2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「ケガ」の記事

2018年10月24日 (水)

鎖骨骨折 手術後2カ月

ようやく手術から2カ月が経ちました。半年後に抜釘の予定すので、そのことを考えると先は長いです。リハビリは可能な限り、1週間に1回行っています。その影響か以前に比べて肩の可動範囲がマシになった気がします。自分でも家でリハビリを実践してしています。しかし、肩の違和感は続いており、特に三角筋の張りは酷く、ずっと続いています。やはりプレートを入れている影響でしょうか?

検診で主治医の先生に相談するも、特に骨には異常ないようです。主治医の先生は抜釘の時期を早めようかと言われました。抜釘したほうが楽になるのなら、早く抜釘してほしいのが正直な気持ちです。もちろん骨がくっついているかCTで確認してからの話ですが・・・・・。

先週から朝に30分ほど近所をぶらぶらと散歩しています。少しでも身体を動かすと気持ちがいいものですね。いつも走っていたグラウンドで挨拶を交わす年配の方とも再会。ずっと来なかったので心配をかけていました。

散歩ついでにかるく10分ほどジョグをしてみました。しかし、三角筋がすぐにこわばってきて、キツイです。まだまだ、長い間時間のジョグは無理のようです。しかも10分間だけのジョグですが、脚も張っています。やはり練習をしなければ衰えるのはあっという間ですね。まぁ、焦らずに少しずつ時間を伸ばせていけたらと思っています。

2018年10月13日 (土)

鎖骨骨折 手術後50日目 

リハビリの理学療法士の先生のアドヴァイスで自宅でできるリハビリと関節の可動を広める運動を継続しています。その影響か少し肩甲骨周りの筋肉のコリがましになったような気がします。

しかし、三角筋の張りとプレート周辺の針でさしたようなチクチクした痛みは相変わらず続いていますが・・・・・。少し前進でしょうか?

今週の土日は仕事がなかったし、子どもは野球や部活でいないので、暇な時間は最近DVD鑑賞にいそしんでます。かつてみた映画や観たいと思っていたいた映画などを借りています。

直近では『ショーシャンクの空に』『ライフ・イズ・ビューティフル』を観ました。この2つの映画のキーワードは「希望」でしょうか?今のボクの落ち込んだ気持ちに「希望」がスッと入ってきました。どんな困難な、絶望的な状況でも希望をもって生きていくことの大切さを再認識しました。

2018年10月 5日 (金)

最後の運動会 & 鎖骨骨折 手術後42日目

今日は我が家にとって小学校での最後の運動会がありました。小学校の運動会は何年目になるのでしょうか?現在二十歳になる長女から途切れることなく参加しています。それもようやく今年で終わりでホッとしています。一応すべて参加しました!

本来なら先週の土曜日の開催でしたが、台風の為なぜか平日の金曜日に延期となりました。仕事はなんとか休みを頂き、天気も予想を裏切り晴れのち曇りでした。

プログラムは騎馬戦

Img_1

そして、演技

Img_2

リレーと続きます。リレーは人数調整の為か第1走とアンカーの2回走るようです。スタートはまずまずでした。

Img_3

練習でもずって勝っていると言っていたので、安心して見ていました。そして白組リードのままアンカーの次男へ。そのまま、ゴールかな、と思っていたら・・・・・

Img_4

猛烈な追い上げで負けてしまいました・・・・・。


閉会式を後に先に自宅へ帰っていたのですが、次男がしょんぼりとして帰宅してきました。そして、リレーのことでボロボロと泣きだしました。もしかして、と予想はしていましたが気のきいたセリフを考えていませんでした。

「一生懸命走ったから、仕方がない。まだまだ、自分は弱いというのが分って良かったじゃなか。まだ次があるから次に頑張れ!今日の負けは次につながる」と月並みなことしか言えませんでした。

でも、泣くほど悔しい思いを持っているのならまだまだ成長することができると信じています。


さて、骨折の状態ですが、前回の検診の後にリハビリをしてもらったのですが、その後三角筋や肩甲骨周辺の筋肉の痛みが出てきました。さらにプレートを入れている周囲の皮膚が針でちくちく刺すような感覚も酷くなっているような感じがするので急遽水曜日に受診をしました。

結果的には、感染症もなく、プレートがずれているわけでもないので異常なし、ということでした。筋肉のバランスが崩れているのでしょうかね?皮膚の感覚は、やはり「切っている」だけに、こういう感覚は残るようです・・・・・。まぁ、まだまだ先は長いですわ。

2018年9月30日 (日)

鎖骨骨折 手術後35日目 

週末の金曜日は手術5週目の検診でした。ここしばらく手術をした周囲(特に肩の部分)の謎の痛みを主治医の先生に相談してみました。神経とかの問題ではなく、もしかしてプレートをひっかけているフックが腱板にあたっているかもしれない、とのことでした。場合によっては予定より早めに抜釘をする方がいいかもしれないと言われてました。鈍痛が収まるのならその方がありがたいと思いました。

レントゲンの診断は「異常なし、プレートもずれていない」とのこと。今の段階では骨ができ始めているとかの診断ではなく、プレートの異常を確認するためのレントゲン撮影と検診のようです。もっとも骨ができ始めているかどうかはCTなどで確認するか術後の期間で判断するらしいです。

Kinn

肋骨は骨ができ始めているようでレントゲンで影ができているとの説明がありました。素人にはよくわかりませんでしたが、肋骨は良好のようです。

今回の検診で手術周辺の痛みを訴えたため、一度リハビリの先生に指導をうけてみようということでリハビリを経験しました。色々と疑問に思っていることを聴いてもらい少しホッとしました。やはり肩周辺の筋肉が随分と硬くなっているようです。寝る時も少し肩の下にタオルなどをひいて肩を高くしたほうがいいとのこと。寝ている間にも筋肉に緊張が走っているらしい。自宅でできるリハビリを教えていただき仕事へ行きました。

まだまだ、先は長そうです・・・・・・。

どうでもいいことですが、先週東京マラソンの抽選結果がきました。そういえば申し込んでいたんだなぁ~。そして結果は

Tok

予想通り、と言うか当選していても全力で走ることはできないと思いますので無駄に運を使わなくてホッとしています。

台風24号が接近のため昨日予定の次男の小学校の運動会は延期になりました。予定がくるってしまいましたが天気だけは仕方がありませんね。台風が無事過ぎ去ってくれることを願っております。

どうやら本日の村岡ダブルフルは中止のようですね。昨年は丹後ウルトラマラソンが台風で中止。この時期の大会開催は大変ですね・・・・・。

2018年9月23日 (日)

鎖骨骨折 手術後1カ月

今日で鎖骨の骨折からちょうど1カ月経ちました。この1カ月は短かったような、長かったような・・・・・・。身体が不自由な故、仕事と日常の生活をしていくので必死でした。当然ランニングなんて論外です。やはり健康あっての趣味ですね。

さて、鎖骨骨折とずっと書いていますが、正式名は「遠位端鎖骨骨折」と言います。まぁ、鎖骨の肩よりの端っこが折れたということですね。真中で折れるよりも厄介な場所のようです。

手術後4週間を節目に、先週から自己流のリハビリをネットで調べて実践しています。しかし、その反動か昨日、今日と肩の鈍痛が続いています。この痛みの表現って難しいですね。表現力がないゆえ上手に言いあらわすことができません。しかも痛い場所がよくわからないんですね・・・・・。筋肉ではないような気がするし、関節の奥のからうずく感じです。起きていて、起き上がる時に肩の位置がずれた時に痛み出たり、歩いていて腕を振ると痛かったり・・・・・。厄介です。

今週の3連休はランニングもやることもないので、3日連続で仕事です!趣味も仕事も、今できることを毎日しっかりと取り組むのみです。

2018年9月18日 (火)

鎖骨骨折 手術後25日目

昨晩は痛み止めを飲むのを忘れて寝てしまったが、そのことを気づいたのが今朝。結果的に痛み止めを飲まずに寝ることができたようです。一歩前進した気がします。そして起きあがるときに痛かった右の胸と腕の付け根付近の筋肉も気にならなくなりました。

ただ、プレートが入っているところは相変わらず針でつついたような痛みが時々あります。この痛みは何なのか?いろいろとネットで調べた自分なりの解釈は

骨折した箇所の神経が損傷している?
プレートを入れている関係で筋肉のバランスが崩れている?
筋肉や関節を骨折してからしばらく動かしていなかったので、筋力の衰えや関節の固まりによる痛み?

さて、この痛みはいつまで続くのだろう?この不明の痛みが憂鬱です・・・・・。

2018年9月15日 (土)

鎖骨骨折 手術後21日目 & 槍ヶ岳登山記2日目

昨日の金曜日で手術から3週間の節目となった。3週間でそろそろ肋骨の痛み取れてくるというネットの情報はおおむねボクの場合と合致しており、くしゃみをするのも大丈夫な状態になりました。ただ、骨がくっついたかどうかは不明?

そして鎖骨ですが、水曜日の晩からは寝ている時の痛みが随分緩和され痛みで目を覚ますということはほとんどなくなりました。手術19日目の晩からは普通に(?)寝られるようになりました。ただ、寝る前の鎮痛剤は保険代わりに飲んでいますが・・・・・。

でも、鎖骨周辺のなんとも言えない違和感はあり、昨日は雨のせいか昼間に少々うずきました。まだ右手を動かすのも不安があり、プレートが入っている部分の皮膚は感覚が少し麻痺してるような感じです。手術したから当然なのかもしれませんね。

最近、めっきり気温も下がり、走るにはいい感じですね。でも、走る気持ちにはなりません。かつてのボクならある意味強引に走っていたんでしょうが、今回の件で気持ちも弱くなっていますね。年を取ったということでしょうか?不安が少しでもあるうちは走る気が出てきません。ランニングの復活はまだまだ先のこととなりそうです。

本来なら明日は「丹後ウルトラマラソン」の予定でしたが、もちろんDNSです。天気も曇りで気温も暑すぎず、朝から外の景色を眺めて少し落ち込んでいます。まぁ、走れないのは、骨折した時から覚悟していましたが・・・・・・。明日走られる皆様、良いコンディションだと思いますので、頑張ってください!


さて、槍ヶ岳の登山です。

朝の4:30に起床。ロッジに宿泊された多くの方は朝食を食べて出発するので食堂に並んでいんしたが、それを横目に5時にロッジを出発しました。ボクたちは途中で朝食を食べる計画です。

しかし、歩き始めて次男が「しんどい、頭が痛い」と言いだす。しんどかったら帰るか?と言うが、次男は頑張ると言い歩き続ける。まだまだ今日の行程は始まったばかり、でも無理をするつもりはなく、いつでも引き返すつもりだった。幸いなことに、次男の体調は2時間ほどすると回復した。

ロッジから槍ヶ岳の手前の槍が岳山荘まではひたすら登りが続きます。

Tozann1

Tozann2

Tozann3

Tozann4

あと少し(40分弱)で槍ヶ岳山荘です。このあたりから槍ヶ岳の雄姿が見えはじめます。当日は曇っていて、雲が流れた時に山頂が見える程度・・・・。

Koyamae

やっと槍ヶ岳山荘に到着です。ロッジを出発してから4時間。9時に到着です。

小休止をしていたらガスが晴れて山頂が姿を現しました。興奮した次男が「早く行こう」と気合いが入る。

しかし、ここから山頂までは往復で1時間程度なのだが、難所の鎖場やはしごが続く。もちろん落ちてしまえば命の保証はない。

Yari1

かなり傾斜のきつい岩場の連続です。危険な所は鎖とはしごがあるのですが・・・・・。下を見たらいけませんね!

Yari2

Yari3

Yari4

次男を先に行かせて、後ろから様子を見ながら、ハラハラしながら登ります。最後のはしごです。これを登れば山頂です。

Yari5

やりました!日本で5番目に高い槍ヶ岳登頂。

次男の名前は登山好きのボクが「岳」と決めたのですが、まさかこんな瞬間があろとは思ってもみなかったです。

でも、大変なのはここから。登りよりも下りの方が怖い・・・・・。どうしても下の景色が目に入って脚がすくんでしまう。ボクは問題ないけれど、次男に声かけをしながら慎重に槍ヶ岳山荘へ。

そこからはひたすら下るのみ。当初は槍沢ロッジか横尾山荘で泊る予定にしていたのですが、思ったよりペースもいい感じで進んだのであわよくば上高地まで行って、高山まで行ければ色々な意味で助かる、と思っていました。

結局、次男の頑張りもあり17:30に上高地に到着。朝の5時から12時間以上の行程。ボク1人なら全然問題ない行程ですが、小学6年生にはかなり過酷な行程だったと思います。ムチャ頑張ったと思います。


登山後3日間は次男は筋肉痛で苦しんでいました。でも、もう来年の夏には「北岳に行きたい」と言っております。ちなみに「北岳」は富士山に次ぐ日本2番目の山です。



そして、こんなことをあったのですね。あの方は次男と同い年です。

Yuujin

2018年9月10日 (月)

鎖骨骨折 手術後17日目 & 槍ヶ岳登山記1日目

鎖骨骨折の手術から17日が経ちました。昨日の晩は痛みで目覚めることがほとんどなくよく眠れた方だと思います。

もちろん、プレートが入っている場所の違和感はありますし、皮膚の上から触っると感覚がマヒしているような感じがあります。肩の周りの筋肉もまだまだ回復途上です。

とりあえず、手術後3週間からはもう少し動かしていこうと思っています。



さて、骨折も少し落ち着いてきたので、骨折(8月23日)する直前の出来事でも・・・・・。


8月19日(日)から次男の岳と北アルプスの槍ヶ岳に登ってきました。

朝の6時に自宅を車で出発。11時半ごろに上高地に到着しました。意外と早く行けます。

Kamikkouti

8年ぐらい前(?)に家族で上高地や中の湯に行ったのですが、もちろん次男は覚えていませんでした・・・・・。

ここから、本日宿泊する槍沢ロッジまで約5時間。横尾山荘まではフラットな道、そこから槍沢ロッジまでは少し登りますが、まぁ、明日の脚ならし、ってとこでしょうか?12時前に上高地を出発して槍沢に15:43到着。

Yarisaswa

コースタイムより幾分早く歩くことができました。出だしは上々。ロッジは日曜日の晩なので混み具合はまし。お風呂もあったので疲れをいやすこともできました。

いよいよ、明日は槍ヶ岳アタック。小学6年生に果たして登れるのか?

2018年9月 8日 (土)

鎖骨骨折 手術後14日目

昨日の9/7(金)で手術から2週間目の節目?でした。本日土曜日はお休みです。1週間(火曜日は検診と警報で休んだ)仕事をしっかりとしたので昨日はかなり疲労感がありました。肉体的なものだけでなく精神的なものもあったと思います。けど、無事?1週間が終わりホッとしています。

鎖骨の周辺の痛みですが、あまり変化がなく、昼間は特に問題はないけれど、夜ベッドに横たわったら痛みがでます。どうも鎖骨のあたりではなく、肩の筋肉周辺もしくは関節が痛い?これは右腕を動かすの筋肉への疲労なのか?とりあえず、寝る前にロキソニンを服用して寝る時の痛みをしのぐのが続いています。

一方、肋骨も寝る時に身体の向きを変えたら痛みはあるものの、くしゃみをしたときの激痛はなくなった気配。少し進歩?

そして、手術した創部はきれいな状態になっているようですが、鎖骨周辺の事故の時の擦り傷はあと少し?火曜日に検診の時に傷パットをつけてもらっていました。もうそろそろいいかな、ということで妻に傷パットをはがしてもらいました。

Photo
ジュクジュクしたところは癒えており治ったような感じです。もう傷パットもいりませんね。あとは肩周辺の痛みが和らぐのを待つのみです。

毎日仕事をこなすことと生活していくことで一杯一杯。ランのことを考える余裕は全くありません。果たして復活できるのはいつのことやら?秋から冬にかけてすでにエントリーしている大会があるんですが・・・・・。

2018年9月 5日 (水)

鎖骨骨折 手術後12日目

昨日は警報の関係で仕事がなかったが、今日から本格的に業務がスタート。同じようなことを2日前にも書いたような気がするが、本当のスタートは今日からといっていいかなぁ???

そして業務の方は、可もなく不可もなく、って感じで無事?遂行できました。腕に力が入らないような時もあったが、特に痛みもなく身体は動かせました。気持ち的に少し違和感はあったもののそれは想定内。ケガで少々テンションが下がり気味だが、まぁこんなもんでしょう・・・・・。


仕事が終わりバスで帰ろうとバスの時刻表を確認すると、あと15分ぐらいでバスが発車する。職場からバス停まで歩いて20分。次のバスは20分後。逡巡するまもなく、身体が勝手に動いた。軽くジョグってみると何とか大丈夫。少し呼吸が激しくなると肋骨がうずくが、なんとかなる?約10分のジョグでバス停に到着。バスに間に合った。まだまだ、本格的なランとは言えないが、軽く身体を動かすことができる幸せをかみしめることができた。