2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

« 2018年6月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月の記事

2018年8月31日 (金)

鎖骨骨折 手術後7日目

やはり、昨晩も寝付きは悪かった。あらかじめロキソニンを飲んだものの、横になると違和感から疼きに近いものを感じ始める。一応眠りに落ちるものの、4時ごろにロキソニンの効果がなくなったのか、うずうずしてきて、再びロキソニンを服用。

昨日は久々の職場とそこそこ通勤で歩いたので身体の疲れはあるが、それが手術した場所に悪い影響(炎症など)を与えたのかな?意識的に肩周辺を軽く動かすような「リハビリ」を始めたが、この疲れが出たのか?よくTVなどでリハビリのシーンで患者さんが苦しそうな動きをしているのを見るが、手術をした跡はほんの少し肩を動かすだけでも筋肉が悲鳴をあげる感じだ。後退している気はしないが、前進している感じもあまりない・・・・・。

右肩をさわってみたが、患部一部は痺れているような感じがする。大丈夫かなぁ?皮膚を切っているのだから当然かもしれないが、色々考えてしまいますね。

スッと眠りに落ちないのと、変な夢を何回も見てしまう。なかなか、熟睡とまではいきませんわ。

今日は突然の雷雨などがあり、仕事が休みだった妻に送迎をしてもらいましたので昨日ほど体力は消耗せず。しかし職場でたくさん会議があり、昨日とは別の意味で疲れました。これぐらいで疲れていては来週からどうなることやら・・・・。週末の土日で2・3歩は快方に向かって前進して欲しい。

一応、週明けから肩を水平以上に上げずに、ボクの仕事(?)をやる目途がついたような????。まぁ、実際にやってみなければ分からないが、ボチボチやっていこう!

2018年8月30日 (木)

鎖骨骨折 手術後6日目

自宅のベッドはホッとするが、身体を横たえると手術跡と肋骨がうずく。昼間起きているときは気にならないが身体を横たえたとたんにうずきだす。ケガの場所にかかる重力の関係か?寝た時にかかる圧力の影響か?根本的な痛みか?とりあえずあまりにも寝れなかったので、12時前にロキソニンを服用した。しばらくすると寝つけたが、これが続くと厄介だなぁ。

起床は普段朝走っている時よりも遅め、家を出るのは30分ほど早めに出てバスに乗って、下車してから20分ほど歩いて勤務場所へ到着。20分の歩きは考えようによっては今の自分にはいい運動かな?よく考えたら、先週のこの時間ぐらいに事故をしていたんだ・・・・・。

事故後初出勤。もちろん久々の出勤になります。とりあえず管理職と一部の人には事故のことは報告していますが、果たしてどれだけの人が知っているのか?少しドキドキしながら出勤。

出勤して、まず管理職に今回の件を報告し、今回の件で作成する書類の説明をうける。一応、労災で扱ってえるようです。

そして、骨折したことはほぼ職場には知れ渡っていた。外観はほとんど無傷なのでごまかせるが、いろんな所から情報が漏れていた。まぁ、仕方がないんですけどね・・・・・。

午前中は、今回の事故の処理や書類作りで終わり、本格的に業務を開始できたのは昼からでした。なかなか集中できなく、雑談などもしつつあっという間に1日が終わってしまいました。

帰宅もバスがの本数が少なく、随分時間のロスをしてクタクタになって帰宅しました。この疲れが、いい睡眠を導いてくれたらいいのですが。

昨日のこともあるので就寝前にロキソニンを服用する。

2018年8月29日 (水)

鎖骨骨折 手術後5日目

やはり、病院より自分のベッドの方がよく寝れました。爆睡とまではいきませんが、病院よりもましです。夜中に3回ほど目覚め、しばし手術跡が気になりましたが・・・・・。

仕事は今日まで年休をいただいて、明日より出勤予定です。今までは車やバイクでずっと通勤していました。しかし、今回の事故をきっかけに当分公共機関での通勤にしようと思い、バスの通勤定期(ハニカ)を購入しに行きました。

