2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月の記事

2015年12月31日 (木)

大和ミュージアム

昨日は戦艦大和に熱を上げている次男のために年末の休みを利用して広島の呉に日帰り旅行に行ってきた。広島の呉には大和ミュージアム(呉市海事歴史博物館)がある。歴史が好きなボクは機会があれば行きたいと思っていた所。渡りに船とはこのことだ。

Img_1620

呉は現在も造船業で栄えている町です。その中に大和ミュージアムがあります。

Img_1621

今回の広島旅行は次女は行かず。別に受験勉強をするわけではないが、興味がないらしい。長女は歴史が好きなので博物館で一番長く観ていた。もちろん次男は興奮して大はしゃぎ。

Img_1626

3時間チョッとで行けると思っていたが山陽道の和気で事故渋滞で1時間のロス。帰路もナビの選択ミスで道に迷い1時間のロス。結局帰宅は23時になってしまった。広島って遠いなぁ。


本日の早朝ジョグ12km。昨日の疲れがあるような・・・・・。


今年は怪我に泣いた1年でした。目標としていた2時間40分切りもできず、思うように走れなかった1年でしたが、多くのレースを走れたことは救いでした。来年も2時間40分切りにこだわって走るつもりです。あと数年悪あがきが続くと思いますが、1%でもチャンスがあれば、それに懸けたいと思っています。

このブログをみて下さった皆様、よいお年を!

2015年12月29日 (火)

餅つき

年末の28日は毎年恒例で妻の実家の餅つき。正直、28日は仕事納めだし、中学・高校は部活もあるので29日以降にしてほしいのだが・・・・。

結局、参加は中3で部活を引退した次女と小学生の次男のみ。ボクも昼からは出勤ということで、途中で失礼した。

蒸したもち米のおにぎりを食べたり、つきたての餅を食べたりでついつい胃の中に過剰に詰め込んでしまう。まぁ、いいか・・・・。

そして今年も、次男は小さい杵でついてくれました。

Img_1600

Img_1594

昨年よりも少しは力強くなったような気がするのだが・・・・。杵のもちかたが甘い!


Img_1580

愛猫は自宅でゴロゴロ・・・・。


昨日の早朝ジョグ10km。餅つきに出発する前にサクッと走る。

ここ数日、この時期らしく寒くなってきた。なかなか身体が温まらない・・・・。

2015年12月27日 (日)

クリスマス

サンタさんが次男の所にしか来なくなったここ数年。今年も次男にはサンタさんがプレゼントを届けてくれた。

次男のリクエストは「戦艦大和」のラジコン。このラジコンがずっと欲しいと言っていたので、サンタさんにお願いしておいた。

クリスマスイブはホームパーティをし、たらふくピザやチキンを食べた翌朝。
ジョグに出かけようと準備をしていると、2階から次男が興奮して降りてきてプレゼントの箱をボクに見せる。

「開けて見よう!」とボクが言うのが先か、もう次男の手は動いていた。箱を開けて見ると・・・・。

Img_1472

やはり、この年頃の子どもの目は輝いている!25日はボクも仕事だったので、26日の土曜日に「進水式」をしようと約束。

昨日の26日に隣町の猪名川町の図書館横の池で「進水式」を朝から挙行。正直、大和はきちんと浮かぶのか、本当に動くのか、半信半疑だった。

Img_1479

Img_1481

慎重に水に浮かべて手を離すと・・・・

続きを読む "クリスマス" »

2015年12月22日 (火)

『昨夜のカレー,明日のパン』 木皿泉

Photo_10

amazon紹介文より

悲しいのに、幸せな気持ちにもなれるのだ―。七年前、二十五才という若さであっけなく亡くなってしまった一樹。結婚からたった二年で遺されてしまった嫁テツコと、一緒に暮らし続ける一樹の父・ギフは、まわりの人々とともにゆるゆると彼の死を受け入れていく。なにげない日々の中にちりばめられた、「コトバ」の力がじんわり心にしみてくる人気脚本家がはじめて綴った連作長編小説。

続きを読む "『昨夜のカレー,明日のパン』 木皿泉" »

2015年12月21日 (月)

第46回 防府読売マラソン 完走記

福岡国際マラソンの資格を喪失してしまった故に、今年は久々に走る大会が多い。福知山マラソンに続いて久々の防府読売マラソンを走ってきた。

過去の記録を遡ると2005年の2:57'47、2006年の2:50'07、2007年の2:44'05の3回参加していた。

2007年の記録で当時の福岡国際マラソンの参加資格を獲得して、2008年~2014年まで12月といえば福岡国際マラソンが一年で唯一(?)の勝負レースとなっていた。

過去3回の参加は早朝に出発して、走って、そのまま日帰りだった。しかし今回はもう若くないし、日帰りはしんどいかなと思い宿泊を計画。だがホテル探しで動いたのが遅かったため防府周辺のホテルはすべて一杯。結局、徳山のビジネスホテルに泊まることにした。受付もレース当日でいいので、前日の行程は宿泊のみ。ゆっくり自宅を出て、大阪でJR西日本の株主優待券を購入し、少し旅費を節約。思っていたよりも防府までは時間がかからなかった。だが泊まったホテルの相性が悪かったのか、緊張していたのか、はたまた枕が変わったら寝付けない性分なのか、レース前日の夜は余り眠れず。前泊した意味がない寝不足の朝を迎えた。しかも、腰の違和感が再発・・・・、来年は日帰りでもいいかも?

会場に到着すると、8年ぶりの防府はずいぶんと様変わりしていた。数年前に参加資格が3時間から緩和されたと聞いていたが、かつての雰囲気からマンモス大会に様変わりしていた。しかしスタート位置に並ぶのは最近のマンモス大会のように1時間近く前に並ばなくていい工夫がされていたのでありがたい。スタート前のストレスはほとんどなかった。こういう大会運営は今後も続けてほしい。

スタート位置に並んでいると川内選手も登場。近くには藤原新選手もいる。さすがに藤原選手は何がしかのオーラが感じられる。

気温もそれほど低くなく、悪くないコンディション。体調がベストの状態なら、と思わず考えてしまう。待っている間に日差しも強くなり今日は暑くなるかなぁ~、と思いつつ号砲を待った。


今回の目標は2:45切り。別大で2:40を切るためにはここで45分は切っておきたいところ。しかし1週間前のぎっくり腰とその前の風邪。大切な2週間前からの調整を失敗してしまったのでどこまで走れるかは未知数。今シーズンはレース前半で調子に乗りすぎて、後半撃沈する展開が続いているので、今回は抑え気味で入ることを念頭にペース設定を計画。前半は5kmを19'00で余裕を持っていく。30kmをこえてからは4'00/1kmで押していければいいか、と思っていた。


さて、スタート。スタートの混雑で転倒する人がいた。気をつけなければ・・・と、慎重に走る。競技場を出るとユニオンさんと遭遇。声を交わすもののスッと前方へ。やはり速い!

始めの1kmは3'42。慎重に走っている割にはいいペース。2kmも3'41で通過。少し速いかと不安に思いつつも、付いてる集団がいい感じだったのでこの流れに乗っていくことにする。

5kmが18'43。速い!!少し落とさなければ。でもここからペースを落としていく勇気がないのが悲しい性。とりあえずいけるところまで行ってしまえ、って感じでこの3'45の集団について行く。

しかし、2回目の競技場を通過する18kmあたりから遅れ始める。この辺りから3'50を越えだしてきた。いよいよ始まったか、って感じ。

ハーフの通過が1:19'59。残りのハーフを4'00/1kmで走っても、45分は切れる。ここからはしっかり4'00を越えずに走らねば、と自分に言い聞かせる。

26kmから27kmの1kmが4'01。といとうその時が来た。ここから4'00オーバーが始まった。

30km手前の折り返しで後続を確認するとワキさん、さらにその後に胡瓜さんを発見。このままペースが落ちていくと追いつかれるのは時間の問題だな、と思って走っていたら、32km付近でワキさんが来た。なんとかワキさんに食らいついて競技所まで行くぞ!と思い気持ちを切り替えてワキさんと併走すること数キロ。ワキさんが視界から消えた。追いつかれた頃は4'10をオーバーしていたが、4'00ヒト桁に復活していた。こんなこともあるんだなぁ、と不思議な気持ちがした。やはりマラソンって一人で走るものじゃないんだな、と再認識。ワキさんの併走がなければ後半はダラダラした走りになっていたと思う。競技場の前にM野さんにも声をかけていただき最後の粘りを絞り出すことができました。

ゴールラインの時計が2:45台を示していたので、45分台を死守すべくラストは必死に走ったが、ゴールに飛び込んだときは時計は無情にも46分に変わってしまった。

とりあえず、コースに一礼。スタッフに一礼してレースを終わる。


05km=18'43 
10km=18'52 
15km=19'01 
20km=19'05 
25km=19'38
30km=20'16 
35km=20'57 
40km=20'41 
ラスト=08'49


2:46’00

とりあえず、無事完走できたことに感謝。DNSもあり得たので完走できたこと自体が収穫。

あえて良かった点を探せば35km以降の走りか?40km以降は昨年の別大よりも速かった。もちろんそれまでのペースの流れもあるのだが、ラスト2.195kmをこのペースで走りきれたら別大での40分切りも見えてくるのだが・・・・。


いずれにせよ、2月の別大は調整ミスは許されない。そして42.195kmを最後まで走りきる脚を別大までに作らなければ勝負にならない。

別大までなか7週間。年末年始は長い距離の走り込みをしっかりと取り組みたい予定。


ゴール後、無料のうどんを食べて速攻会場を後にする。19:30に帰宅。実は一昨日が次女の誕生日で、ボクの都合で昨日に誕生会を延期してもらっていた。とりあえずなんとか間に合った・・・・。

P1120075

ディナーはゴーシャスに刺身の盛り合わせ&鍋。

P1120074

2015年12月20日 (日)

第46回 防府読売マラソン 結果速報

ぎっくり腰で先週はDNSもよぎりましたが、なんとか完走できました。 タイムは2:46ジャスト。 現在、徳山。 これから新幹線で帰阪します。 詳細は後日に…。

2015年12月17日 (木)

『火花』 又吉直樹

Hibana

amazon紹介文より

お笑い芸人二人。奇想の天才である一方で人間味溢れる神谷、彼を師と慕う後輩徳永。笑いの真髄について議論しながら、それぞれの道を歩んでいる。神谷は徳永に「俺の伝記を書け」と命令した。彼らの人生はどう変転していくのか。人間存在の根本を見つめた真摯な筆致が感動を呼ぶ!「文學界」を史上初の大増刷に導いた話題作。

続きを読む "『火花』 又吉直樹" »

2015年12月13日 (日)

第38回 西脇子午線マラソン

防府に向けた最後の調整レースとして西脇で10km走ってきました。

この大会は老舗の大会ながら、ここ数年は福岡国際マラソン参加や様々な事情で縁がありませんでした。今回はボク以外に長男(中1)・次女(中3)・次男(小3)も同行。

会場までは高速を使い1時間30分余りで到着。会場に近づくと車も多くなり、大会の雰囲気が漂ってた。



ただ、この大会前日まではDNSの可能性もあった。というのは、12/12(金)の夕方に職場で屈んだときに腰に違和感を感じた。

帰宅後、その違和感が痛みに変わり、寝ているときには寝返りができない程の痛みに。とうとう朝は起きられないほどになってしまった。

当然、朝のジョグは中止し、朝食を食べてすぐに行きつけの整骨院へ。着替えることもできないので寝間着姿のままで整骨院へ行き、その姿に驚いた受付のおばちゃん。院長先生に症状を話し、診察時間が始まっていなかったが、早速鍼を打ってもらった。さらに今までやったことのない電気鍼もしてもらう。

もちろん、鍼をしても魔法ではないのですぐに良くなるはずもなく、そのまま帰宅して、最低限の家の用事をしてコルセットをつけてずっと安静にしていた。

寝ながら本を読みつつ(しかし、本が良く進んだ・・・)明日の10kmは走れなくても、次男が楽しみにしている「親子ペア」の1.5kmだけは最低走らなくてはと思考えながら、悶々と過ごした。



そして大会当日の朝。鍼の効果もあったのか、症状は改善。もちろまだ痛みはあり、無理はできないが、とりあえず走ってみることにした。

天気は12月に入ったというのにそれほど寒くなく、走るにはいいコンディションか?

