2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月の記事

2016年11月30日 (水)

『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊

Photo_2

amazon

東城大学医学部付属病院では、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門チーム「チーム・バチスタ」を作り、次々に成功を収めていた。ところが今、三例続けて術中死が発生している。しかも次は、海外からのゲリラ少年兵士が患者ということもあり、マスコミの注目を集めている。そこで内部調査の役目を押し付けられたのが、神経内科教室の万年講師で、不定愁訴外来責任者・田口と、厚生労働省の変人役人・白鳥だった……。

(バチスタ手術とは)
バチスタ手術は、学術的な正式名称を「左心室縮小形成術」という。一般的には、正式名称より創始者R・バチスタ博士の名を冠した俗称の方が通りがよい。拡張型心筋症に対する手術術式である。肥大した心臓を切り取り小さく作り直すという、単純な発想による大胆な手術。(本書より)

続きを読む "『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊" »

2016年11月27日 (日)

近畿高校駅伝

今日は妻の実家の能勢で近畿高校駅伝が行われた。天気予報通り、昨晩からの雨は止まず、あいにくコンディション。選手にはいいコンディションで走ってほしかったなぁ~。

P1230096

妻の実家の前を選手は走るが、第4中継所が妻の実家から歩いて4分ぐらいの所にあるので、第4中継所で応援することにした。

P1230102

もちろん応援というのは、以前にエントリーしたようにボクの母校が初出場するからだ。ボクと妻と次女・長男・次男での応援。長女は今日は模試。高校3年は大変だ。

中継所に行くまでに、母校のジャージ姿の2人を発見。民家の庇に待機させていただいているようでした。「母校の卒業生」だと声をかける。

P1230098

中継所に行き、付き添ういの生徒にも声をかけた。さすがに5区を走る選手には直前なので声をかけるのを遠慮したのだが、付き添いの選手から教えてもらったようでわざわざ挨拶にきてくれた。コースに入る直前にコースに一礼して入る姿もあり非常に好感のもてる高校生だった。だから結果を残せたのだろう。

各校の生徒のアップの姿を観て、緊張感を感じる。そしてどの生徒も走りかたが軽いですね!


さて、中継所の1位は須磨学園。

P1230108

そして、2位は西脇工業。少し差が開いているがベストオーダーではないのかなぁ?

P1230116

3位は報徳学園。流石、「駅伝王国」の兵庫!

P1230121


そして、母校のゼッケン番号がコールされた。

P1230126 

22位ぐらいか?さわやかにタスキをつなぐ!

P1230136

懸命な姿に胸を打たれた。

P1230159

その後、実家の前から応援。6区を走る選手。


結果は23位だったが、生徒にとっては一生の思い出とったことでしょう!後輩の走りにボクも元気をもらいました。母校の皆さん雨の中見事な走りでした!お疲れさまでした。


本日の早朝ジョグ6km。福知山のあとふくらはぎの筋肉痛がまだ取れない。よほどふくらはぎを使った悪い走りをしていたのだろう。ふくらはぎを使って走ってはダメなのに・・・・。

2016年11月24日 (木)

第26回 福知山マラソン 完走記

昨年に引き続き晩秋の福知山を走ってきました。晩秋とは暦の上だけで、気温は8℃、北風が5mと真冬並みの気候。 昨年と同様35分前に整列場所に行き、前から3列目をの場所を確保。しかし待ってる間も寒い・・・・身体が冷える。ふるえながらスタートの号砲を待つこと30分。

始めの1kmは3'35。下り坂だが、昨年のようなスピード感がない。身体が重たく、次々に後続ランナーに抜かれていく。とりあえず流れに任せて走ることにするが5kmのラップが18'59と黄色信号が点滅。
8kmぐらいから由良川沿いを走るが、ここからは向かい風が待っていた。これは想定していたことだが、やはりペースは落ちている。2~3人の集団で4'00/1kmのペースを刻んでいく。しかし身体が温まらない。おまけに15kmぐらいから雨が降ってきた。スタート地点で寒さ対策のために着ていたビニール袋は依然としてつけたままだが、この状態では脱げない。発汗で少し蒸れており、脱ぎたい衝動にかられるが、ここで脱いだら寒さと雨でえらいことになると思い我慢して走る。結局、40km手前のエイドまで着ていた。アームウォーマーはしていたもののランシャツで走ったのは失敗だったか!?この気候は真冬のレースととらえるべきだった。
とりあえず24.5kmの折り返しまではこのペースで粘り、折り返してからは追い風の恩恵でペースアップをしようと考えていた。しかし、「マラソンあるある」で折り返してもあまり追い風を受ける感覚がない。あれほど強烈な向かい風だったのに・・・・。おまけにずっと付いていた集団からもはぐれてしまい、単独走に・・・・。
もうこうなると落ちるのもあっというまで30km以降ズルズルと落ちていった。本当に惨めなほど・・・・。自分では気持ちを切り替えて「40kmのペース走」のつもりで!4'00/1kmを維持する練習だ!と脳に言い聞かせるもののやはり身体は動かず。惨敗のレースでした。


18'59(115)
19'16(163)
20'01(152)
19'45(141)
19'53(132)
20'41(144)
21'20(129)
22'00(132)
10'39(145)

2:52’35(平均心拍数145)


惨敗の理由は気象条件など色々挙げる事ができるが、この条件でもしっかりと結果を出されている人もいるわけで、なんやかんや言っても自分の力が足りなかっただけ。


大阪でそこそこ走れて、練習も良いか感じできたのでこの福知山を「ステップ」にして、防府につなげるつもりだったのに、マラソンも人生思い通りに行かないものですね。
会場で「ステップ」がバーゲンを開催しており興味があったがスルー。今回の福知山でボクには「ステップ」には縁がなかったということです。
 

2016年11月23日 (水)

第26回 福知山マラソン 結果速報

今年も昨年に引き続き晩秋の福知山を走ってきました。
 
結果は2時間52分35秒という不甲斐ない走りでした。
 

帰宅は娘の試合会場に寄って、お迎えをして5時半頃。
妻も仕事から帰ってきて、疲れたということで、「餃子の王将」へ外食。
ボクも疲労困憊です。タイムは大阪マラソンより随分悪いですが、大阪以上に体のダメージはあります。感想は後日に。

2016年11月20日 (日)

第35回 川西一庫ダム周遊マラソン大会

毎年恒例の地元の大会に今年も参加させていただきました。

過去10回参加。すべてハーフを走っているのですが、今年は初めて5kmにエントリー。ゼッケン番号は「1111」。こんな珍しいナンバーは初。

3日後の11月23日に福知山マラソンを走るので、その調整を兼ねて5kmで遠慮することにした。さすがにハーフを走って3日後にフルを走るほどボクはタフではありません。

初めて走るのでどれぐらいで走れるか皆目見当もつかず。コースはアップダウンが少しあるのだが果たして・・・・。

そして懸念事項が一つ。大阪マラソン前から奥歯が痛く、大阪マラソンが終わってから、歯科へ行った。いつもお世話になっている歯科は込んでいるので、これを機会に浮気。最近できたところへいった。

さすがにこちらは融通がきき、すぐに診てもらえたのだが、原因が分らず。膿も溜まってないし、虫歯もないし、神経も抜いているし・・・・。マラソンで疲れたのと違いますが、ということでしばらく様子を見ることに。

でも一向に痛みが引かず、再度行って、詰め物削ってもらったりしたのだが痛い。普通にしてたら痛くないのだが、かむと痛い。そしたら、一昨日の夜から歯がグラグラする。詰め物を支えているところだ。早速、昨日の朝に歯科に電話をして受診すると「歯が折れていますね」とのこと。折れた部分は詰め物にくっついていたが、それが動いて歯茎に当たっていたようだ。レントゲンでは折れている場所が非常に小さく解りにくかったようだ。詰め物を削った結果、折れている歯が大きくぐらついたようだ。

結局、その折れた部分を取ってもらい、とりあえず応急処置。折れた部分を取り除く際に麻酔をしたので、その日の夕方までは食事もまともに取れずにボーと過ごす。

その甲斐あって今日は痛みが無くなった。本当に健康のありがたさを痛感したこの数週間だった。特に歯は!!噛めなくなると食べるのに不自由するのがつらい。歯が痛くなるなんて、大学生以来、二十数年ぶりのことだった。

ちなみに折れた原因は自覚している。よくおやつ代わりにボクは「煮干し」を食べる(かむ)のだが、かたい「煮干し」かんだ時に折れたんだと思う。カルシウム不足を補うために食べていたのに、それが裏目に出てしまった。こういうのをなんというのかなぁ?飼い犬に手をかまれる?いや、違うな・・・・。


長々と書きましたが、要するに、麻酔が何か影響するかな、と少し不安なわけでした。



さて、結果は3'23(125)-3'38(170)-3'17(173)-3'42(174)-3'34(177)=17’35(167)

P1320279_2

初めの1kmで3'23。流石にこれは速すぎかと思い、自重。高校生女子トップについて行くつもりが、少し差が開いた。

3km、4kmの距離は少しおかしいか?最後は3日後のマラソンのことがよぎったか?思ったより追い込め切れず。

まぁ、ボクのスピード能力からしたら、アップダウンのコースのことも考えて上出来の部類でしょう。あとは2日間でしっかり疲れを抜いて、福知山に臨みたい。


流石に地元の大会だけあって多くの知り合いの方と出会うことができました。小・中・高校の同級生。妻の実家のご近所さんの娘さん。彼女は川西親善大使で表彰式のプレゼンテーターをしていた。表彰式で声を掛けられても、一瞬、化粧の影響で気付かず。綺麗になっていたので握手してもらった。(ただのオヤジ?)ボクのランニングの師匠の大将も元気に走られていた。