自宅から2㎞ほど離れているバスの営業所まで歩いて行き、手続きをしてきました。午前中でゆっくり歩いたものの、やはり汗は出ますね。生きている証拠です。自宅から往復で30分ほど歩きました。少しランニングの腕振りの真似事をしてみましたが、長くは続かず、すぐにだるくなりました。

正直、右腕の筋肉はかなり衰えている感じです。術部の痛みはかなりましでマックスが10ならもう1以下でしょうか。プレートが入っていることの違和感と筋肉の衰えからか、思い通りに動かせない感じがあるだけです。

筋肉は数日間動かさなかっただけでもかなり衰えるものだということを身をもって実感することとなりました。少しずつ自分でリハビリをしていくつもりです。

帰宅すると、次男も小学校から帰宅。小学校は今日から始業式です。昼食後次男は遊びに出ていったので、この空き時間に退院までの流れをまとめました。

2018年8月28日 (火)

鎖骨骨折 手術後4日目

6:00前に看護師さんの動きの気配で目覚める。右手の薬指、小指周辺がしびれる。少し不安だが、トイレに行き洗面をしてたらしびれは取れた?寝てる間に圧迫したのか?主治医に聞いてみよう。

何もなければ退院です。手術部の違和感はあるものの、あからさまな痛みはほぼなし。マックスが10ならもう1ぐらいでしょうか?肋骨はまだまだか?

申し訳ないことに妻が午前中休みを取って迎えにきてくれる。ただただ感謝のみです。

主治医の先生が来る前に、別の先生が右ひじの擦り傷の消毒と手術部のガーゼの交換をしてもらいました。

Img_20180828_092937

ガーゼやテープを外す時、痛いですね、大丈夫ですか、と言われるが、そもそもの痛みに比べたら、テープを外すなんて痛みに該当しませんよね。

予定では、外来の診察前に主治医の先生が来て症状をみて退院、と言う流れだっでしたが、主治医の先生が来ない????。看護師さんの話だと外来が立て込んでいて、と言われる。オイオイ!このままじゃ午前中に退院できない。せっかく午前中に休みを取った妻に申し開きができない。看護師さんに「外来にボクが行きますので、そこで主治医の先生と話をします」と言い、連絡していただいた。

Img_20180828_110832

手術後のレントゲンを見ながら説明を受けました。見事にプレートとボルトが入っています。いろいろ疑問点を質問しましたが、

もう普通に動かしてもいいらしい。
特にリハビリは必要ないが自分で動かしすこと。
プレートの除去は6カ月より早くは除去できない。
ランニングは支障ないが、腕は肩より上にあげてはいけない。
骨がつくまでは重たいものを持ってはいけない。
でもマラソンは大丈夫???。

次の診察で経過を見るそうだが、次の受診は来週の火曜日。ということを確認して退院。

久々の我が家です。猫のソラも少々戸惑い気味?

すぐに妻は仕事に行き、次男と2人だけに。動くわけにもいかないので以前に録画していた『ミッション インポッシブル ローグ ネイション』を見ました。

しかし、この映画にバイクの追跡シーンがあり、トム・クルーズが思いっきりバイクでこけるシーンがでてきました。観ていて、傷がうずきました・・・・・・。

夕方からは暇にしている次男と野球練習。いつもはボクがバトミントンのシャトルを投げて次男がそれをバットで打つのですが、当然ボクの右手はシャトルを投げれる状態ではありません。

しかし、コントロールはイマイチでしたが、左手で投げました。最初左バッターの次男はとまどっていましたが、徐々に慣れていきました。

少し汗をかきました。あまり汗をかくと術部によくないらしいですが、まぁいいか???

2018年8月27日 (月)

鎖骨骨折 手術後3日目

術後3日目。痛みはかなりまし。手術の後はマックスが10ならもう2ぐらいでしょうか。しかし、肋骨は同じような状態で寝ている時に体位を入れ替えたり、特に起き上がるときは痛みが走る。はまだまだか?くしゃみをしてしまったが、激痛が走った。主治医の先生の話だと、自然治癒を待つしかないらしいです。痛みは2週間ぐらいでなくなるらしい。それまでに少しずつ緩和していくらしい。

体調も随分ましになり、院内をうろうろしつつ、とりあえず、本をよむ位しか時間を潰すことができず暇を持て余す。多分、明日退院予定。今日でも退院してもいいのですが、あいにく主治医の先生が休みということで、明日判断を待つことに。まぁ、帰っても特にすることはないのですが・・・・。でも仕事のことが少し心配になってきた。不自由な右手でどう仕事をやっていくか思案中。手術した右腕はプレートが入っている間(約6か月)は肩の高さまでしか上げられないのです。ボクの仕事にとってこれは非常にまずい・・・・・。どうしましょ??

『白夜行』は明日の朝の受診までに読み終わらす予定です。

昼、昨日ロビーから病室まで車椅子を押してあげたはす向かいのおじいさんとロビーで再会。昨日はありがとうと言われる。そこから、30分位雑談。ボクとおなじ町の人だった。うちの父より3つ年下で息子さんはボクと同じ高校出身の同じ部活。病室でお友達(?)ができました。

そのまま、無難に1日が終わり、寝ようかなと思った11時前から手術跡がヅキヅキ。しばらく我慢したが、こりゃダメだ、と思いロキソニンを服用。あまり飲みたくありませんでしたが、仕方がない。

2018年8月26日 (日)

鎖骨骨折 手術後2日目

術後2日目。5:30に目が覚めました。看護師さんの患者さんへの対応の気配で自然と目が覚めた感じでした。早朝から(もちろん深夜も)お疲れ様です。もう眠気はありません。運動してないし、これだけの睡眠でも寝不足感はありません。全然大丈夫です。鎖骨や肋骨は大丈夫ではないですけど?

今回の入院で新田次郎の『槍ヶ岳開山」を再読していますが、もうすぐ終わりそうです。実はこの事故の2日前に北アルプスから次男と帰宅したのですが、登った槍ヶ岳の本を読み返してみようと出張の時かばんに入れていました。その本を病院で読み終えることになるとは・・・・・・。

朝食まで少し本を読み、トイレとうがいを済ます。これらの日常的なことが今まで出来なかったから、1歩前進した感じです。

今朝の朝食でパンを床に落としてしまった。左手で作業をしていたら袋を破った勢いでパンが落下。事情を看護師さんに話すと、看護師さんが新しいのを持って来てくれたけので助かりました。神対応ですね!まだまだ、左手中心の生活は慣れず、不自由です。

朝にロキソニンを飲んだけど、昼は様子を見て見る。夕食の時も痛みはありません。そして、寝てるより起きてる方が肋骨の痛みはないので、ロビーの椅子に座り、24時間TV を見ながら本を読んでいました。

午前中に『槍ヶ岳開山』が終わったのて、ロビーで見つけた東野圭吾の『白夜行』を読んでみました。ずいぶん昔に読んだ本で700頁以上ある分厚い文庫本ですが、暇潰しちょうどよく再読することに。もう10年以上前に読んだ本だから内容もだいぶん忘れているからちょうどよい。

5時前ぐらいから寒気。熱が出てきたか。手術後ずっと微熱が続いている。看護師さんお話だと、骨が折れたから仕方がないとのこと。あとでロキソニンを飲まないかんか?

8時前に妻と次男が着替えや牛乳、納豆を持って来てくれました。次男は少し元気がない。淋しい思いをさせて申し訳ない、と思う。

結局、ロキソニンは寝る前9:00に服用。服用するほどの痛みはないが夜中に痛くなったら困るので念のために飲んでおきました。

2018年8月25日 (土)

鎖骨骨折 手術後1日目

手術翌日の午前中には点滴などすべて外れ自分でトイレまで歩いていけるようになりました。本来なら手術の翌日に退院してもいい、と主治医の先生に言われていました。しかし痛みはまだあり、家に帰っても家族に迷惑をかけるだけだと思い週明けまで入院させてもらいました。

入院当初は足も打撲して引きずってたましたがまぁ、普通に歩けるようになってはいます。

昼食前には散歩がてらに1階の売店まで何が売っているか偵察してきました。特に興味あるものはありませんでしたが・・・・・。結局退院まで、何も買いませんでした。

昼食はアジのフライ。美味しくいただけました。

昼からは徐々に痛みがましになってきました。もちろんゼロではありませんが昨日が10なら5ぐらいでしょうか。峠は越えた感じです。

まだ起きる時とか体位を替えると肋骨がうずくのがつらい。もちろん右手は肘から先だけを動かすだけです。それ以上は怖くて動かせません。主治医の先生は土日は休みなので、特に指示はありませんでした。昼飯は動く右手でなんとか食べました。やはり、右手で食べたほうがうまいです❗

妻が面会に来るとき納豆と牛乳を持って来てもらいました。早く骨が回復するように、納豆と牛乳をセットで積極的に食べていきます。まずは晩御飯から。

晩御飯の後面会ホールで24時間TV を少し見る。例年と違う気持ちで見てしまいますね。気持ちが滅入っている時に見るとこの番組は効きますね。

9時には床につきましたが寝れません。おまけに手術の後が痛くなってきました。12時に看護師さんに鎮痛剤をもらい、しばらくして治まりようやく就寝。

鎮痛剤は朝昼晩と処方されてるから日中は痛さがないのかも?夕食後6時間ほどで夕食後の鎮痛剤が切れたから、痛みが出たのかもしれません。まだまだ、鎮痛剤とお付き合いが続きそうです。

2018年8月24日 (金)

鎖骨骨折 手術当日

当日は朝から絶食でした。正確に言うと昨日の12時から絶食。朝に少し栄養ドリンクのみが与えられました。

13:00からの予定でしたが、外来の関係で13:15に出棟。もう少し手術前は緊張するかと思っていましたが、早く終わってほしい気持ちが勝ったのか、緊張感はありません。色んな体験記を拝読しましたが、麻酔をしたら、終わっていた、まさにそんな感じでした。

手術室に入室。ドラマでよく見る風景でした。麻酔医。・主治医・看護師さんに囲まれて名前の確認。初めての全身麻酔が始まりました。酸素マスクみたいなもので麻酔を吸い始めました。こんなで大丈夫かと思っていたけど、そのあとの記憶がない。

7時ぐらい目覚めたか。妻は6時まで待っていたらしいが、目覚める気配がないので帰った、と後日言われました。そこからそすると、多分7時ぐらいだろう。時計を外しているので時間がわからない。どうやら無事手術が終わったらしい。関わっていただいた皆様に感謝。とりあえずホッとしました。

Img_20180824_104542

一応、胃腸の動きを看護師さんに確認してもらい、大丈夫だということで、晩御飯を頂くことになりました。もちろん左手のみで。小さなスプーンでご飯をちびちび食べました。左手での生活は不便ですね。この生活がいつまで続くのやら?無事手が終わって嬉しいのは当然ですが、晩御飯は好物のサバの塩焼きでした。

しかし、夜は手術した所や肋骨がうずく。我慢せず、看護師に対応してもらいました。2回の座薬とロキソニンを処方してもらいましたが、痛みは続き痛みどめの点滴してもらい落ち着きました。

心電図や点滴、足の血栓を防ぐ機材などがたくさん身体について、身体が動かせない。さらに疼きがあり寝ることもままならない。この疼きと窮屈さが数時間続きました。

明け方にはようやくましになり、うつらうつらた。昨日、なんか回も叫んでうるさかった隣の人はいなかった。多分痴呆の方(?)どうしたんだろう。(後日、ナースステーションの隣の個室に移っていたが、唸り声は廊下に響いていた)

2018年8月23日 (木)

お久しぶりですが・・・・

残酷マラソン以降更新が途絶えていましたが、残酷マラソンから8月初旬まではそれなりに走り込めていました。昨年以上のペースで走れていることに、今シーズンの手ごたえを感じておりました。

しかし、8月初旬に右ふくらはぎの肉離れ(?)をしてしまい、軽いジョグのみの練習しかできませんでした。しかし、8月19日から2泊3日で次男(小6)と槍ヶ岳を登り(※機会があれば後日アップ・次男の名前は岳です!)、さていよいよポイント練習も入れていこうかなと思っていた8月23日の8時前に悪夢の出来事が・・・・・

続きを読む "お久しぶりですが・・・・" »

« 2018年6月 | トップページ | 2018年9月 »