2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« 第25回 福知山マラソン  | トップページ | コアラのマーチ »

2015年11月28日 (土)

『ジョコビッチの生まれ変わる食事』 タカ大丸

51ctxbicgdl_sy291_bo1204203200_ql40

amazon紹介文より

第二集団でもがくだけの存在だったプレーヤーは、なぜテニス界絶対王者に君臨することができたのか?
何を、どう食べたらいいのか?――人生好転・肉体改造のための設計図を自らが明かす。
「私がこの本を書こうと思ったのは、私ならあなたの肉体だけでなく人生すべてを変えられる
――それもたったの14日間で――と知っていたからだ」(ノバク・ジョコビッチ)

[ジョコビッチからあなたへの提案]
グルテン(小麦などに含まれるタンパク質)を14日間だけやめてみて、どういう気分になるか試してみてほしい。
そして、15日目に、パンを少しだけ食べて様子をみてほしい。体が発する声に耳を傾けてほしい。


「食事がジョコビッチのプロ生活を劇的に変えたのは間違いないと思います」(杉山愛、「解説」より)
「今の錦織圭選手がさらに上を目指そうとするなら、必要なのは技術や体力のトレーニングではありません。
栄養・食事指導です」(白澤卓二・順天堂大学大学院医学研究科教授、「解説」より)
付録にはジョコビッチの「王者のレシピ」&「おすすめ食品」を収録。すぐに使える実践篇。

テニスから随分御無沙汰しているが、元テニスプレーヤー(?)のボクとしては気になる本だった。今やっているスポーツは違えどマラソンや仕事に活かせることがあるはず、と思いながら読んだ。


ジョコビッチがいう心のコントロールの方法とは。

負の感情が出てきたときでも私自身のエネルギーを維持するために使っている重 要な手法があるので紹介したい。
心理学者は「マインドフルネス」(留意)と呼んでいる。これは瞑想の一種で、思考を鎮めたり「内なる安らぎ」を目指す代わりに、現在ある考えをあるがままに客観的に、善悪の判断をせず受け入れるとけうものだ。
ここでカギとなるのが客観性だ。すなわち、どのようにしてその瞬間に今ある出来事を肉体に受け止めているか、そして私の考えがどのように肉体に対して直接的な影響を及ぼしているのかを考えるのだ。それから判断はせずに自分の考えを分析していく。このプロセスによってすべてが明確になるのだ。
 
実践は簡単だ。まずは5分間、時間をとってほしい。静かに座り、自らの呼吸、今のその瞬間、そして今感じている肉体のうごめきに集中する。考えは浮かぶがままにしておく。いろいろな考えが浮かんでは消え、収拾がつか
なくなるはずだ。だが、それが本来の姿なのだ。あなたがすべきは、浮かんでは消える考えをそのままにしておくことだ。今感じている体内のうごめきは本物だと思えれば成功だ。

ネガティブな考えが浮かぶことをそのまま認めて、そのままやり過ごし、今の瞬間に集中するのだ。
マインドフルネスが、痛みや負の感情と向き合うのにとても役立っている。このおかげで私は本当に大切なものに集中できている。そして脳内でそんなネガティブな声の音量を下げることができている。

この技術がグランドスラム大会の試合真っ最中にどれほど役立つか想像がつくだろうか。

だからこそマインドフルネスは、今の私のスポーツに関する原動力である哲学を作り上げてくれた。

アスリートとしてパフォーマンスを高めていくための「睡眠」に対する考えかたも参考になった。

私の一日でもっとも大切な時間……それは夜だ。
具体的には、私の頭が枕に着地した瞬間だ。冗談ではなく本気である。私は睡眠を食事や練習予定、あるいはライバルと同じくらい丁重に扱っている。それほど睡眠は大切なのだ。
 
運動と睡眠は決してケンカをすることがない夫婦のようなものだ。この2つはお互いを支えあっている。どのように?快眠できれば強い負荷をかけたトレーニングができる。
強い負荷をかけたトレーニングができれば、夜はぐっすり眠れるようになる。体を鍛えるために運動をして、睡眠により翌日にはさらに回復して強くなる。運動をしてもっと寝らられるようにしよう。そしてよく寝てもっと運動できるようにしよう。
多くの人はこの”公式”を忘れたり無視したりする(もしこれを初めて聞いた人がいるなら、きちんと聞いてほしい!)。
実際、健康を約束する3つの大切な習慣のうち2つは良い食事と適度な運動なのだが、睡眠がおそらく一番無視されがちだ。

今、私には睡眠パターンを破壊する邪魔な要素がいくつも揃っている。遠征に次ぐ遠征。時差がある。時には短い時間しか眠れないこともある。私はいつでもどこでも寝られるかぎり寝るようにしている。そして、最高の眠りを得るために次のような工夫をしている。私は毎晩同じ時間にべッドへ入るようにしている。

今年も世界ランキングNO.1としてシーズンを終了したノバク・ジョコビッチ。テニスの技術さることながら、NO.1を維持するためのメンタル面、体力面の工夫は参考になることがあった。


本日の早朝ジョグ11km。
随分寒くなってきた。服装も真冬仕様。

今晩、長女が沖縄の修学旅行から帰ってくる。初沖縄は楽しめたのかなぁ?

« 第25回 福知山マラソン  | トップページ | コアラのマーチ »

読書」カテゴリの記事

コメント

睡眠は大切です。私も疲れが溜まってる時や、次の日にしっかり
走りたい時はアルコールを抜いて寝ます。
アルコールは良い睡眠を妨げます。良い睡眠を取れなければ
疲れは取れないしですからね。

沖縄は暖かそうですね♬
子供達だけで行く旅行は楽しいですね♬うちの娘も12/4に
太秦映画村に6年生最後の遠足に行くのを楽しみにしています(笑)
こづかい1600円持っていけるのですが、「じいじにもらおう♬」と
ちゃつかりもらってました♬

マーチさん

ボクも睡眠は気を使っています。
小3の次男と床に入るのがここ数年のボクのルーティンです。
すぐには寝れないので、本を読みながらですが・・・・。

沖縄修学旅行はとっても良かったようですよ。絶賛していました。
出発前に長女も祖父におこずかいをもらっていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/62720120

この記事へのトラックバック一覧です: 『ジョコビッチの生まれ変わる食事』 タカ大丸:

« 第25回 福知山マラソン  | トップページ | コアラのマーチ »