本日走られた皆様、お疲れさまでした。補助員、大会役員、ボランティアの方々ありがとうございました。

本日の戦利品。2位の副賞。 神戸風月堂の詰め合わせ。

P1320280_2

2016年11月13日 (日)

Morozoff

先日は我が家の結婚記念日だった。高校3年生の長女は受験生だというのにもかかわらず、プレゼントを用意してくれた。本当に心根の優しい子だ。

さて、そのプレゼントがMorozoffのプリン。妻はプリンが好物なのだ。

Moro

食後です。さて、このグラス何に使おうかな!?


久々に食べたMorozoffのプリン。とても美味しくいただいたが、食べていて懐かしい思い出が蘇ってきた。もう40年近く前の記憶だ。

もう母が亡くなって随分経つが、母は料理がうまく何でも自分で作る人だった。ドーナツ、おはぎ、大学いも、茶わん蒸し、お節料理・・・・・。今の世出来合いのモノがあふれる時代から考えると、すごい人だったなぁ~としみじみ思う。

そしてプリンも手作りだった。この手作りのプリンはボクの大好物の一つだったが、このプリンの味がMorozoffのプリン味に酷似しているのだ。Morozoffのプリンは非常にいい卵をふんだんに使っているとのことだが、そのあたりに共通点があるのかもしれない。Morozoffのプリンを食べてふと懐かしい思い出に耽ってしまった。


本日のラン。午前中に15㎞のPRを実施。レースペースの3'48/1kmを目標に走るが、初めの1㎞が3'36。突っ込みすぎた・・・・。インターバルじゃないんだから、とひとりごちながらも2㎞以降想定以上のペースで走ることができた。いい感じかな。

15㎞=56'32(平均心拍数150)。気温も暑くなく、寒くなく、風も微風。良いコンディションだった。

2016年11月 6日 (日)

母校の快挙

今日は次男の野球のの試合が朝からあったので、あまり走る時間もとれず、朝早くから猪名川の河川敷へ車で送迎をする。

一試合目を観て、10時過ぎにプレーボール。

Img_2295

子どもたちの、元気な挨拶で始まった。今日の次男は6番・レフト。昨日の試合は一本ヒット(?)が出たらしいが・・・・。

今日はどうなるかなぁ?と考えていて、ふと思い出した。今日は兵庫県の高校駅伝県大会が篠山で行われる。確かラジオで中継されるはずだ。ボクの知ってる子も出ているので、少々不謹慎ながら、野球の観戦をしながら左耳にラジオのイヤホンをつけて駅伝の中継を聴く。

西脇がアベック優勝。男子は昨年のリベンジ。女子は3連覇で新しい西脇時代の到来を感じさせる結果となった。勝負は男女ともアンカー勝負。ラジオの中継を聴いていても好レースだったようだ。

そして、中継の最後の結果のアナウンスで朗報が。ボクの母校の男子が近畿大会出場を決めたのだ。創立以来初の近畿出場。兵庫県は長距離のレベルが高いので、近畿に出るだけでも大変なこと。まさに快挙!今年の近畿大会は妻の実家の能勢で開催される。おまけにコースは実家の前。是非応援に行きたいものだ。ちなみにボクは陸上部のOBではありません・・・・。


一方、次男の野球の結果はセカンドゴロとセカンドライナー・・・・。こちらは上手く行きません。

Img_2302

本日の早朝ジョグ8km。

2016年11月 2日 (水)

篠山マラソンエントリー

大阪マラソンの余韻に浸る間もなく、11月1日は篠山マラソンのエントリー開始日。篠山マラソンは抽選ではなく、先着順なのでエントリー開始の20:00からクリック合戦が始まる。

ここまでは例年通りだが、今年は職場の若手3人が「一度マラソンを経験したい、篠山マラソンを走ります」と言ってた。「じゃあ、一緒に行こか。歩けなくなっても連れて帰ったるわ」と話していた。

さて、20:00。なかなかパソコンがランネットにつながらない。「待ち時間」の30秒のカウンターが延々と続く。10分たっても、20分たってもつながらない。パソコンの速度が遅いから?OSがVistだから?だんだん焦ってきた。若手がエントリーできて、ボクが走れなかったらシャレにならないぞ。冷や汗が・・・・。次男が「風呂に入ろう」と言うがそれどころではない。

ようやく20:30前になってやっとつながり、まだ定員にも達しておらず、無事エントリーすることができた。

翌日、職場に行くと若手3人も無事エントリーできたようだ。さぁ、楽しい篠山マラソンになりそうだ!?


本日の早朝ジョグ8km。疲労は抜けつつある中で、親指の爪が一番痛い・・・・。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »