2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 第25回 福知山マラソン 結果速報 | トップページ | 『ジョコビッチの生まれ変わる食事』 タカ大丸 »

2015年11月24日 (火)

第25回 福知山マラソン 

久々の福知山マラソン。車でのアクセスも前はどうやっていったのか記憶にないが、今回は綾部経由のルート選択。意外とストレスなく自宅から1時間30分で駐車場に到着。アクセスは楽な部類の大会か?

朝の天気予報で夕方までは雨は降らない予報に変わっていたので、安堵するとともに気合いが入った。

会場はやはりマンモス大会だけあって、更衣場所の体育館は人で一杯。あるグループは大きなブルーシートで場所取りをしていて、そこに数人ほどしかおらず迷惑きわまりない。大会のスタッフに注意されていたが撤去する気は全くない。譲り合うことを知らぬ人たちだ・・・・。(失礼、ぼやきが入ってしまった)

トイレは混雑を想定して、スタート1時間30分前から並び、無事終了。最後に「小」をと思って並んだが、時間切れで撤退。30分前に整列場所に行き、前から2列目をの場所を確保。それほど寒くいもなく、待機時間も苦痛ではなかった。


さて、スタート。始めの1kmは3'29。下り坂なので想定内。次の1kmも3'38とやや速い。でも身体的な感覚としてはきつくないので流れに乗っていく5kmのラップが18'30。

このペースは速すぎる、と思いつつ付いていた集団から離れた。だが、6kmのラップが3'38、7kmのラップが3'38と依然とした速いラップが続く。設定ペースは3'50/1kmだったので、心の中で押さえて、押さえてと思いつつも、押さえることができなかった。

10kmのラップが19'55。依然として速いペース。もしかしてこのままいけるか、と思いつつも不安が頭をよぎる。

ハーフの通過が1:20'10。悪くても45分は切れるな、と思っていたが、地獄はそこから始まった。ハーフを越えてから、3'50を越える始め、29kmのラップがとうとう4'00を越えだした(4'03)。次の1kmのラップは3'38だったので距離表示の誤差かと思っていたが、やはり4'00台が出始めた。32km以降は4'10を越え始めて、撃沈モード。

しんどくなり始めた頃のすれ違いでマーチさんに声をかけられる元気が出たが、今となってはどの地点だか思い出せない。M野さんに声をかけていただいたり、山ピーさんに声援を送ってもらい一瞬力が沸いてきたが、やはり撃沈モードは解消されなかった。

このままズルズル行くと50分切りを怪しくなってきた。せめて大阪マラソンよりも速く走らないとこの1ヶ月の成長がない。残りの10kmは追い込む練習のつもりで動かない脚にむち打って脚を前に出す。

40km地点で2:37後半ぐらい。のこり2kmを10分で走れるか?そう!福知山のラストは登り坂が待っている。そのことを考えると10分はかかってしまうかも。せめて47分台でゴールしたい。

最後の坂をもがいて、もがいて登り切った。後ろから抜いていく人もいるがお構いなし。早くこのレースが終わってくれ!それだけをひたすら思いながらゴールにたどり着いた。

ほぼ、同じタイムでゴールした人が倒れ込んでいたのを横目で見つつ、ボクはコースに一礼。スタッフに一礼。沿道、ゴール後に多くのスタッフの方に温かい声をかけいただきありがとうございました。大会全般を通じて温かいスタッフの方々の対応は本当にありがたかったです。


05km=18'30(167)
10km=18'55(171)
15km=19'00(167)
20km=19'24(155)
25km=19'42(170)
30km=19'54(170)
35km=20'57(174)
40km=21'26(172)
ラスト=10'00(167)

2:47’48(平均心拍数170)


やはり後半の落ち込みが敗因。前半のハイペースも今のボクの身の丈にあったペースではなかったのだろう。

しかし、マラソンは30km以降の勝負だとはよく言ったものだ。今回のレースは見事につぶれてしまった見本のようなレース。

後半の粘り、42.195kmを最後までしっかり走りきる脚を別大までに作らなければ勝負にならないことを痛感。また、次を目指して練習あるのみ!次は、防府マラソンです。

« 第25回 福知山マラソン 結果速報 | トップページ | 『ジョコビッチの生まれ変わる食事』 タカ大丸 »

マラソン結果」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした♬すれ違いの時そんな状態だったんですね(^◇^;)
今までのミヤーンさんとのすれ違いの中で一番の笑顔をもらえたんですけど(笑)
私で20キロ地点くらいですね。ハーフ手前くらい?
私は、この春から69歳鉄人コーチと練習をかさね、箕面→妙見山40キロも9月10月と2回して。
仕上がりもよく、体調も悪くなかった。寝てても去年の3:57グロスは更新できる
状況だったのに…はじめからしんどくて…ずっとしんどくて(^◇^;)
はじめからペースがあまり上がらず、さらに後半落ちて、去年より
数秒遅れで3:58:02グロスでゴール。自己ベスト更新もならず。
あんなに練習したのに、敗因がわからない。3:45切り目指してたのに…
なんとかサブ4は死守しましたが…もう一度修行し直しです。
最後40キロ地点でコーチが「まだ行ける‼︎飛ばせ‼︎」と叫んで猛ダッシュしたんです(笑)
それを見て私も最後ダッシュ‼︎その言葉でなんとかサブ4でした(笑)
最後まで諦めない気持ちと、42.195キロいかに楽しめるかで勝つか負けるかが
決まる気がしました。次の篠山に向けて私も足作りからです。
ミヤーンさんに声をかけることができて私も元気が出ました‼︎

マーチさん

まとめてコメントさせていただきます。

とりあえず、福知山お疲れさまでした。マーチさんも良い練習をされていたようで期するものがあったみたいですね。でも、サブ4死守は立派です。ベストを出すにはいろんな条件が必要ですね。マラソンは難しい・・・・。マーチさんにとって次につながるレースだったんじゃないでしょうか。

すれ違いで、ボクは元気そうでした?ヘロヘロでしたが、カラ元気はあったみたいですね!

大阪マラソンは楽しく走れました。父の応援もあったからだと思います。マメな父で、感謝しきりです。いつまでも元気でいてほしいと願っています。

福知山マラソンrun、お疲れさまでした。立派なタイムですが、ミヤーンさんとしては残念だったと思います。序盤に突っ込み過ぎということでしょうか。レース前のマンモス大会ならではのシチュエーション(身勝手なグループの場所取り、トイレなど)でやや精神的にストレスを与えたということはないでしょうか。私にも経験があります。
次は防府ですか? 12月20日ですね。納得の行く調整をされ、良い走りができますように。読売新聞主催でいつも川内選手も出場している大会ですよね。

門外者ですが、マーチ♪さんがコメントに復帰されて何となくホッとしていますhappy01。4時間切りを続けていらっしゃるのは素晴らしいですgood

私は今週末、吹田万博国際ふれあいマラソンの20キロ(なぜか今年からハーフから変更sweat01)を走りますrun。ここのところ相変わらず仕事が忙しく、調整はもう一つですが、頑張ります。

あら25さん

まだまだ、マラソンを走る脚ができてないことが解りましたので収穫のあるレースでした。
タイムは言い出したらきりがありませんが、とりあえず無事完走できたことに感謝です。

お互い年齢的に仕事の責任が重たくなってくる世代ですので仕事とランの両立が大変ですね。
仕事の影響とボクの無精のためしばらく滞っていたブログですが、マーチさんも見られていることですし、また徒然なるままに書かせていただきます(笑)。マーチさんも元気に走られていましたので、ホッとしております。

万博マラソン頑張ってきてくださいね。天候もほどほどですかね?
ボクも防府に向けて上げて行きたいと思っています。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/62662157

この記事へのトラックバック一覧です: 第25回 福知山マラソン :

« 第25回 福知山マラソン 結果速報 | トップページ | 『ジョコビッチの生まれ変わる食事』 タカ大丸 »