2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 第44回 兵庫市川マラソン全国大会 | トップページ

2020年3月22日 (日)

忘れていた当たり前の日々

世間では暗いニュースが続く中、次々と大会の中止が発表されています。ボク個人も例外ではありません。丹波篠山マラソン・箕面森町マラソン・池田猪名川マラソン・紀の川マラソン・宍粟市さつきマラソンの5つをエントリーしていたものの中止となってしまいました。大会の中止はモチベーションが下がります。


しかし、それ以上に今の自分のモチベーションを下げているのは故障です。別大前に左膝と左の外脛骨に痛みがあったものの別大を無理をして走りました。その後も痛いところがあるにも関わらず、だましだまし練習をして、市川マラソン10㎞を走りました。

その後も痛みを我慢しながら走っていました。今までの経験で何とか治っていくだろうと思いながら・・・・。しかしついにダムが決壊してしまいました。ぎっくり腰まで患うことになりました。


鍼灸に通いながら、ここまで痛い思いをしてなんで走らなあかんのか???と思い、痛みがなくなるまで走るのをやめておこうと決断しました。腰以外にも外脛骨が痛く、原因は足底の縦のアーチの潰れているからだそうです。さらにネクストパーセントで走った時、足の先で着地
していたため、足底の横のアーチも潰れていたようです。ジョグの着地の時に足底に痛みがあります。やはり、ランニングのバランスに問題があったのでしょう

あたかも大会の中止が連日発表される最中、渡りに船。というか一回オーバーホールするつもりで、2月の終わりから3月中旬まで一切走りませんでした。ようやく3月中旬から40分程度のジョグを始めて、身体と動かし始めた状況です。まだ、足底の横のアーチは違和感がありますので、本格的な練習ははだ先になりそうです。



コロナの影響で学校が休校になったり、マラソンの大会が中止になったり、ボク自身走れなかったりする毎日。当たり前のように過ぎていた日々や出来事が実は当たり前でなかったことを改めて気付かされました。だからこそ、「目の前に起こることに良いも悪いもない。そのことにどんな意味があるのか。」を改めて考えさせられました。

今回の故障もあとで考えるとなにか意味があることなんだと思える時期が来れるように、今できることをしっかりと積み重ねていきたいと思っています。

« 第44回 兵庫市川マラソン全国大会 | トップページ

故障」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。ど偉い世の中になってます。
今はコロナの患者が溢れるより、コロナ以外の患者が今まで受けていた当たり前の医療が受けられないことが問題です。だから、身体は本当に大事にして下さい。子供達も新しい学年がスタートせず、大変です。我が家の息子は中3なのに受験モードのスイッチが入りません(^◇^;)
オリンピックもなくなり、今年のマラソンはたぶん全滅ですね。人はこんなにもウイルスに弱かったのか…と痛感しています。古今東西人類は感染症と戦っています。ナイチンゲールも統計学から、感染予防の看護を考えて死亡率を下げた研究者ですしね。まだまだ長期戦になりますが頑張りましょう!私は今年は走るぞ!と思ってましたが、色々なことで、やはりジョグ程度です(笑)
池田猪名川マラソン私も楽しみにしてました。
残念です。

マーチさん

お久しぶりです。マーチさんのお仕事のことを想像するととても大変な状況なのでしょうね。確実にボクの想像以上だろうと思います。
ボクの職場も混乱状態が続いており、在宅勤務もする事態です。

マラソンとか言ってる場合ではありませんね。ボク自身ほとんど走らず(走れず)体調を整える程度のジョグしかしていません。身体が痛いところだらけで、いまだに別大の後遺症が残っているのかな、という状態でランニングもいろんな意味で自粛状態です。

いろんな理不尽なことが身の回りに起こっていますが、今はただそれを淡々と時には憮然としながら受け入れています。

マーチさんも、身体にはくれぐれもご自愛ください!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第44回 兵庫市川マラソン全国大会 | トップページ