2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« 第65回 別府大分毎日マラソン 結果速報 | トップページ | 第65回 別府大分毎日マラソンへの取り組み(マラソン練習の一試案として) »

2016年2月 8日 (月)

第65回 別府大分毎日マラソン 完(感)走記

昨年に引き続き別大の参加。2回連続の4回目出場。もちろん目標は2:40切り。そのためだけに練習をしてきた。

だが、今シーズンはすでに3レースを走ってきて徐々にタイムは上がってきたものの、各レースで手応えらしいものはなかった。

直近の3レースは10月の大阪=2:49'13、11月の福知山=2:47'48、12月の防府=2:46'00。どのレースも後半の失速で目標タイムに届かなかった。

予定では12月の防府で40分台前半、最低でも45分は切って、2月の別大のステップにしておきたかった。しかし、以前にも書いたが、1週間前のぎっくり腰、2週間前からの風邪。防府は「とりあえず走る」ということになってしまい、別大につながるレースとはならなかった。

防府を終えて、防府の疲労が抜けきってはいなかったが、年末年始に走り込みを敢行。大きな故障をすることなく無事に終え、3週間前の調整もとりあえず無難にこなすことができた。

別大の最終調整が終わった金曜日の段階で、別大に向けてワクワク感が沸いてくる感じで過ごすことができた。どうなるのか結果が楽しみ、という気持ち。ただ、天気予報では気温が7度ぐらい。寒波が来ることで、寒いコンディションでのレースは嫌だな、との一抹の不安があった。

泊まるホテルも晩飯も朝食も過去2回の大会と同じルーティンを儀式的に行う。ただ、今回はいつもより朝と前日の餅を食べる量を少し増やした。おまけに受付のビーコンで販売していた杵搗きの餅も食べた。後半の失速はエネルギーの枯渇によるものも原因ではないかと思ったからだ。


さて、朝食を終えてホテルを出ると雨・・・・。空は晴れているところもあるので、多分一時的なものだろう、と思っていたが、気温の低い中雨が降るという最悪の事態は勘弁してもらいたい。気持ちは少しブルーに・・・・。

スタートまでは建物の3階でジッとして、本を読みつつ、集中力を切らさないようにする。アップは軽く13分ぐらい。流しを5本入れると気温の割に厚着のせいか、じんわりと発汗があった。これは思っていたより、温かい??当初は予想気温から、ランシャツではなくTシャツとアームウォーマーで走るつもりだったが、同じ番号のゼッケンの人たちのウェアの様子を拝見し、ノースリーブのシャツとアームウォーマーで走ることとする。


整列が終わり、スタートの12時を迎える。目標ペースは3'45/1km(5km=18'45)で25kmまで。その後は35kmまで3'48。後は3'55ぐらいか?後半は時計との計算の勝負でもある。


12時の号砲が鳴り、混雑の中でスタート。スタートラインまで4秒ほどロスがあったが、この人混み、転倒だけは気をつけなければと慎重に走る。

始めの1kmは3'48。ロスの4秒を除いたとしても少し遅い?今までの別大なら始めの1kmは30秒台だったが、慎重すぎたか?2kmのラップが3'35。まあまあか?3kmのラップが3'49、4kmのラップが3'27。上げ下げの幅が大きすぎる!ベース感覚ががバラバラだ。

こういうときは今までの経験からして後半失速することが多かった。嫌な予感がする。

5kmで18'39。設定ペースより6秒の貯金。でもこれぐらいでは少々心も許ないが・・・・。

今回はコース変更で第1折り返しがすこし延びたため、折り返しの手前と折り返してからに登り・下りがあり。気分的に嫌だが、これも後半のアップダウンの解消のためだ、とレース中、妙に納得・・・。しかし、この登りで今まで付いていた集団からこぼれてしまう。嫌な予感がさらに増長。

後ろから来た集団に付くが、ここから脚の動きをロスの無いように意識することに集中して走ることとする。そのせいか、少しペース持ち直すことができた。

ハーフの通過が1:18'44。何とか40分を切れるペースで推移している。まだ脚はへたっていない。26kmの大分市役所のカーブまでいい感じの集団に付くことができたのも大きい。25km地点でも設定ペース通り、かつ30秒弱の貯金がある。

25kmを過ぎてからは3'48に落ちても大丈夫。でもいい感じの集団なので、その流れに身を任せる。

今シーズンの過去3回のマラソンはこの辺りから我慢ができなくなった。今回は、ここまで走ってきて、しんどいのは当然だが、まだ我慢がでそうだ。

走り込みのしんどかったことを思い起こし、自分にかけ声をかける「ヨッシャー。ここからや!」


30kmのスプリットも設定タイムを切っている。まだ脚はいけるぞ!そして32kmで時計を見ると1:59'45のスプリット。あと10kmチョイ、4'00/1kmでぎりぎり40分が切れる。

でも、マラソンの後半、潰れたら普通に4'00/1kmなんてすぐにオーバーしてしまうことは何度も経験済み。まだまだ油断はできない。

しかも、35km手前から逆風が気になり始めた。35kmの折り返しでこの風は追い風になるはずだと信じ、この区間は我慢して粘る。

第2折り返しを通過。35kmのスプリットでタイムを計算する余裕は無いが、とにかく4'00/1kmは決して越えてはならないだけ。

37km地点を過ぎると、あと5kmの表示が見えた。よし!4'00/1kmで充分いけるぞ。1kmのラップも4'00を越えていない。時々3'40台も出ている。

そして、脚はまだ大丈夫だ!とにかく焦らず、しっかりと腕と脚の動きを連動させることだけを意識。風のも味方してくれているようだ。

太陽も照り始めた。この暖かみはありがたい。太陽がまるでボクの走りを応援している様だ。

あと4km、3kmとカウントダウン。40km地点も無事通過。この辺りから大腿四頭筋がピクッとしてきた。無理は禁物だ。キロ4で充分。

41キロ地点を通過。「あっ!」ボクの従兄弟だ!大分に住んでいるのだが、まさか応援に来てくれたとは。「ありがとう~」と叫び俄然気合いが入る。きついところでの応援はありがたかった~。

Img_1

Img_2

Img_3 (写真を撮っている人が従兄弟。しゃべりかけているボク)

あと1km。さぁ、どれぐらいのタイムでゴールできるか???競技場に入った。あとトラックよ3/4周。周りのランナーたちのペースも上がりボクもそのペースに乗せられる。四頭筋も大丈夫か?

いよいよトラックのホームストレート。時計は38分台から39分台へ突入。39分台か・・・・。でも充分だ!最後は別に写真もTVも無いのになぜかサングラスをはずしてフィニッシュ。コースに一礼をしてすぐさまトラック内の芝生に倒れ込む。

Img

ボランティアの人にタオルを掛けてもらったが、そのタオルに顔を埋めながら泣いた。

2012年の福岡国際マラソンで2:39'48で走って以来の40分切り。3年以上この気持ちを味わっていなかった。おまけにここ2年間は故障続きで満足な練習も積めず、正直もうダメか、と思ったことが何回もあった。

でも去年の勝田マラソンで40分を切った同年代のライバルの刺激もあり、自分を鼓舞し、自分を信じて諦めずに練習をした甲斐があった。

今回13km付近でペースが落ち、一瞬「もうダメかな」という、かなりネガティブな気持ちになったが、後半持ち直すことができた。マラソンでよく前半脚が重くても、後半に元気になると言うことを聞くが、今回はまさにそんな感じでだった。何回走っても、マラソンってまだまだ未経験のことがたくさんあります。


更衣を済ませて、競技場の外に出ると、なんと従兄弟夫婦と入り口付近遭遇。特急の出発時間のこともあり、短時間だったが、応援のお礼を述べ、
話をすることができました。一番しんどいところでの声援は、本当に助かりました。今回のコース変更で、従兄弟の住んでいるマンションの前を通ることになったそうで、ボクの父からボクの出走の情報を知り、応援に来てくれたそうだ。久しぶりこんなタイミングで会うことができるなんて、人との邂逅って不思議なものだと痛感。


その後、毎年恒例のふぐ雑炊もいただき、競技場を後にしました。

Img_

5回目の2時間40分切り。別大のコースベストと自分自身のセカンドベストのおまけ付き。46歳と2ヶ月での2時間40分切り。福岡国際マラソンへの出場権再取得。ボクにとっていろんな意味で思い出に残る大会となりました。

« 第65回 別府大分毎日マラソン 結果速報 | トップページ | 第65回 別府大分毎日マラソンへの取り組み(マラソン練習の一試案として) »

マラソン結果」カテゴリの記事

コメント

御無沙汰しております。
まんちーこと野村です。

ブログはちょくちょく拝見させて頂いておりますが、
初のコメントを入れさせて頂きます。

まずはサブ40おめでとうございます。
お疲れ様でした。
そしてお帰りなさい。

防府を終わられてからの年末年始、ハードな練習を積まれたことでしょう。

去年の福岡は、控室のあそこにミヤーンさんいたのにな~。
っと寂しさがありました。
今年の12月。
福岡の控室の片隅で本を読んで集中している姿を拝見させて頂きます。

また共走して下さい。
よろしくお願いいたします。

いやー、レース中の一秒を争う攻防、ゴール後の喜びが手に取るようにわかります。ちょうど1年前に同じ境遇やったので 笑
行けるんじゃないか?というワクワク感と、少しでも落ちたら大台を割ってしまう恐怖感との共存。
もう達成できないんじゃないか?という自分に対する半信半疑の思い。
前回達成から長かった分、ゴール後の押し寄せてくる感動。
そして、昨日、今日と、おそらく私服感に浸っている事と思います 笑

それにしても、前半かなり苦戦した模様ですが、10kmまでにそれだけバタバタして、良く立て直せましたね!自分やったら完全にアウトの展開ですわ。
それと、餅は興味あります。前日、当日とどのくらい食べますか?自分は当日はオニギリなんで、とても関心があります。

まんちーさん

御無沙汰しております。そして、初コメントありがとうございます。
言い忘れておりましたが、昨年の池田猪名川マラソンの声かけありがとうございました。
まんちーさんは10kmを走られたと思うのですが、ボクは親子ペアが終わり、子どもの野球があったので速攻帰らせていただきました。まんちーさんの雄姿を拝見したかったのですが・・・・。

まんちーさんの活躍は目覚ましいものがありますね!今年は福岡で是非お会いしましょう。
多分尼崎NRでお会いできると思いますが・・・・。その時はよろしくお願い致します。

ユニオンさん

ご指摘の通り、前半はネガティブで不安な気持ちの走りでした。でも、どこでどうなるか分りませんですね。このような形で後半持ち直したのは初体験です。

そして、餅の件ですが、当日の朝飯はおにぎり3つにしています。そのうち2つは赤飯のもち米系です。
その3つのおにぎりに安倍川もちの小3つ。2時間前に安倍川もちの小3つを食べていました。
この安倍川もちはスーパー西友にしか置いていなくて、マラソンの前に近所の西友に買いに行きます。
かつて大福やみたらしを食べていた時期もありましが、餡子や蜜を取り過ぎると血糖値が上がり過ぎてエネルギー的にあまりよくない、というのをどこかで読んで以来、シンプルなもち米の安倍川もちにしています。

今回はビーコンで餡もちを購入したので、夜飯の時に1つ。翌朝のレース4時間前に1つ。従来のエネルギー補給にプラスαしました。

これも本で読んだ情報ですが、おにぎりの炭水化物よりもち米の炭水化物の方がエネルギーは長時間もつようです。

臨場感あふれる完走記!!そして感走記!!!
あきらめない気持ちと、最後まで「まだいける!!」この呪文を唱えることは本当に大切です。
私のマラソン年数と私がミヤーンさんを応援している年数は同じです(笑)
もう5年くらいになると思います。ミヤーン一家の毎年恒例行事からお子さんたちの成長とともに
ミヤーンさんのマラソンに取り組み姿勢や、その時々の状況、いいとき悪いとき、
レースの結果に同じレース参加で声かけ♪ここ1年半くらい少ししんどそうだなぁ・・・
と思いながらもいつもコメントを続け・・・今回の別大の結果は私も涙しました。
本当にうれしいです♪別大当日の朝に私へのコメント返しを入れてくれていました♪
あのコメントがすべてですね。福知山の後に言われてましたもんね。「フルマラソンはスタートラインにたった
時点で結果が出ているのかもしれない。」って。私は自分のレースで涙が出たことがありません。
初サブ4の時でさえうるっとはきましたが涙までは・・・泣くのはいつもこのブログです(笑)
私も泣けるぐらい練習して結果を出したいです。本当におめでとうございました♪

マーチさん

そうですね!年季が入ってきましたね。
そして、マーチさんのコメントに励まされていたんだなぁ~と痛感しております。
この場をお借りしてお礼を申し上げます。
本当に、ありがとうございましたm(_ _)m
これからも、よろしくお願い致します!

マーチさんも、ゴールして涙して下さいよ!

今から年末を楽しみにしております。

若大将さん

年末は福岡の報告といきたいものですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/63855825

この記事へのトラックバック一覧です: 第65回 別府大分毎日マラソン 完(感)走記:

« 第65回 別府大分毎日マラソン 結果速報 | トップページ | 第65回 別府大分毎日マラソンへの取り組み(マラソン練習の一試案として) »