2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 第19回 丹後ウルトラマラソン 60㎞ | トップページ | いよいよシーズンイン »

2019年9月30日 (月)

第22回 村岡ダブルフル ウルトラランニング 

丹後ウルトラマラソン60㎞から中2週間で村岡の44㎞を走ってきました。フルマラソン以上の距離を中2週間で走るのは初めての試みです。一体身体がどうなるのか未知数でしたが、とりあえず、フルマラソンへの脚づくりという位置付けで9月に2本ウルトラをエントリーしました。


2週間前は灼熱の丹後半島でしたが、今回は天気予報では雨・・・・。しかし、実際スタート時は曇っていていいコンデイションのはずでした。だが、1回目の登りから急激に晴れだし、気温が上昇。体感的にかなり蒸し暑く感じ、1回目の登りでかなりの発汗量でした。

1本目の坂を登り終えた時点での順位は6位。登りが苦手なボクとしてはいい位置でのレース展開です。そして、得意の下りに入り前の3人をすぐさま抜いて3位に浮上。かなりペースを上げて下ったつもりでしたが、前の2人は全く見えません。

今回のレースの目標は6位入賞でしたので、2本目の登りからは無理をせず、マーペースでいくことにしました。但馬大仏では恒例の「おはぎ」がふるまわれ、しっかり口に入れてエネルギー補給。途中の村岡高校生のブラバンの演奏にも元気をもらいました。

2回目の下りでも前を走るランナーは見えず、ひたすら一人旅状態が続きました。下ってから数キロ続く平坦な(?)道もまだ脚には余裕がありました。3年前はこのへんでつぶれてしまった記憶がよぎります。

35㎞を過ぎ、最後の登りです。後ろからはまだランナーが来る気配はないようですが、脚はさすがにきつくなってきました。しかし、絶対に歩かないことを心に決め、ゆっくりでも走る姿勢を崩しませんでした。そうすると、同じカテゴリーのゼッケン人を発見。ゼッケンには名前は印刷されています。前回の優勝者さんです。どうやら潰れているようで、歩きが入っています。付かれるのを心配しましたが、その気配はないようです。2位浮上。

さらに前方に1位の人が!これまた潰れているようで足取りが重そうです。ゆっくりを近づいていき、トップに躍り出ました。そしてしばらくすると登りの頂上に到着。ここでしっかりとコーラを飲んで、あとは下りのみです。得意の下りなので、心の中では「いける」と思っていましたが、ラスト2㎞まで3回ほど後ろを振り返りました。でも後ろから追い上げてくる気配は全くありません。

ラスト2㎞で優勝を確信しました。もうここからはタイムよりも、無事ゴールすることだけ意識して痙攣しそうな脚を鑑みて流し気味でゴールを目指しました。



長いマラソン人生で先導バイクにゴールまで導かれることは初めての経験です。ラスト2㎞のランニングはビクトリー・ロードを十分堪能することができた至福の時でした。

2019

 

 いよいよ、村岡小学校が見えてきました、グランドがゴールです。ゴールテープを切ってガッツポーズ。そして「よっしゃ!」と叫びました。もちろんコースとスタッフへの一礼は怠りません。

当然のことながら、年代別1位のおまけもいただきました。


着替え終わり、会場へ戻ってくるとゲリラ豪雨。まだ、走られている方には気の毒なほどの大雨でした。その雨が上がってから表彰式が始まりました。

Muraoka 

なんと、優勝の副賞は「但馬牛」のファミリーセット!美方残酷マラソンでいつもうらやましく思っていた「但馬牛」をついにゲットできました。我が家の食卓に少し貢献できたかな、と思います。


大会関係者の皆様・村岡高校の皆さんお世話になりました。そして、参加された皆様お疲れさまでした。

 

 

 

« 第19回 丹後ウルトラマラソン 60㎞ | トップページ | いよいよシーズンイン »

マラソン結果」カテゴリの記事

コメント

優勝おめでとうございます。凄いですね!
これからも優勝・表彰台参戦記、楽しみにしています。^^)

tenさん

お久しぶりです。体調はいかがですが?
今回はラッキーでした。もうすぐ大台に乗りますので、次のステップで頑張りたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第19回 丹後ウルトラマラソン 60㎞ | トップページ | いよいよシーズンイン »