2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月の記事

2018年10月24日 (水)

鎖骨骨折 手術後2カ月

ようやく手術から2カ月が経ちました。半年後に抜釘の予定すので、そのことを考えると先は長いです。リハビリは可能な限り、1週間に1回行っています。その影響か以前に比べて肩の可動範囲がマシになった気がします。自分でも家でリハビリを実践してしています。しかし、肩の違和感は続いており、特に三角筋の張りは酷く、ずっと続いています。やはりプレートを入れている影響でしょうか?

検診で主治医の先生に相談するも、特に骨には異常ないようです。主治医の先生は抜釘の時期を早めようかと言われました。抜釘したほうが楽になるのなら、早く抜釘してほしいのが正直な気持ちです。もちろん骨がくっついているかCTで確認してからの話ですが・・・・・。

先週から朝に30分ほど近所をぶらぶらと散歩しています。少しでも身体を動かすと気持ちがいいものですね。いつも走っていたグラウンドで挨拶を交わす年配の方とも再会。ずっと来なかったので心配をかけていました。

散歩ついでにかるく10分ほどジョグをしてみました。しかし、三角筋がすぐにこわばってきて、キツイです。まだまだ、長い間時間のジョグは無理のようです。しかも10分間だけのジョグですが、脚も張っています。やはり練習をしなければ衰えるのはあっという間ですね。まぁ、焦らずに少しずつ時間を伸ばせていけたらと思っています。

2018年10月13日 (土)

鎖骨骨折 手術後50日目 

リハビリの理学療法士の先生のアドヴァイスで自宅でできるリハビリと関節の可動を広める運動を継続しています。その影響か少し肩甲骨周りの筋肉のコリがましになったような気がします。

しかし、三角筋の張りとプレート周辺の針でさしたようなチクチクした痛みは相変わらず続いていますが・・・・・。少し前進でしょうか?

今週の土日は仕事がなかったし、子どもは野球や部活でいないので、暇な時間は最近DVD鑑賞にいそしんでます。かつてみた映画や観たいと思っていたいた映画などを借りています。

直近では『ショーシャンクの空に』『ライフ・イズ・ビューティフル』を観ました。この2つの映画のキーワードは「希望」でしょうか?今のボクの落ち込んだ気持ちに「希望」がスッと入ってきました。どんな困難な、絶望的な状況でも希望をもって生きていくことの大切さを再認識しました。

2018年10月 8日 (月)

落語会

本日の祝日は時間があったので、落語を聴きに行きました。土曜日の出張の際、川西能勢口駅で広告を発見。自宅から車で15分ほどのお寺の本堂が会場でした。

もともと仕事がら落語を聴くのが好きなもので、ちょうどよかったです。骨折してからは落ち込むことばかりでしたが、少し気晴らしになりました。

P1240277

骨折した場所の痛みはまだまだですね。どうも筋肉と関節がギシギシした感じです。しばらくはこの感じと付き合っていかないといけないのか、と諦観しています・・・・・。

2018年10月 5日 (金)

最後の運動会 & 鎖骨骨折 手術後42日目

今日は我が家にとって小学校での最後の運動会がありました。小学校の運動会は何年目になるのでしょうか?現在二十歳になる長女から途切れることなく参加しています。それもようやく今年で終わりでホッとしています。一応すべて参加しました!

本来なら先週の土曜日の開催でしたが、台風の為なぜか平日の金曜日に延期となりました。仕事はなんとか休みを頂き、天気も予想を裏切り晴れのち曇りでした。

プログラムは騎馬戦

Img_1

そして、演技

Img_2

リレーと続きます。リレーは人数調整の為か第1走とアンカーの2回走るようです。スタートはまずまずでした。

Img_3

練習でもずって勝っていると言っていたので、安心して見ていました。そして白組リードのままアンカーの次男へ。そのまま、ゴールかな、と思っていたら・・・・・

Img_4

猛烈な追い上げで負けてしまいました・・・・・。


閉会式を後に先に自宅へ帰っていたのですが、次男がしょんぼりとして帰宅してきました。そして、リレーのことでボロボロと泣きだしました。もしかして、と予想はしていましたが気のきいたセリフを考えていませんでした。

「一生懸命走ったから、仕方がない。まだまだ、自分は弱いというのが分って良かったじゃなか。まだ次があるから次に頑張れ!今日の負けは次につながる」と月並みなことしか言えませんでした。

でも、泣くほど悔しい思いを持っているのならまだまだ成長することができると信じています。


さて、骨折の状態ですが、前回の検診の後にリハビリをしてもらったのですが、その後三角筋や肩甲骨周辺の筋肉の痛みが出てきました。さらにプレートを入れている周囲の皮膚が針でちくちく刺すような感覚も酷くなっているような感じがするので急遽水曜日に受診をしました。

結果的には、感染症もなく、プレートがずれているわけでもないので異常なし、ということでした。筋肉のバランスが崩れているのでしょうかね?皮膚の感覚は、やはり「切っている」だけに、こういう感覚は残るようです・・・・・。まぁ、まだまだ先は長いですわ。

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »