2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 第26回 福知山マラソン 結果速報 | トップページ | 近畿高校駅伝 »

2016年11月24日 (木)

第26回 福知山マラソン 完走記

昨年に引き続き晩秋の福知山を走ってきました。晩秋とは暦の上だけで、気温は8℃、北風が5mと真冬並みの気候。 昨年と同様35分前に整列場所に行き、前から3列目をの場所を確保。しかし待ってる間も寒い・・・・身体が冷える。ふるえながらスタートの号砲を待つこと30分。

始めの1kmは3'35。下り坂だが、昨年のようなスピード感がない。身体が重たく、次々に後続ランナーに抜かれていく。とりあえず流れに任せて走ることにするが5kmのラップが18'59と黄色信号が点滅。
8kmぐらいから由良川沿いを走るが、ここからは向かい風が待っていた。これは想定していたことだが、やはりペースは落ちている。2~3人の集団で4'00/1kmのペースを刻んでいく。しかし身体が温まらない。おまけに15kmぐらいから雨が降ってきた。スタート地点で寒さ対策のために着ていたビニール袋は依然としてつけたままだが、この状態では脱げない。発汗で少し蒸れており、脱ぎたい衝動にかられるが、ここで脱いだら寒さと雨でえらいことになると思い我慢して走る。結局、40km手前のエイドまで着ていた。アームウォーマーはしていたもののランシャツで走ったのは失敗だったか!?この気候は真冬のレースととらえるべきだった。
とりあえず24.5kmの折り返しまではこのペースで粘り、折り返してからは追い風の恩恵でペースアップをしようと考えていた。しかし、「マラソンあるある」で折り返してもあまり追い風を受ける感覚がない。あれほど強烈な向かい風だったのに・・・・。おまけにずっと付いていた集団からもはぐれてしまい、単独走に・・・・。
もうこうなると落ちるのもあっというまで30km以降ズルズルと落ちていった。本当に惨めなほど・・・・。自分では気持ちを切り替えて「40kmのペース走」のつもりで!4'00/1kmを維持する練習だ!と脳に言い聞かせるもののやはり身体は動かず。惨敗のレースでした。


18'59(115)
19'16(163)
20'01(152)
19'45(141)
19'53(132)
20'41(144)
21'20(129)
22'00(132)
10'39(145)

2:52’35(平均心拍数145)


惨敗の理由は気象条件など色々挙げる事ができるが、この条件でもしっかりと結果を出されている人もいるわけで、なんやかんや言っても自分の力が足りなかっただけ。


大阪でそこそこ走れて、練習も良いか感じできたのでこの福知山を「ステップ」にして、防府につなげるつもりだったのに、マラソンも人生思い通りに行かないものですね。
会場で「ステップ」がバーゲンを開催しており興味があったがスルー。今回の福知山でボクには「ステップ」には縁がなかったということです。
 

« 第26回 福知山マラソン 結果速報 | トップページ | 近畿高校駅伝 »

マラソン結果」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
私も結果から言うと、3:50切はおろか、
サブ4死守で精一杯でした(^_^;)
グロスで3:58:36。3年連続福知山はサブ4ですが、初サブ4の記録を2年経っても越えられない。でもミヤーンさんとハイタッチできて、ものすごく嬉しかったです♪サブ3ランナーとのハイタッチは初めてで、スピードがあるとこんなにハイタッチが違うのか!と(笑)
私も向かい風が後半の苦しいときに追い風で助けてくれると思いきや…風が止まり雨になったり、晴れたかと思うと、横から風がきたり(笑)
でも、皮下脂肪を蓄えてる私は昨日の気温と雨で問題なかったんです。快調に34キロまで走り、足が止まりました(笑)思い通りにならないですね。あんなに頑張ったのに、体調も良く、故障もないのに、結果が出せない。
篠山まで、LT 上ゲに励みます。

マーチさん

ハイタッチ成功しましたね!去年のこともあるのでだいたいの予測をつけて走っていました。ミッションが成功しましたのでホッとしています。

とりあえず、サブ4は死守したということで、次に向けて練習をしていきましょう。
あの日の天候は仕方がないでしょう、と前向きにボクはとらえています。
今シーズンまだ続きますので、どこかのレースで乾坤一擲の走りをもくろんでいます。

福知山お疲れ様でした。
まずは気象条件がかなり悪かったようですね。11月下旬という季節感に騙されたらダメですよ(笑)その条件なら真冬以下だったのでは?

しかし、最初の5kmの黄信号(私は19'20で赤信号)といい、終盤体が全く言う事を聞かない状況といい、私の水戸と酷似してます。私はつくばでもそうでしたが、後半ごぼう抜きされるのは歯がゆいの一言に尽きますよね。でも、どうにもならない!

これからの防府を考えると、失望感や焦りがあると思いますが、立て直し能力が極めて高いミヤーンさんの事なので、きっちり防府、別大には仕上げてくると思います。

私も焦っております。もしかして、自分はもう"done"かな?とも考えてしまいますよ(笑)

ユニオンさん

いやぁ~福知山は参りました。確かに走っていて真冬以下の体感でした。いきなり寒くなったので身体も慣れていなかったようです。実はユニオンさんの水戸と同じく「小」を我慢するのもきつかったです。10kmぐらいから尿意との闘いでした。

ユニオンさんの場合は「水戸」で悪くて、「つくば」で上がり調子ですが、ボクの場合はユニオンさんと逆の状況なので「防府」は???。
まぁ、今回の福知山はいい練習と経験だと考えて、次を見据えています。

お互いもう少しdoneは先送りにしましょう!昨年の防府はスタート直後に一瞬並走しましたが、ついて行くことができませんでした。今年はもう少しお付き合い願いますよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/68567536

この記事へのトラックバック一覧です: 第26回 福知山マラソン 完走記:

« 第26回 福知山マラソン 結果速報 | トップページ | 近畿高校駅伝 »