2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 全米オープン | トップページ | 第14回 歴史街道丹後ウルトラマラソン »

2014年9月 7日 (日)

あと一つ!

今朝の早朝ランを開始する前にスマホで全米オープンの途中経過をチェック。セットカウント2-1で錦織選手がリード。もしや・・・・。

しばらくしてニュースの速報で決勝進出を決めたことを知った。

Image2

Image1

歴史的快挙だ!。先日も書いたが、まさか日本人がテニスでここまで活躍することをボクが生きているうちに見ることができるとは思ってもみなかった。

スポーツ全般には興味があるが、テニスを知らない長男が、この偉業についてイマイチ理解しずらいようだったのでボクは次のように説明した。

「サッカーのワールドカップで日本が決勝に進むようなものだ!」(極論でしょうか?)

でも、全米オープンの舞台、ニューヨークで活躍するイチロー選手も絶賛している。第1シードのノバク・ジョコビッチ(27=セルビア)との準決勝を「見ました」と話し、日本の歴史を塗り替えた24歳の若武者に「いやぁ、すごいね。きょうはもう俺のことなんかどうでもいい。圧倒している。気持ちいい」とほめちぎった。

そもそも、日本人は小柄で体格的にもテニスにおいては不利だとされていた。特に近年のラケットの進化によって、サーブの高速化が進み、パワーテニスが時代に主流となった今日では、ますます日本人の活躍は夢物語だと思っていた。

ボクがテニスを始めた時『フィフティーン・ラブ』というマンガがあり、よく読んだ。最終的に主人公はウインブルドンで優勝するのだが、これはあくまでもマンガの話。だが、それが現実のもにになるとは・・・・・。

もうここまできたら、あと一つ!十分チャンスはあると思う。幸い対戦相手は、かつての王者、現在世界ランキング3位のフェデラー選手ではなく、第14シードのチリッチ選手。チリッチ選手は世界ランキング16位で、同11位の錦織と同様に4大大会では初めての決勝進出。過去の対戦成績は、錦織選手が5勝2敗で勝ち越している。


本日の早朝ラン:アップ10km、ダウン6km、早朝PR25km=1:47’24(平均心拍数142)

来週の丹後半島ウルトラマラソン(60km)の最終調整。4'30/1kmから入り3'53/1kmで終了。錦織選手の活躍にテンションが上がったはずだが、後半ペースはあまり上がらなかった。やはり、途中からハムがムズムズしてきた。丹後、最後まで脚がもつかな・・・・

« 全米オープン | トップページ | 第14回 歴史街道丹後ウルトラマラソン »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

フィフティーンラブ、タイトルは聞いたことありますが、私にとってテニスマンガは「新・エースをねらえ!」。
岡ひろみが世界デビュー(アメリカでの世界アマ選手権)するところでフィナーレ。

新エースをねらえ 最終回
http://youtube/D1jRHiBHrKE

『あと一つ』のタイトルで、マー君がジャケットのファンモンの歌を思い出しました。
本当にあと一つ。ここまで来たら優勝して欲しい。
でも相手も錦織君と同じく偉業を成し遂げて勝ち上がってきた人
だからそう簡単にもいかないでしょうね。
どちらの気持ちが勝るか‼︎ドキドキしますね。今年はワールドカップに期待していたのに、
サッカーがイマイチで、まさかテニスでこんなことになるなんて♪
今、テレビでテニス関係者の方がミヤーンさんと同じ例えしてますよ(笑)
『サッカーワールドカップで男子が決勝に行くようなもの。
よりもまだ凄いかも♪』って。

若大将さん

少し世代の違いがうかがえますね・・・・。
えっ?同世代???

マーチさん

グランスラムの決勝ってやっぱり特別なんですね・・・・。
今までの舞台とは何か違う感じでテニスをしていたような感じがしました。
最初のセットをとれればチャンスがあったと思うが、先行されて、ノンプレッシャーのサーブを打たれたら相手の思うつぼだったような気がします。
でも、いい経験をしたと思うので、次に期待したいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/57301426

この記事へのトラックバック一覧です: あと一つ!:

« 全米オープン | トップページ | 第14回 歴史街道丹後ウルトラマラソン »