2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 2015年7月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月の記事

2015年10月26日 (月)

大阪マラソン翌日

昨日開催された大阪マラソンのHPを今朝見ていたら、「なないろチーム対抗戦」というのがあるそうです。

そしてボクのチームであるグリーンチームが優勝したそうです。そのグリーンチームから抽選で500名に第6回大阪マラソンの出場権が当たるとHPに掲載されていました。

今朝、歯ブラシをしながらスマホを見ていたら、何とボクの名前が当選者の名前として載っているではありませんか!思わず、「うぉ~」と叫んでしまいました。家族も驚いた様子で、事情を説明しました。

その後、大阪マラソンの事務局からご丁寧にメールが届きました。

Img_13701

とりあえず、これで来年の大阪マラソンは出場することになりました。まだまだ先の話ですがマラソン難民は少し回避することが出来ました。

でも、こんなことで運を使っている場合じゃないんですがね・・・・。


本日の早朝ジョグ6km。

昨日の大阪マラソンのダメージチェック。やはり左ハムは違和感がありますが、思っていたよりダメージは少なそうです。

2015年10月25日 (日)

第5回 大阪マラソン 

Img_1364

今シーズン初フルを走ってきました。第1回目以来の参加です。もう5年前のことです。

ちなみにその時は2:43台で走っていました。大した調整もせず、走りこみの一環として参加した大会でした。その年の12月の福岡国際マラソンで出した記録の2:38'26が今のボクのフルマラソンの生涯ベストです。

さて、今回はもちろん5年前のように走れるはずもないので、3'48/1kmが目標ペース。5kmを19分で刻んでいければいいかと思っていました。しかし、序盤から脚が重たく。5kmで目標ペースをオーバー。10km以降脚が軽くなるかな、と思っていましたが、その兆しも感じられません・・・・。

ここからペースを下方修正。今日の調子で行くと4'00/1kmがで一杯だろう、と思い、前半少し貯金を作りつつ、後半でその貯金を使い、50分切りの攻防になるだろうと考えながら走っていました。

昨日、実父から「大阪マラソンの応援に行くから」との連絡がありました。中之島公会堂や住之江公園にいてるということだったので、公会堂でキョロキョロしていたのですが、発見できません。

しかし、住之江公園は流石に応援の人が少なくなっており発見することができ言葉を交わすことができました。後半のしんどいところで元気が出ました。

齢80を越えているのに、40半ばの息子の走りを応援しにきてくれるなんて、言葉では言い尽くせないぐらい感謝しています。

そして、30km以降は予想通り4'00オ-バーが始まりました。特に父を発見した33km以降は向かい風が強くなってきまして、その直前に暑くなると思ってコップの水を2杯かっぶったのですが、逆に身体が冷えてしまいました。

このままズルズルいくと50分切りも危うくなってきますので、もう粘るだけです。なんとかラストの落ち込みも最小限にとどめてゴールすることができました。

後で分ったことですが、父が住之江公園からゴールまで来ていたようでしたが、ボクの方は全く気づくことができません。

Photo

まだまだ、課題は多いのですが、今シーズン初フルですし、ここから段階を踏んで別大で勝負したいですね。


帰りは、梅田で昼食を食べて帰りました。よく行く定食屋です。豚生姜焼き定食です。Img_1366

ご飯をお代わりして、780円はお得です。三番街などのグルメゾーンは行列が出来て沢山の人が並んでいる店もありましたが、ボクはここで充分です。


今大会は沢山のボランティアの方が献身的なサポートをして下さっているのが走っていて、そしてゴールしてからしみじみと感じることができました。多くのボランティアの方、大会運営の皆様方、お世話になりましてありがとうございました。

Img_1368_2 

Img_1369

父撮影。

2015年10月21日 (水)

『満願』 米澤穂信

Mangan

第27回山本周五郎賞受賞
2015年版「このミステリーがすごい! 」第1位
2014「週刊文春ミステリーベスト10」 第1位
2015年版「ミステリーが読みたい! 」 第1位

2014年のミステリー年間ランキングで3冠に輝いた、米澤ワールドの新たなる最高峰!

人生を賭けた激しい願いが、6つの謎を呼び起こす。人を殺め、静かに刑期を終えた 妻の本当の動機とは――。驚愕の結末で唸らせる表題作はじめ、交番勤務の警官や在 外ビジネスマン、美しき中学生姉妹、フリーライターなど、切実に生きる人々が遭遇 する6つの奇妙な事件。入念に磨き上げられた流麗な文章と精緻なロジックで魅せる、 ミステリ短篇集の新たな傑作誕生!

続きを読む "『満願』 米澤穂信" »

2015年10月18日 (日)

第52回 能勢高原マラソン

ミヤーン家の秋の行事になった大会です。昨年は会場の高校が耐震工事のために中止。2年ぶりの参加となりました。

まずは親子ジョギング(1~4年の部)に次男(小3)が参加。最近は野球の練習で走ることは御無沙汰中。でも体力は付いてるはずだと思っていました。

Img_1238

中盤はでは3位をキープ。後半で1人抜いて2位に浮上。1位までは遠かったですが、力を出し切った次男。2位という結果にも大満足でした。

Img_1249_2

その後、次女・ボク・長男のレースです。

次女はもう引退したのでまともに走れずになんとか4位入賞。序盤はトップを走っていたのですが、流石に練習不足は否めなかったようで、後半はバテバテでした。

長男は昨日に川西・猪名川地区の駅伝に参加。まだ中1なので力はまだまだですが、なんとか6位入賞。これを弾みに頑張ってほしいものです。


さて、ボクの方は10kmでなんとか2位入賞。前半は4位でしたが、折り返しで3位に浮上。さらに後半の峠を下り切ったところで2位の人に追い付き、最後まで集中力を切らすことなく、そして左ハムの痛みも出ずにゴール。

3年前のタイムと同じぐらいでゴールできたのでホッとしています。なによりも、左ハムが気にならなかったことが一番の収穫でした。



快晴の大会を満喫した後は、帰路の途中にある「N'Kitchen」http://nskitchen.net/#でランチを頂きました。

大正時代にためられた古民家をリフォームしたレストランです。

Img_1324

Img_1325

Img_1326

Img_1329

Img_1334

シェフのお任せランチをチョイス。黒毛和牛のステーキは絶品。少しリッチな気分を味わうことができました。

みんな、思いっきり運動して、思いっきり食べて、また明日から頑張りましょう!

2015年10月12日 (月)

舞鶴赤れんがハーフマラソン2015

随分と間があいてしまいました。もう走っていない、と思われているかもしれませんが、ボチボチ走っています。

春先からの足底筋膜炎の回復は思わしくなく、おまけに左ハムから臀部にかけての違和感をもあり、思うような夏場の走りこみが今シーズンはできませんでした。

そういう時って、仕事も思うように行かず、テンションも下がり気味で、ブログを更新する気力も湧いてこない日々を過ごしていました。



一応、レースは出ておりまして、9月20日には丹後ウルトラマラソンの60kmを走ってきました。昨年は5時間を越えてしまうワーストタイムを出してしまったので、今年は慎重にペース配分をして無理せず走りました。エイドでも「バラ寿司」や「パン」をしっかりと楽しみ(?)ました。でも、自重しつつも、やはり後半のペースはガタ落ちでした。結果の4:53'31はとりあえず最低限のノルマはクリアした、って感じです。


そして、本日ハーフマラソンを走りに舞鶴まで行ってきました。この大会は初出場。どんなコースかも分らないので、練習の一環として走ること、3'48のマラソンペースがどこまで継続できるか、が目標でした。

初めの3kmまでは国道のフラットなコースでしたが、それを越えると峠(?)越えの往復あり、13km以降は微妙なアップダウンもありでした。

一応、坂道以外のフラットな区間は3'48を目標に走ることだけに集中して走りました。

05km=19'07(167)
10km=19'21(167)
15km=19'23(165)
20km=19'20(161)
ラスト=04'00(175)

1:21’12(平均心拍数169)

Img_1143

タフなコースと、今の現状としてはこんなものでしょう。これから少しずつ上がっていければと思います。


帰宅は篠山経由で173号線を南下。そうです。この時期の丹波の風物詩の「黒枝豆」をゲット。今晩はこれで楽しみます。

Img_1144

« 2015年7月 | トップページ | 2015年11月 »