10時からの親子ペアがまず1発目。次男は気合いが入っていたものの、この部門には6年生も出場しているようで、本人が期待していた入賞はならず。まぁ、一生懸命走ってので褒めてあげました。

長男も次女もイマイチの走りでしたが、まぁ練習の一つとして走ろう、と言っていたので次につながったかなと思っています。



そしてボクの方は、10kmを37'40(平均心拍数176)でなんとか完走することができました。

初めて走るコースで、距離表示も曖昧な感じだったので、正確なラップがとりきれませんでした。ラスト2kmの表示を見つけたので、そこからかなりペースを上げたつもりなのに3'55-3'52と、自分の感覚と実際のスピードがかなり乖離している感じでした。

走っている時は腰の痛みはなかったのですが、先週の亀岡ハーフマラソンのレース後から喉を痛めて風邪気味だったので走ってる最中に痰が絡んでそちらの方が気になりました。



亀岡ハーフ以降に体調を崩し、さらにぎっくり腰を患い、まともな練習ができなかった中でとりあえず走り切れたことは良かったと前向きに考えまています。

防府マラソンも走れるかどうか不安でしたが、悪化しない限り走る予定です。ただし、設定ペースは下方修正せざるをえなくなくなりました。ここにきてとんだ落とし穴が待っていたとは・・・・・。

2015年12月10日 (木)

『三十光年の星たち』 宮本輝

51xo3bue2zl__sx344_bo1204203200_

amazon紹介文より

京都に住む三十歳の坪木仁志は、職を失い、恋人に捨てられ、明日の生活もままならない。親に勘当され、金貸しの佐伯平蔵から借りた八十万円の借金を返せるあてもない。そんな坪木に佐伯はある提案をする。それは、借金返済の代わりに坪木を車の運転手として雇い、返済の滞る人びとのもとへ「取り立て」に出かけるというものだった…。圧倒的な物語の愉楽。宮本文学の到達点。

続きを読む "『三十光年の星たち』 宮本輝" »

2015年12月 6日 (日)

第1回 亀岡ハーフマラソン

かつて元日に開催されていた大会が時期を変えて再開。ちょうど防府の2週間前なので、調子を測るためにエントリー。

自宅からも比較的近く、50分もかからず会場に到着。現地は風も微風で気温もそこそこ。良いコンディションだった。

アップをしてしているとK辺さんと一緒になり、結局レース中も背中を追う展開になった。


レースは序盤はゲストランナーの野口みずきさんとの集団で走るも、5kmまでの上り坂でついていけなくなる。さらにK辺さんにも抜かされ背中を追う展開。

前半の登りきったところでまささんと並走することとなり、良いペースで中盤は走れたつつああったが、11km付近で右腹に差し込みが発生。まささんにも離されてしまう。

ペースを落として1kmほど走ると差し込みもおさまってきて、まささんを追いかける。

後半の下りに入ってようやく、まささんに追い付き、そこからは得意の下りが始まる。自然とペースアップもでき、後半の5kmは集中して走ることができた。

ゴール前で野口みずきさんとのハイタッチもしっかりとしてフィニッシュ。コースに一礼。スタッフの皆様に一礼。


19'08-19'37-19'42-18'07-4'00=1:20’34


今シーズンに入ってハーフを3本走ったが、シーズンベスト。初めてのコースで、どれぐらいのペースで走れるのかも未知数。そして登りが結構あるコースだったので、それほどのタイムは期待していなかったが、自分なりに走れたほうだと思う。後半タレずに走れたのが大きい収穫だった。


帰宅後も子どもの野球の会合があったりしてバタバタした1日だった。

今日は例年なら、福岡国際マラソンを走っている時期だが、今年は帰宅途中の車でのラジオと実家に寄ってのTV観戦。流れる映像の景色を懐かしく見てしまった。嗚呼、もう一度あの舞台で走りたいものだ!

福岡を走られた皆様、お疲れまでした・・・・。

2015年12月 5日 (土)

コアラのマーチ

随分前にボクが食料品の買い出しに出かけた時、珍しく子どものおやつに「コアラのマーチ」をチョイスした。個人的に「コアラのマーチ」は買わないのだが、何かひらめくものがあった。

そして、子どもたちが食べた後に次女が「当たっている!」と。

Img_0828

送ったら何かもらえるらしい???昔、「チョコボール」でおもちゃの缶詰があったが、それに似たようなものがもらえるのかなぁ?

ロッテ宛てに「当たり」を送ったら、ロッテから贈り物が届いた。

宅急便の中身をドキドキしながら子どもたちに開けさせた。中身を見ると・・・

続きを読む "コアラのマーチ" »

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »