2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« 『七つの会議』 池井戸潤 | トップページ | 『黒笑小説』 東野圭吾 »

2015年3月 1日 (日)

第35回 篠山ABCマラソン

今シーズン最後のフルマラソン。別大が終わってから、調子はそこそこという感じだったので、2時間40分切りのわずかな望みを託して、調整してきました。

が、週間天気予報では雨予報。当初、楽観的に考えていたが、前日になっても予報は悪くなるばかり、当日になるとなんとかなると思っていたが、6時に起床した段階ですでに雨・・・。

とりあえず、現地に行けばなんとかなるかも?と篠山へ向かう。篠山までは自宅から40分ちょいなので、すぐに到着するものの、やはり天候は変わらず。外に出ると寒い雨だ。

さて、どうしよう???。受付に向かいながら考えたが・・・

DNSにしました。

天気予報で雨雲の動きを見ても、これからさらに強い雨雲がやってくる様子。しかも気温が低い。どうやら最高気温も9度あるかないか。9時時点の気温は7度。これで走れば、風邪をひくなぁ~、と判断。明日も仕事だし、体調を崩してまで走ることもないか、とすでに気持ちは切れていた。

Img_0800

というわけで、今シーズン最後のフルマラソンはあっけなく幕切れとなりました。まぁ、別大で今ある力は出し切れたと思っています。そしてDNSの判断は正しかったと自分に言い聞かせています。

Img_0796

せめて猪汁でも食べて帰ろうか、と思ったがまだ準備中。「ゴールしてからです」と言われてしまった。

本日、篠山を走られた方、お疲れさまでした。完走されたこと自体敬服いたします。

« 『七つの会議』 池井戸潤 | トップページ | 『黒笑小説』 東野圭吾 »

マラソン結果」カテゴリの記事

コメント

さすがですね。やっぱり辞める勇気と判断。
今日夜勤明けでしたが、夜中に天気予報ネットで見てたら雨は昼からくらいに
なってたのに、朝からいきなり降ってるし、帰ってきたら横殴りの雨が(^◇^;)
職場の同僚は寛平マラソンに出ましたが、途中棄権したと報告がありました。
3時間30分くらいで走る人ですが…

身体壊してまでするものではない気がします。
でもなかなか辞める勇気と判断がつけきれません。
会場まで行って気持ちで決めるのもいい方法ですね。
メンタル7割のスポーツですからね。数年前に雨の中凍死寸前でゴールした
篠山ですが、その時の雨より今日の方がキツイ上に風まで…

そして、インフルエンザを乗り越えた私もとうとう今日から風邪です(^◇^;)
篠山を走ってもないのに朝から喉がおかしくて、今物凄く痛い(笑)
お互い体調に気をつけましょう。
再来週の池田猪名川までに治します‼︎

お疲れ様です!

DNSは正しい判断だったと思います!!
小生は、全く逆の選択をしてしまい…、低体温症で凍死するかと思いました。

フラフラの状態でかろうじてゴール…。

今回は家族が待っていてくれたので。

もう二度とこんな経験は御免です。

見方を変えれば…、貴重な経験には、なったのかも!?
たまたま無事に帰れたから言える事なのかもしれませんが。

次は猪名川マラソン大会ですが、こちらは楽しく走りたいと思っています。

マーチさん

いよいよ池田猪名川が近づいてきましたね。
風邪気味のようですが、しっかり体調を整えて参加してくださいね。
地元の大会、気合いが入りますね!
篠山の判断は正しかったかどうか分りませんが、今現在健康でいるのでそれでよし!としておきます。
勇気があるか臆病かは難しいところですね。まぁ、健康第一、ってとこですね・・・・。

あおむしさん

篠山お疲れさまでした。貴重な経験をされましたね。この経験はどこかで活かせると思いますよ。
ボクは、最近「低体温症」という言葉をよく耳にするので、そういうことも逡巡している時に頭をよぎりました。
過去、篠山を10回以上走っていますが、もっともコンディションの悪い大会の一つだったと思います。
昔、雪が降っていた時に走った記憶がよぎりました。その頃は今とコースが違っていいましたけど、ウエアのに雪が積もっていました。あの頃はボクも若かったです・・・。

池田猪名川はいい天気で走りたいですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/59104670

この記事へのトラックバック一覧です: 第35回 篠山ABCマラソン:

« 『七つの会議』 池井戸潤 | トップページ | 『黒笑小説』 東野圭吾 »