2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 2020年2月 | トップページ

2020年3月の記事

2020年3月22日 (日)

忘れていた当たり前の日々

世間では暗いニュースが続く中、次々と大会の中止が発表されています。ボク個人も例外ではありません。丹波篠山マラソン・箕面森町マラソン・池田猪名川マラソン・紀の川マラソン・宍粟市さつきマラソンの5つをエントリーしていたものの中止となってしまいました。大会の中止はモチベーションが下がります。


しかし、それ以上に今の自分のモチベーションを下げているのは故障です。別大前に左膝と左の外脛骨に痛みがあったものの別大を無理をして走りました。その後も痛いところがあるにも関わらず、だましだまし練習をして、市川マラソン10㎞を走りました。

その後も痛みを我慢しながら走っていました。今までの経験で何とか治っていくだろうと思いながら・・・・。しかしついにダムが決壊してしまいました。ぎっくり腰まで患うことになりました。


鍼灸に通いながら、ここまで痛い思いをしてなんで走らなあかんのか???と思い、痛みがなくなるまで走るのをやめておこうと決断しました。腰以外にも外脛骨が痛く、原因は足底の縦のアーチの潰れているからだそうです。さらにネクストパーセントで走った時、足の先で着地
していたため、足底の横のアーチも潰れていたようです。ジョグの着地の時に足底に痛みがあります。やはり、ランニングのバランスに問題があったのでしょう

あたかも大会の中止が連日発表される最中、渡りに船。というか一回オーバーホールするつもりで、2月の終わりから3月中旬まで一切走りませんでした。ようやく3月中旬から40分程度のジョグを始めて、身体と動かし始めた状況です。まだ、足底の横のアーチは違和感がありますので、本格的な練習ははだ先になりそうです。



コロナの影響で学校が休校になったり、マラソンの大会が中止になったり、ボク自身走れなかったりする毎日。当たり前のように過ぎていた日々や出来事が実は当たり前でなかったことを改めて気付かされました。だからこそ、「目の前に起こることに良いも悪いもない。そのことにどんな意味があるのか。」を改めて考えさせられました。

今回の故障もあとで考えるとなにか意味があることなんだと思える時期が来れるように、今できることをしっかりと積み重ねていきたいと思っています。

« 2020年2月 | トップページ