2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 少年野球 | トップページ | 『君と会えたから』 喜多川泰 »

2016年9月19日 (月)

第16回 歴史街道丹後ウルトラマラソン

今シーズン、第1戦目。例年通り60kmを走ってきた。

この大会は、夏場の走りこみの成果を確認する大会。過去は4:30を切っていた時もありましたが、ここ最近は、年齢の衰えかさっぱり・・・・。2年前は5時間をオーバー。昨年は何とか4:53で5時間以内で走り終えたものの、まだまだ納得のいかないここ数年。

一方、今夏はそれなりに走りこみはできた。この大会を迎えるにあたって、ワクワク感60%、終盤の撃沈の恐怖感40%の気持ちで臨めた。


レース展開は、序盤からスピードは上がらず4'30/1kmを維持するものの、それ以上ペースアップは後半の撃沈を考えると身体が拒否する。

序盤の走りの感覚から、レースプランを①このペースをどこまで維持することができ、後半の撃沈をさけることできるか?そのために七竜峠越えの登りは心拍数を150前半で押さえる。下りは調子に乗って飛ばさない。②如何に省エネ走法を意識して走ることができるか?以上2点に絞って走ることにした。

早朝に川西を出発する時は大雨だったが、丹後半島に入ってからは心配していた雨も奇跡的に止み、雨に降られたのはラスト3kmぐらい。気温もそれほど高くなく、曇りでコンディション的にはいい部類だったと思う。



5km=22'18(140)
10km=22'47(143)
15km=22'56(147)
20km=23'08(136)
25km=22'39(141)
30km=23'12(145)
35km=24'17(145)
40km=22'50(149)
45km=24'15(150)
50km=25'06(142)
55km=24'57(152)
60km=24'17(149)

4:43’03(平均心拍数146)



今年は後半の落ち込みを最小限に抑えることができたと思う。撃沈モードに入ったのがラスト3km。脚が動かなくなったものの、あと3Kだとなんとか気力で走れるもの。5'00/1㎞を維持することだけを考えて重たい脚を前に出し、ゴールを目指した。

結果的には昨年より、10分短縮。撃沈の地獄を見るのも最小限にとどめることができた。贅沢を言い出したらきりがないが、現状自分の年齢と走力を鑑みると合格点かな、と思う。

やはり、前半抑え気味に入ったこととエイドでしっかりエネルギーを取ったことが良かったのかもしれない。

雨が降ってくる中、ボランティアの皆様方、お世話になりありがとうございました。


本日の早朝ジョグ5km。

レースのダメージチェック。左臀部がよー張ってる・・・・。

« 少年野球 | トップページ | 『君と会えたから』 喜多川泰 »

マラソン結果」カテゴリの記事

コメント

いばらくパソコンを開けず・・・気づけばブログがたくさん更新されていました。
60Kこの暑さの中・・・・去年70Kを5月に完走できず、それからフルマラソン以上の距離には
拒否反応が・・・(笑)

私は夏も順調に練習ができ、目立った故障もなくいい感じだったのに・・・9月半ばにメニエルになりました。右耳の耳閉・耳鳴り・めまい・・・・めまいはメニエル特有の回転性ではなくフワフワ乗り物酔い
的な感じですが。それに伴い頭痛と・・・・2カ月にもわたる研修と職場がいまだかつてない
人不足なのと、忙しいのと夏の疲れなどからくるものかな・・・と推測され・・・・
40歳を超えると、足の故障以外に病気なんかでかかることを実感しています・・・
今はなんとかめまいなどはましになり、走ってはいますが。大阪マラソンまでにもう少しましになって欲しいのですが・・・。まぁ今のままでも走れますが。

マーチさん

お久しぶりですね!たいして更新していませんが、ボチボチやっています。

ボクの妻もメニエルです。随分前からですが、最近どうなっているのやら??
ストレス?多忙?色んな原因が言われていますが、お大事にして下さいね。
大阪マラソンも迫っていることですし、くれぐれも無理をなさらずに!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/67565722

この記事へのトラックバック一覧です: 第16回 歴史街道丹後ウルトラマラソン:

« 少年野球 | トップページ | 『君と会えたから』 喜多川泰 »