2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月の記事

2016年3月31日 (木)

尼崎NR

昨日は久しぶりに尼崎NRの練習会に参加させていただきました。

アップ中、多くの方とすれ違い挨拶をかわしながら、久しぶりだなぁ~痛感。アップを終わろうとしていた頃、ハム下さんと一緒になり、ハム下さんの意識の高さ、そしてレベルの高さに驚愕しました。

Img_1795

さて、メニューは10000mですが、ボクは5000mで終了予定。一体どこまで走れるか未知数ですが、3'40を切るぐらいかな、と思いながらスタート。


3'31(148)-3'42(163)-3'37(169)-3'38(172)-3'33(176)=18'02(平均心拍数166)


1000~2000で少し弱気になりラップが落ちてしまったのが18分を切れなかった原因か?でも、ラスト1000でペースを上げることができたのは昨シーズンにはできなかったところ。この点は収穫。


昨シーズンのトラックは18分を切ることができなかったので、今シーズンのトラックは17分台を目指したい。まぁ、なんとレベルの低い話ですが・・・・・。


本日の早朝ジョグ9km。

昨晩のNRの疲れがあると思いきや、意外と脚は動いた!暖かくなったせいか?調子が上向いている?

2016年3月26日 (土)

『学力の経済学』 中室牧子』

Photo_4

amazon紹介文より

「ゲームは子どもに悪影響?」
「子どもはほめて育てるべき?」
「勉強させるためにご褒美で釣るのっていけない?」
個人の経験で語られてきた教育に、科学的根拠が決着をつける!

「データ」に基づき教育を経済学的な手法で分析する教育経済学は、「成功する教育・子育て」についてさまざまな貴重な知見を積み上げてきた。そしてその知見は、「教育評論家」や「子育てに成功した親」が個人の経験から述べる主観的な意見よりも、よっぽど価値がある―むしろ、「知っておかないともったいないこと」ですらあるだろう。

本書は、「ゲームが子どもに与える影響」から「少人数学級の効果」まで、
今まで「思い込み」で語られてきた教育の効果を、科学的根拠から解き明かした画期的な一冊である。

各界著名人から絶賛の声多数!

その教育方針が「思い込み」から来るものだったら、わが子を不幸にしてしまう可能性だってある。―乙武洋匡

「一億総なんちゃって教育評論家」社会に叩きつけられた挑戦状。 日本の教育を変える一冊が、ここに!―NPO 法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹

目次
第1章 他人の〝成功体験?はわが子にも活かせるのか?
    - データは個人の経験に勝る
第2章 子どもを〝ご褒美?で釣ってはいけないのか?
    - 科学的根拠に基づく子育て
第3章 〝勉強?は本当にそんなに大切なのか?
    - 人生の成功に重要な非認知能力
第4章 〝少人数学級?には効果があるのか?
    - エビデンスなき日本の教育政策
第5章 〝いい先生?とはどんな先生なのか?
    - 日本の教育に欠けている教員の「質」という概念

続きを読む "『学力の経済学』 中室牧子』" »

2016年3月21日 (月)

ジャガイモの苗植え

今日は次男がお世話になっている野球チームのジャガイモの苗植えに同行させていただきました。どういう経緯かは定かではありませんが、お隣の猪名川町にある畑でジャガイモを植えてきました。

Img_1764

初めに畑の管理人さんからの説明があります。野球少年らしくしっかりと挨拶「お願いします!」

Img_1766

畑に穴を掘り、半分に切ったジャガイモを植えて、土をかぶせて完了!

Img_1769

Img_1773

野球チームの監督さんやコーチの方には子どもたちにほぼボランティア的に接していただき頭の下がる思いです。

野球の練習のほか、今日のように色々な体験をさせていただいています。多分、野球以外にも様々な事を学ぶことでしょう。


午前中はジャガイモの苗植えをして、午後は野球の練習。5時過ぎに帰宅しましたが、疲れ果てていました。



本日の早朝ジョグ8km。

なかなか、調子が上向いてこない・・・・・。

2016年3月20日 (日)

『白砂』 鏑木蓮

Photo_3

amazon紹介文より

大学を目指し、働きながら予備校に通う20歳の女性、高村小夜が一人暮らしのアパートで何者かによって殺害された。下谷署の目黒は相棒・山名と一緒に捜査にあたる。小夜のアパートには頻繁に出入りする中年男性の姿が目撃されており、口座には何回かにわけた計100万近くの振込があることから援助交際の相手かとも推察された。しかし、対象者の性格、心の動きに捜査の主眼を置く目黒は、小夜の身辺を調べるにつれ、そのいまどきの若者には珍しい清廉潔白な有りようと性的なにおいを結びつけられずにいた。そこに、小夜が趣味としていた短歌でとある賞を受賞した、その記念パーティーの席上で、小夜に接近した男性の存在が浮上。鍵は小夜が歌に詠んだ故郷にあるとして、目黒と山名は京都府の山村に急行した。小夜は父母をすでに亡くしていたが、父方の祖母が存命だった。しかし、祖母は現地の駐在を前にしても、頑なに小夜の存在を否定する。過去にこの村でなにかがあったのだ。小夜に近づいていた男とこの山村の関係は? その男が殺したのか? 殺害現場に唯一残されていた装飾品のペンダントは、遺骨を中に混ぜた、メモリアルオブジェクトだった。その特殊な残留品からも、真相へつながる糸をたぐっていく。

続きを読む "『白砂』 鏑木蓮" »

2016年3月19日 (土)

春ですね・・・・

気温も暖かくなり、春らしくなってきました。この春らしさに伴うのが強風・・・・。走る時にテンションが下がりますね。



さて、我が家は3月11日(金)に次女の中学卒業式。そして翌日の公立高校入試。仕事も何かと忙しい毎日でした。

個人的にこの日程どうにかならないのか?と思うのですが、ハラハラ、ドキドキで慌ただしい1週間を過ごしていました。おかげで、ブログの更新する余裕もありませんでした。



そして本日は公立高校の合格発表の日でした。さて、わが娘の結果は・・・・・

続きを読む "春ですね・・・・" »

2016年3月 9日 (水)

『いまどきの子のやる気に火をつけるメンタルトレーニング』 飯山 晄朗

Photo_2

amazon紹介文より

2014年夏の石川県大会決勝。
0対8という圧倒的ビハインドで迎えた最終回で、球史に残る大逆転劇が生まれた!
苦境に負けない強い心をつくったメンタルトレーニングの秘密とは?

高校野球のメンタルコーチや、大学の非常勤講師、企業の新人研修などで数多くの「さとり世代」と接し、数々の実績を上げている著者が教える、「さとり世代」の若者を動かすコミュニケーション術。

「なぜできないんだ?」ではなく「なにが原因だ?」と聞く
「気合いを入れろ! 」ではなく「笑顔で行こう! 」と言う
「反省しろ」ではなく「気持ちを切り替えろ」と言う
などなど、今日から使える「さとり世代の動かし方」が満載!

さとり世代の部下を持つ上司、さとり世代の子を持つ親や教師は必読です。

続きを読む "『いまどきの子のやる気に火をつけるメンタルトレーニング』 飯山 晄朗" »

2016年3月 7日 (月)

第36回 篠山ABCマラソン 結果

Photo

昨年は雨のためDNSだった篠山マラソン。週間天気予報では雨だったが何とか降らずに耐えてくれた。

しかし、気温は18度、時折強烈な南風が吹く気象条件で、序盤に気持ちは萎えてしまっていた。

気象条件が悪かったのもさることながら、次男が先々週にインフルエンザにかかってからボクも風邪の症状が先週から出ていた。

こういう時は悪循環に陥るもので、体調回復のために積極的に食べる→体重増。調整と体調回復のために練習量を減らす→体重増。

こうなるとテンションは下がる一方である。この1週間で篠山のレースの結果はもう見えていたようなものだった。直前に「やるぞ!」という気持ちが沸々と出てこず、体調もすぐれないままレース当日を迎えることとなった。


でも一縷の望みを託してスタート。始めの1kmは3'45。抑え気味で走っているつもりだがやはり風が気になる。

結局、10kmから追い風の恩恵を被ることなく、序盤で撃沈。15km以降はとりあえず走っているだけの状態で本当に長い42.195kmだった。

追い風の時は身体に熱がこもって暑さを感じたが、もしかして風邪で熱が出ている状態だったのかもしれない。


05km=18'56
10km=19'10
15km=20'05
20km=20'32
25km=20'34
30km=20'41
35km=21'53
40km=21'59
ラスト =10'07

2:54’03


今シーズンはフルマラソンを5レース走ったが、ワースト。

10月の大阪=2:49'13、11月の福知山=2:47'48、12月の防府=2:46'00、2月の別大=2:39'08。


心の中では50分は普通にやっていたらいつでも切れると思っていたが、マラソンは「ごまかし」が利かないスポーツ。「練習」「体調管理」「気象条件(これは運だが)」「気持ち」その4つがしっかりとしていないとだめですね。

まぁ、今回の結果はほぼスタートラインに着いたときからほぼ予測していたことですが・・・・・。


とりあえず、少し休んで春から始めるスピード練習に向けて一段ずつ、ステップアップしていきたいと思います。


ヘロヘロになって走っている中、沿道で多くの方から激励の言葉をいただきました。この場を借りましてお礼申し上げます。ありがとうございました。


本日の早朝ジョグ5km。

昨日の後半は事実上ジョグ状態だったので脚にはそれほどダメージはなし。ただ、まだ、咳が出て痰がからむのがつらいところ。

2016年3月 6日 (日)

第36回 篠山ABCマラソン 結果速報

高温?強風の篠山で撃沈してきました。

               2:54’03・・・・・。

沿道で声をかけて下さった方々、ありがとうございました!

今日は疲れました。というより、しんどいです。

詳細は明日以降に・・・・・。

2016年3月 1日 (火)

『リカーシブル』 米澤穂信

Photo

amazon紹介文より

青春の痛ましさを描いた名作『ボトルネック』の感動ふたたび! この町はどこかおかしい。父が失踪し、母の故郷に引越してきた姉ハルカと弟サトル。弟は急に予知能力を発揮し始め、姉は「タマナヒメ」なる伝説上の女が、この町に実在することを知る――。血の繋がらない姉と弟が、ほろ苦い家族の過去を乗り越えて田舎町のミステリーに迫る。著者2年ぶりとなる待望の長編登場。

続きを読む "『リカーシブル』 米澤穂信" »

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »