2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 第38回 西脇子午線マラソン | トップページ | 第46回 防府読売マラソン 結果速報 »

2015年12月17日 (木)

『火花』 又吉直樹

Hibana

amazon紹介文より

お笑い芸人二人。奇想の天才である一方で人間味溢れる神谷、彼を師と慕う後輩徳永。笑いの真髄について議論しながら、それぞれの道を歩んでいる。神谷は徳永に「俺の伝記を書け」と命令した。彼らの人生はどう変転していくのか。人間存在の根本を見つめた真摯な筆致が感動を呼ぶ!「文學界」を史上初の大増刷に導いた話題作。

色んな意味で随分と話題になった本。あまりにも売れているので本屋の策略にはまらぬようじっくりすぐ飛びつくことなく様子を見ていた。

しかし、次女が友達から借りてきたので、ついでに読ませてもらった。

文体が懲りすぎていて、少々辟易するところがあったが、やはり芥川賞の選考委員はこういうのが好きなのだろうなぁ・・・・。

なんか、だらだら読んでしまい、あっと言う間に終わってしまったが、そのなかで次の場面は一つの見せ場のだと思う。

必要がないことを長い時間をかけてやり続けることは怖いだろう?一度しかない人生において、結果が全く出ないかもしれないことに挑戦するのは怖いだろう。無駄なことを排除するということは、危険を回避するということだ。臆病でも、勘違いでも、救いようのない馬鹿でもいい、リスクだらけの舞台に立ち、常識を覆すことに全力で挑める者だけが漫才師になれるのだ。それがわかっただけでもよかった。この長い月日をかけた無謀な挑戦によって、僕は自分の人生を得たのだと思う。

ボクの挑戦の一つは趣味のマラソンなので、人生や生活をかけてた漫才師への挑戦とは次元が違うが、共感できる部分だった。

本日の早朝ジョグ8km。そろそろ防府に向けて疲労抜き。

« 第38回 西脇子午線マラソン | トップページ | 第46回 防府読売マラソン 結果速報 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/62730188

この記事へのトラックバック一覧です: 『火花』 又吉直樹:

« 第38回 西脇子午線マラソン | トップページ | 第46回 防府読売マラソン 結果速報 »