2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「マラソン結果」の記事

2017年4月 2日 (日)

第7回 なにわ淀川ハーフマラソン

いよいよ、新シーズンのスタート。ここ数年参加している標記の大会に参加してきました。
ただ、調子はイマイチ。実は、昨日の土曜日に長女の大学の入学式に行き、京都で一人暮らしをするのでマンションを探し、バタバタしてしまいました。京都までの往復運転、渋滞。長時間の運転は腰痛持ちにはつらいです・・・・・・。
身体が、重い状態でレースを迎えることとなりましたが、みんないろんなことを抱えつつ走るものなのですよね。

18'36(173)-18'46(173)-19'26(170)-23'42(177)=1:20'30(平均心拍数172)

結構心拍数的には追い込めたと思います。
前半10㎞までは80分切りのいいペースでしたが、後半脚が動かなかったですね。昨年は80分を切れたのですが、今年はダメでしたね。加齢のせいにはしたくないですが・・・・。
まぁ、水曜日の5000mTTの結果からして妥当なところなんでしょうが、先を見据えて練習と体調管理をしっかりとしていきたいと思います。
 
体系関係者の皆様、本日はありがとうございました!

2017年3月19日 (日)

第19回 池田・猪名川マラソン

Img_24981

昨年は仕事の為に参加できませんでしたが、今年は参加することができました。

ここ数年、親子ジョギングに参加するために5kmを走っていましたが、今年から親子ジョギングもなし・・・・。次男は野球三昧。ボクは久しぶりに10kmを走ってきました。

気温もそこそこ高く、風も少なく(往路は向かい風、復路は追い風か)良いコンディションだったと思います。

個人的には36分台で走れたらいいか、とイメージしつつ、距離表示がないので、とにかく前だけ意識して走ってきました。


結果は36’05。


少し距離が短かったようですが、今の力からすると良く走れたほうでした。もう少し粘って前に付いていければよかったのですが、そこが今の自分の弱いところです。



中学の部で長男も5kmに参加していましたが、結果は思うようにいかなかったようです。学校でのTTで勝ってる子にも負けていることに、少し凹んでいました。どうしたらいいものやら???

まぁ、励ますしかないのですが、どこかに甘いところがあるような気がするのですが・・・・・。



今回、大会でお世話になったスタッフの方、ありがとうございました。地元のアットホームな大会で仕事など重ならない限り、参加したいと思っています。

また、会場でお声をかけて頂いた方、ありがとうございました。お互いこれからも頑張っていきましょう!!

2017年3月 5日 (日)

第37回 ABC篠山マラソン

今年も早春の丹波路を走ってきました。最高気温は14度。スタート時の風も少なく待ってる時間はのんびりと経過しました。

走りものんびりしたもので、年末年始のぎっくり腰の練習不足が頭の中にあったので、押さえ気味に入ったものの、押さえたことになっておらず、30㎞以降撃沈しました。悪い気象条件ではなかったと思います。ただし、篠山特有の30㎞以降の向かい風に心が折れました。

05km=18'50
10km=19'21
15km=20'08
20km=20'23
25km=20'32
30km=20'56
35Km=21'28
40km=23'16
ラスト=10'09

2:56’08


使い古された言葉ですが、やはり「マラソンはごまかしはきかない」ということですね。スピードはすれなりに戻った感覚はあったのですが、長い距離になると最後までもちませんでした。練習不足は走力だけでなく、メンタルの分にも大きな影響ありでした。走っていても、集中できなく、闘志も湧いてこず、何で走っているのか???という精神状態。ダメですね・・・・・。もう一度仕切り直しです。

でも、まずはレース前から痛かった右アキレス腱をなんとかせねば。最近故障だらけです・・・・・。右足を引きずりながら駐車場へ。帰宅してからとりあえずアイシング。

実際、年齢的に来シーズンが40分切りのラストチャンスかな?と今、痛感しています。

Image

2017年1月29日 (日)

第27回 くみやまマラソン

久しぶりの更新です。

まずは近況。ぎっくり腰を発症してからずっとノーランの日々が続いておりました。これほど走らなかったのはいつ以来か??記憶にございません・・・・・。


1月9日に本格的に走りだしました。2週間という長い期間日常生活もままならず、当然走ることなど論外の日々でしたので「走れる」こと自体がうれしかった。

しかし、走りだしたといえども、走り終われば痛みが出るのでストレッチと湿布と整骨院でのケア。ペースを上げたくても痛みが出るのと、そもそも脚が動かない。ペースが上がっても心肺がついてこないという状態。

数日前は走れることだけで嬉しかったにもかかわらず、自分の過去の走りと乖離している状態をつきつけられると、自分の身体がもどかしいのと、悔しい思いがこみ上げてくる毎日でした。

そして、少し走れるようになったかな?と思ったら1月13日から3泊4日で某北国への出張&激務。なかなかリズムに乗れない1月でした・・・・・。

最近は私生活でも仕事でも色々と思うことが山積みで、精神的にも参っていました。


別大はDNSとしましたが、いつまでもうだうだしているわけにはいきません。3月の篠山はベストとまではいかなくとも次のシーズンにつながる走りをしたいと現段階では考えています。


さて、標記の大会はそもそも別大の最終調整としてエントリーしていたのですが、故障明けの走力を測る大会となってしまいました。

ペース設定もなし、行けるところまで行って苦しんで心肺に刺激が入ればいいと思っていました。かなり不安な気持ちで大会会場に行きましたが、何を不安がっているのか自分でも理解不能です???

気温も風も申し分なく、調子が良ければなぁ~、と変な考えがよぎりましたが自らのコンディションミス、仕方がありません・・・・。


結果は38’07(平均心拍数153)。前半19’04、後半19’03。

前半は久々のハイペースでリズムが掴みづらく初めは突っ込んで、抜かれまくる展開。折り返してから少し向かい風でしたが、リズムがとれてきた感じ。

ラスト3kmからはペースを上げることができ3'49-3'43-3'42と遅ればせながら追い込むことができました。

昨年より1分以上遅いのは覚悟していましたが、改めて現実を突き付けられるとキツイですね。でも、ランを再開してから3週間弱。そのうち仕事での空白期間もあったので仕方がないです。一歩一歩階段を上っていくのみです。


2週間走らなかったら、もとに戻すのには倍の最低4週間はかかると思っていますので、なんとか篠山には、って感じです。


今大会は長男と一緒に行きましたが、中学3kmの部、ボクと同様思い通りに走ることができなかったようです。長男もまだまだです・・・・。

2016年12月18日 (日)

第47回 防府読売マラソン 結果速報

2時間41分47秒…。

40分切りを狙っていましたが、30キロから潰れました。 今は、走る前から気になっていた左膝が心配です…。 只今帰りの新幹線の中。もう少しで新神戸。 詳細は後日に。

2016年12月11日 (日)

第39回 西脇子午線マラソン

防府に向けて最終調整のつもりで10kmを走ってきました。

ただ、福知山以降、右膝周辺の違和感があり、慎重に練習をしてきました。よく考えるとこの症状、昔故障した鵞足炎と同じ感じ。あの時は重症化し、1カ月以上走れなかったことを思い出し、かなり心配でした。防府も近づいているし、練習もしないといけない、でも故障がこじらすと後が怖い・・・・。心労は尽きませんでした。

まぁ、湿布とアイシングの毎日で症状は一進一退。可もなく不可もない、って感じでした。湿布の毎日でかぶれてしまい、。違和感なのか?かぶれなのか?分らなくなってしまいました。レースでスピードを出して、症状が悪化しないか?心配しつつ昨晩は床につきました。

レースのプランは3'40でどこまで行けるか?それが防府の設定タイムの目安となる。気温は低め、風は1mから2mぐらいでいいコンディションの天気予報でした。が、実際は風がきつく感じてしまいました。



走りだしてすぐに身体が重く感じ、気持ちはすでにネガティブモード・・・・。さらに向かい風に苦しみましたが、折り返しで追い風になる、と粘っているつもりでした。

折り返して、ラスト2kmの表示。ここからは下り基調の追い風のはず。ラストスパートだ!と思い脚を動かすものの、1kmのラップを見ると3'55(160)。ラスト1kmが3'53(164)と全くペースが上がらず。体感的にスピードが上がっている感じがしたのだが、実際の時計の表示とかなり乖離していることに唖然としてゴールした。


37’25(平均心拍数164)


昨年は前日にぎっくり腰をやってしまい。鍼治療をしての出場で37'40だったことを考えると、このタイムは・・・・・。防府に向けて暗雲が立ち込めた感じのレースでした。

だが、帰りのシャトルバスを待っている時に、何と虹が!

Img_23401

暗雲の後には虹が出る!今日が一番の底だとポジティブに考え、後1週間しっかりと疲労を抜いて調整をするのみ!鵞足に痛みが今のところ出ていないのが唯一の収穫だった。


長男も5kmに出場。タイム的にはボクと同じくパッとしませんでしたが、今日はいい練習ができたと考え、来週の市内ロードレースで結果を残してほしいと父は願っています。しっかり!


本日の大会でお会いした皆様方、そしてボランティア、スタッフの方々寒い中お世話になりました。

2016年11月24日 (木)

第26回 福知山マラソン 完走記

昨年に引き続き晩秋の福知山を走ってきました。晩秋とは暦の上だけで、気温は8℃、北風が5mと真冬並みの気候。 昨年と同様35分前に整列場所に行き、前から3列目をの場所を確保。しかし待ってる間も寒い・・・・身体が冷える。ふるえながらスタートの号砲を待つこと30分。

始めの1kmは3'35。下り坂だが、昨年のようなスピード感がない。身体が重たく、次々に後続ランナーに抜かれていく。とりあえず流れに任せて走ることにするが5kmのラップが18'59と黄色信号が点滅。
8kmぐらいから由良川沿いを走るが、ここからは向かい風が待っていた。これは想定していたことだが、やはりペースは落ちている。2~3人の集団で4'00/1kmのペースを刻んでいく。しかし身体が温まらない。おまけに15kmぐらいから雨が降ってきた。スタート地点で寒さ対策のために着ていたビニール袋は依然としてつけたままだが、この状態では脱げない。発汗で少し蒸れており、脱ぎたい衝動にかられるが、ここで脱いだら寒さと雨でえらいことになると思い我慢して走る。結局、40km手前のエイドまで着ていた。アームウォーマーはしていたもののランシャツで走ったのは失敗だったか!?この気候は真冬のレースととらえるべきだった。
とりあえず24.5kmの折り返しまではこのペースで粘り、折り返してからは追い風の恩恵でペースアップをしようと考えていた。しかし、「マラソンあるある」で折り返してもあまり追い風を受ける感覚がない。あれほど強烈な向かい風だったのに・・・・。おまけにずっと付いていた集団からもはぐれてしまい、単独走に・・・・。
もうこうなると落ちるのもあっというまで30km以降ズルズルと落ちていった。本当に惨めなほど・・・・。自分では気持ちを切り替えて「40kmのペース走」のつもりで!4'00/1kmを維持する練習だ!と脳に言い聞かせるもののやはり身体は動かず。惨敗のレースでした。


18'59(115)
19'16(163)
20'01(152)
19'45(141)
19'53(132)
20'41(144)
21'20(129)
22'00(132)
10'39(145)

2:52’35(平均心拍数145)


惨敗の理由は気象条件など色々挙げる事ができるが、この条件でもしっかりと結果を出されている人もいるわけで、なんやかんや言っても自分の力が足りなかっただけ。


大阪でそこそこ走れて、練習も良いか感じできたのでこの福知山を「ステップ」にして、防府につなげるつもりだったのに、マラソンも人生思い通りに行かないものですね。
会場で「ステップ」がバーゲンを開催しており興味があったがスルー。今回の福知山でボクには「ステップ」には縁がなかったということです。
 

2016年11月20日 (日)

第35回 川西一庫ダム周遊マラソン大会

毎年恒例の地元の大会に今年も参加させていただきました。

過去10回参加。すべてハーフを走っているのですが、今年は初めて5kmにエントリー。ゼッケン番号は「1111」。こんな珍しいナンバーは初。

3日後の11月23日に福知山マラソンを走るので、その調整を兼ねて5kmで遠慮することにした。さすがにハーフを走って3日後にフルを走るほどボクはタフではありません。

初めて走るのでどれぐらいで走れるか皆目見当もつかず。コースはアップダウンが少しあるのだが果たして・・・・。

そして懸念事項が一つ。大阪マラソン前から奥歯が痛く、大阪マラソンが終わってから、歯科へ行った。いつもお世話になっている歯科は込んでいるので、これを機会に浮気。最近できたところへいった。

さすがにこちらは融通がきき、すぐに診てもらえたのだが、原因が分らず。膿も溜まってないし、虫歯もないし、神経も抜いているし・・・・。マラソンで疲れたのと違いますが、ということでしばらく様子を見ることに。

でも一向に痛みが引かず、再度行って、詰め物削ってもらったりしたのだが痛い。普通にしてたら痛くないのだが、かむと痛い。そしたら、一昨日の夜から歯がグラグラする。詰め物を支えているところだ。早速、昨日の朝に歯科に電話をして受診すると「歯が折れていますね」とのこと。折れた部分は詰め物にくっついていたが、それが動いて歯茎に当たっていたようだ。レントゲンでは折れている場所が非常に小さく解りにくかったようだ。詰め物を削った結果、折れている歯が大きくぐらついたようだ。

結局、その折れた部分を取ってもらい、とりあえず応急処置。折れた部分を取り除く際に麻酔をしたので、その日の夕方までは食事もまともに取れずにボーと過ごす。

その甲斐あって今日は痛みが無くなった。本当に健康のありがたさを痛感したこの数週間だった。特に歯は!!噛めなくなると食べるのに不自由するのがつらい。歯が痛くなるなんて、大学生以来、二十数年ぶりのことだった。

ちなみに折れた原因は自覚している。よくおやつ代わりにボクは「煮干し」を食べる(かむ)のだが、かたい「煮干し」かんだ時に折れたんだと思う。カルシウム不足を補うために食べていたのに、それが裏目に出てしまった。こういうのをなんというのかなぁ?飼い犬に手をかまれる?いや、違うな・・・・。


長々と書きましたが、要するに、麻酔が何か影響するかな、と少し不安なわけでした。



さて、結果は3'23(125)-3'38(170)-3'17(173)-3'42(174)-3'34(177)=17’35(167)

P1320279_2

初めの1kmで3'23。流石にこれは速すぎかと思い、自重。高校生女子トップについて行くつもりが、少し差が開いた。

3km、4kmの距離は少しおかしいか?最後は3日後のマラソンのことがよぎったか?思ったより追い込め切れず。

まぁ、ボクのスピード能力からしたら、アップダウンのコースのことも考えて上出来の部類でしょう。あとは2日間でしっかり疲れを抜いて、福知山に臨みたい。


流石に地元の大会だけあって多くの知り合いの方と出会うことができました。小・中・高校の同級生。妻の実家のご近所さんの娘さん。彼女は川西親善大使で表彰式のプレゼンテーターをしていた。表彰式で声を掛けられても、一瞬、化粧の影響で気付かず。綺麗になっていたので握手してもらった。(ただのオヤジ?)ボクのランニングの師匠の大将も元気に走られていた。

本日走られた皆様、お疲れさまでした。補助員、大会役員、ボランティアの方々ありがとうございました。

本日の戦利品。2位の副賞。 神戸風月堂の詰め合わせ。

P1320280_2

2016年10月30日 (日)

第6回 大阪マラソン 結果

今年も難波路を走ってきました。2年連続の3回目です。気温は低め、風は微風。申し分のないコンディションでした。

できれば3'50/1kmを切って走りたかったのですが、まだまだ脚ができていませんでしたね。

ペースは走りだしてから身体と相談で、「なるようになる」かなと、楽しんで走るつもりでした。ノン・プレッシャー!そういう気持ちで大会を迎えたので、全く緊張感がありませんでした。昨晩夜中に目が覚めたのですが、一瞬「朝起きて何をなあかんかな?」と考え、あっ!大阪マラソンや、と思いだして再び寝ました。そのせいかよーく寝れました。

スタート準備地点の大阪城公園に早めに到着したものの、都市型マラソンの人の多さやスタートまでの長い待ち時間にうんざりしつつも、それも楽しみの一つか、と自分に納得させました。トイレも並びましたが、途中で諦めてスタート地点へ向かいました。

Img_2278

昨年並みの1時間前にスタート地点に移動したつもりでしたが、前から20列目ぐらいにしか行けませんでした。都市型マラソン恐るべし・・・・・。

号砲が鳴ってから、スタート地点までが12秒のロス。おまけに集団の混雑でペースを上げることができずに初めの1kmの4'21を見て少し焦りました。ここから少しペースを上げることができましたが、序盤の走りから今日のペースは3'50~3'55かなぁ?と判断。30㎞まではこのペースを維持することを心掛けました。

やはり30㎞からは4'00/1kmを越えはじめてきつくなってきましたが、落ち込みは最小限にとどめることができたと思います。

              2:47’18(平均心拍数157)

Img_2280

昨年より2分近く速くゴールできている点は良かった点ですかね?実際走ってみて、相対的にスピード不足かぁ?と感じました。もう少しスピードの余裕度が欲しいですね。

いずれにせよ、まだフルマラソンを自分の目標タイムでしっかりと走り切る脚はできてないことがはっきりしました。大阪マラソンはあくまでも練習の一環として走りましたが、力不足と面が浮き彫りになったのと、35㎞を越えてから脚を動かす苦しみを経験できたことは次につながると思っています。本番はまだ先だと思っています。

次は11月23日の福知山マラソンです。昨年は大阪マラソンより1'30近くタイムを縮めて走ることができていました。さぁ!次です。


本日、大会で声を掛けて下さった皆様、そしてボランティアの皆様方ありがとうございました。特にボランティアの方は長時間の対応、頭が下がる思いです。


帰路、家族へのお土産と自分への御褒美に近所の満寿美堂でシュークリーム買って帰りました!家族全員で幸福のひと時。

Img_2279

胃袋に沁みます・・・・・。

2016年10月23日 (日)

第53回 能勢高原マラソン

今年も家族で走ってきました。

ボクは10km。次女は16歳以上の部5km。長男は中学生の部5km。次男は親子ペア1.5kmの部。長女は高校3年生受験生の為受験勉強。

まずは9時から親子ペアのスタート。

1_2 

昨年は親子ペアの部は2位だったので、今年は期待したのですが、残念ながら2位。

2

タイムは昨年に比べてわずか6秒だけの進歩。今年度は週末は野球の練習三昧で走ることは全くしなかったので、まぁ仕方がないか・・・・。よく頑張りました。

その後、ボクの10km。

3

最近練習での調子が良かったので、自分としては結構期待したのですが、38'47(平均心拍数160)で昨年より17秒落ち・・・・。前半の折り返しで昨年より20秒近く遅かった。前半抑え過ぎたかな?順位は昨年と同じ2位でしたが、タイム的には、ん~・・・・。

4

そこそこ余裕を持ちながら走れたこと、峠越えの坂道で心拍数を上げることができたことを収穫と思うことにしときます。トントン拍子にいかないものですね。2歩進んで1歩下がる、って感じです。

ボクがゴールした後に、2位だった、と次女がレース結果を報告にきました。10kmのスタートの10分後に5kmがスタートしていたので、ボクがゴールした時点で、すでに5kmのレースは終わっていました。

5

4月から高校に入学して、中学時代の陸上部からなぜか「ハンドボール部」に転身した次女。中学時代のように走れるとは思っていませんでしたが、そこそこ走れていたようです。

長男の結果は???。昨日地区の駅伝。駅伝後阪神駅伝の試走。疲れていたのは分るが、悪すぎましたね。本人もさることながらボクもショックでした。まぁ、次に期待しますわ。


この大会は妻の実家の近くで行われる大会ですので、終了後妻の実家の近くのおしゃれなお店でランチを!めったにしない贅沢です。

7

大会会場で声をかけて下さった方々、スタッフの皆様、レース中並走した皆様、本日はどうもありがとうございました。

6

より以前の記事一覧