再び交錯する。たった1球の判定が明暗を分ける熾烈な世界で、因縁の闘いに決着はつくか―強烈な自負心と深い孤独を抱えた男たちのドラマを描く、傑作野球エンターテインメント。

続きを読む "『ミスジャッジ』 堂場瞬一" »

2014年7月20日 (日)

早朝PR30km

この時期恒例の早朝PRを実施。アップ8km、ダウン4km、30km2:12’16(平均心拍数139)

早朝外に出て見ると意外と涼しかった。おかげで結構ペースが上がったかも?4'52/1kmから入って4ラスト1kmは4'03/1kmまで上げることができた。

今日は次女の中学陸上部の阪神大会2日目。800mに出場予定だが、ボクは次女の起床前から家を出ていたので、送り出すことができなかった?大丈夫かなぁ?

2014年7月18日 (金)

『切れない糸』 坂木司

415lxips0sl_sl500_aa300_1

amazon紹介文より

周囲が新しい門出に沸く春、思いがけず家業のクリーニング店を継ぐことになった大学卒業間近の新井和也。不慣れな集荷作業で預かった衣類から、数々の謎が生まれていく。同じ商店街の喫茶店・ロッキーで働く沢田直之、アイロン職人・シゲさんなど周囲の人に助けられながら失敗を重ねつつ成長していく和也。商店街の四季と共に、人々の温かさを爽やかに描く、青春ミステリの決定版。

続きを読む "『切れない糸』 坂木司" »

2014年7月 6日 (日)

『美女と野球』 リリーフランキー

51kp53rk5sl_aa160_1 amazon紹介文より

リリー・フランキー(♂)。日本人。イラストレーター。日本美女選別家協会NO.001。人間研究家でありながら、感動家。3冊目の著書にあたるエッセイ集『美女と野球』のタイトルが、「これといって趣味も興味も夢も野望もなく、日々、のんべんだらりんと過ごしています。好きなことといえば美女と野球くらいしかない…」(まえがきより)という、自身の自己認識からついてしまったくらいの謙遜家でもある。が、それはあまりのご謙遜であろう。その文章から察するに、彼は鋭い観察眼をもち、正直者で、正義感が強く、電車の中で読む者をして、ツボにはまってしまってクスクス笑いを抑えられず、思わず向かいの席の人の様子を下からうかがわせてしまうほどの表現力を備えた人物である。しかも扱うテーマは社会の差別から真の人間理解、そしてSEXから糞尿の世界までと幅広い。あまりの上品さに眉をひそめる向きもあろうかと思われるが、それは「解る人には解る。そんな世界である」と、本文にもある通りなのである。なかなか考えさせられる部分もある深い1冊である。

続きを読む "『美女と野球』 リリーフランキー" »

2014年7月 5日 (土)

早朝PR

ボクにとって、走りこみの時期が始まりましたが皆さんはいかがお過ごしでしょうか?


一昨日は20kmのPRだったが、今日は距離を延ばして30kmにチャレンジ。

まさにチャレンジという状態で、18キロぐらいで股関節から左のハムに激痛。最近痛めているところだが、少しストレッチをするとなんとか走れたので再開。

20kmからは途中で辞めたくなる気持ちと葛藤。なんとか30周を走り切ったが、この練習は精神修行の要素もある、と痛感。


タイムは2:17’06(平均心拍数139)。設定ペースは㌔5分を少し切るぐらいで行ければと思っていたので、まずまずのペースだが、痛いところだらけなのが悩ましい・・・。この痛みと対峙するのも精神修行と思うゆえん。


走りながら治そうと思っているが、それが正しいかどうか???

2014年7月 3日 (木)

『春を背負って』 笹本稜平

amazon紹介文より

長嶺亨は脱サラをして父親の山小屋を継いだ。父をなくしたOL、84歳のクライマー、7歳の女の子、ホームレスのゴロさん…美しい自然に囲まれたこの山小屋には、悩める人を再生する不思議な力があった。傑作山岳小説『還るべき場所』の作者が描く登山の魅力。

519v9rlzall_bo2204203200_pisitbstic

続きを読む "『春を背負って』 笹本稜平" »

2014年7月 1日 (火)

7月1日

今年もようやく半分が終了。色々とあった前半だが、なんとか無事終わった、という感じか??。

そして、7月1日は次男の誕生日。8歳の誕生日だ。少し前に小学校の面談で、担任の先生に色々と注意されてこっぴどく家でも叱った。色んな問題が出てくる年頃になってきたということだなぁ・・・・。

今回の誕生日は次男の希望で「スシロー」でのディナー。本人曰く、「妖怪ウォッチ」のガチャガチャがあるとのことだったが、そのようなものは存在しなかった・・・・。

Photo_2

でも、沢山美味しい寿司を堪能したみたいで、ご満悦だった。これからも沢山食べて、大きくなってほしいものだ。


本日の早朝ジョグ13km。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »