2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 富士山紀行2日目 | トップページ | お勉強 »

2014年7月30日 (水)

『ルーズベルト・ゲーム』 池井戸潤

Photo

amazon紹介文より

中堅メーカー・青島製作所の野球部はかつては名門と呼ばれたが、ここのところすっかり成績低迷中。会社の経営が傾き、リストラの敢行、監督の交代、廃部の危機・・・・・・。野球部の存続をめぐって、社長の細川や幹部たちが苦悩するなか、青島製作所の開発力と技術力に目をつけたライバル企業・ミツワ電器が「合併」を提案してくる。
青島製作所は、そして野球部は、この難局をどう乗り切るのか?
負けられない勝負に挑む男たちの感動の物語。

TVドラマでも話題になった作品。もちろんドラマは見れず・・・・。そして最近、毎日新聞でもやたらと取り上げれれている都市対抗野球。新聞の紙面にもルーズベルトゲームのことがよく出てくる。

今回も池井戸作品おなじみの企業が舞台だが、そこに実業団の野球チームがからんでくる。しかし、このご時世で企業はリストラを行っていかなければならない。その狭間で揺れるチームの部長と社長と社員と野球部員の葛藤が見もの。最後のゲームの展開は十分予想できるパターンだった。

話の中でで、怪我をした投手の萬田は会社を辞めてラーメン屋をやりたいという。その萬田に対して監督の大道は「やりたいことがあるってのはいいことだ。お前の人生だからどう生きるかはお前が考えて決めろ。・・・・今までの経験は必ずこれから生きてくる。人生に無駄な経験なんかない。そう信じて生きていけ」
という言葉で送り出す。

まさしく、人生に無駄な経験なんてないと思う。


本日の早朝ラン。アップ9km、ダウン5km、PR20km(1:35’47)

さすがに富士登山の疲労がアリアリだった。4'30/1kmもキツイ。

« 富士山紀行2日目 | トップページ | お勉強 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/56884879

この記事へのトラックバック一覧です: 『ルーズベルト・ゲーム』 池井戸潤:

« 富士山紀行2日目 | トップページ | お勉強 »